メイン | kuuです。 »

2013年06月14日

お引っ越し。

こちらでしばらく書いてなかったブログですが、
実はお引っ越しすることに決めたのです。

新しいおうちはこちらからどうぞ。
http://yukieyamamoto.com/

2013年05月09日

ジャイロキネシスプレトレーニングコース@鎌倉 ドロップインのお知らせ

4月の中旬からコースの連続で、
気がついたときにはゴールデンウイークが終わっていました。
久々にめまぐるしい日々でした。

そして明日からジャイロキネシスプレトレーニング@鎌倉。
小さなスペースですが、初めてご一緒するかたとのコースで
ワクワクしています。


さて、このコースの12日と19日、スタジオそばにある大町会館を
お借りすることができました。
午前中のクラスパートのみ、こちらで開催するため、ドロップインでの
ご参加を受け付けております。
ご興味あるかたはぜひご参加ください。
※養成コースの一環であることをご理解ください。
詳細はこちらからどうぞ。

http://gyrotonickamakura.com/blog/invitation/858/

まだお申し込み可能ですよ(^_^)v


やまもとゆきえ

2013年04月15日

不確かなものだけど。

2週にわたってスタジオナチュラルフローで担当させていただいた
ジャイロキネシスプレトレーニングが終了しました、
からだのかたさを抱えるかた、
痛みと向き合いながらのかたなど
受講してくださるかたたちは
いつもじぶんのなかにあることと向き合いながら、
6日間、ジャイロキネシスを学びます。


そのサポート。
そう思うと、本当に毎回、心臓が飛び出そうになるぐらい緊張します。
しかもジャイロキネシスって「不確かなもの」。


解剖学上とか医学的な見地とかということともちょっと違うし、
からだの変化や感覚は人それぞれ違う、しかも目に見えないもの。
正直、受講するかたたちからみれば「不確かなもの」でしかないのかな、と。


でも、確かなものもあります。
それは「経験」。
ジャイロキネシスを通じて、変化した「経験」は
自分にとって確かなもの。
ジャイロキネシスが与えてくれたさまざまな経験を
受講するかたのからだに伝え、それを感じてもらい、信じてもらうことが
プレトレーニングなんだろうなあと思います。


セッションやレッスンも同じなんですけどね。

だから、とにかく時間をかけて、
全身全霊をかけて。

経験を積み重ねるしかないのだなあと思います。

いつか「すきやばし次郎」さんみたいになれるかなあ?

やまもとゆきえ

2013年04月10日

ジャイロキネシスをやろう!〜やまもとゆきえ、遠征します〜

スポーツアロマコンディショニングでお世話になっている
村井千波さんのスタジオ「コンディショニングルームcolorful body」で
ジャイロキネシスを提供させていただくことになりました。

スタジオは埼玉県鴻巣市。
ジャイロキネシスのクラスを受けられるチャンスが少ないエリア。
「ジャイロキネシスのクラスがあったらいいと思うんですよねー」と
言われて、ピンときちゃいました。


「行くですよ!!」

からだにやさしい千波さんのピラティスのあと、
ジャイロキネシスでいっぱいいっぱい動きましょう。
からだのすみずみまでのびのびーっとしますよ。
詳しくはこちらからどうぞ。

http://ameblo.jp/mura1wave/entry-11508597253.html


ゴールデンウイーク最終日、一緒にのびのびーっとしませんか?
ご参加、お待ちしてます。


やまもとゆきえ

動ける喜び!!

先週金曜日からジャイロキネシスプレトレーニングを
担当しています。
いつ、どのコースもわたしにとってとてもいとおしく、
大切な6日間ですが、今回のコースはまたひと味違う
喜びを感じています。

3月中旬、自分の不注意でケガをしました。
小さな小さなケガなのに、ジャイロキネシスをしようとすると
動けないムーブメントがある。
流れるように動く楽しさこそがジャイロキネシスになのに
それができない・・・・そうなると、不思議なもので
ほかの部分もどんどん調子を崩していきました。
おなかが痛くなったり、からだの気が巡ってなかったり。


いろんなひとのお世話になって、体調回復に集中したコース前。
コース当日の朝も大好きな鍼の先生・ヤスさんに鍼とお灸をしてもらって
いざ本番!という状況でした。


痛み、痛みの周辺にある独特な感覚の鈍さなどはあったものの、
60分のフォーマットを動ききり、コースの内容を動きながらお伝えすることが
できる状態で初日を終えることができました。

いちばん感じたことは、なによりもやっぱり「楽しい」でした。
受講生のみなさんのために動いて伝えることがわたしのすべきこと。
でも、とにかくなによりジャイロキネシスが楽しくて、やっぱり大好きだと
感じずにはいられませんでした。大好きなたべものをすみずみまで味わうように・・・
そんな気持ちで動ききりました。

そして、その夜のこと。
偶然つけたテレビに指揮者の小澤征爾さんが出演、インタビューを受けていらっしゃいました。
ガンからの復帰、そこまでには何度も肺炎にかかり、家族の支えをとても大切に感じたなどを
お話ししていらっしゃいました。
が、なによりもこころに響いたのは復帰してまた音楽ができることを
うれしくってしょうがないとおっしゃっていたこと。

大好きでうれしくってしょうがない。
いくつになってもこんな気持ちでいられる大人でいたいなと
思いました。
ジャイロキネシスとジャイロトニックは、わたしにいつもその気持ちを
感じさせてくれる最高のパートナーなんだなと今回、さらに実感しました。


というわけで、残り3日のコースもわくわくです。
動ける喜びと楽しさを味わい尽くす3日間にしたいです。
そのたのしさが受講者のみなさんに伝わりますように。

やまもとゆきえ


2013年04月01日

本気で向き合う。

以前からいらしていただいている軽度の麻痺をお持ちのお客様が、
セッションにいらっしゃいました。

70歳を超え、思うように動かないからだと向き合う大変さ。
ご家族から応援されることへのプレッシャー。


さまざまなことを感じながらもそれを笑いながらお話してくださるお客様。
毎週ジャイロトニックを受けにきてくださって、かれこれ3年ぐらいになるのでしょうか。


麻痺のある足の股関節を使わず、からだを傾けるように足をひきづって歩いていらっしゃるのが気になり、どんなふうにしてジャイロトニックでサポートしていけばいいのかなと最初のころは思っていました。
が、ジャイロトニックのハンドルを回す動きが、ハンドルを手で押していくことで骨盤が足に乗り、体重移動をしながら動いていく、効率よくからだがつながる動きであることを学び、素直にジャイロトニックを提供すれば大丈夫なんだと気がつきました。
そして、それを信じて毎週、毎週・・・お客様とハンドルのエクササイズをしてきました。


お年を召して、徐々に動きはゆっくりになっていているものの、
「こうしてみましょう」と提案することに真摯に向き合ってくださるお客様。
軽いとはいえ、麻痺がある側は感じることは難しいうえ、縮こまってかたくなっているところもあります。
少しでも「のびた」と思っていただけるように触ったり、伸びている状態をご自身の目で確認していただいたり。
理学療法士さんなどに相談したりしながら、毎回、いろんな工夫をしてきました。
時にはちょっと厳しいかな?と、自分でも思ったことがありました。
でも、「本気には本気で向き合う」。
無理は禁物だけど、ちょっとでもできることにはちょっとでいいからトライしてもらおう。
そう決めていました。


そして、きょう。
セッションが終わってお帰りになる際にビックリしました。
ゆっくりとそしてわずかですが、麻痺のある足をまたぎ、歩いていらっしゃるお客様がいました。
「なんとなくね、歩幅が広くなってきたような気がする」

すごい。


もうこの言葉しか浮かびませんでした。
このお客様をわたしはこころから尊敬します。


そして、もうひとつ。


ジャイロトニックについて。
ジャイロトニックはとても気持ちいいエクササイズです。
そしてhappyな気持ちになれるステキなエクササイズです。
こころもからだもopenになれるすばらしいエクササイズだと思います。
でも、それだけで終わりにしちゃったらもったいないって思っていました。


だから、わたしはジャイロトニックともっともっと本気で向き合おうと思います。
今までももちろんそうしてきたけれど、今まで以上に本気で向き合う!


それがジャイロトニックトレーナーとしてわたしがすべきことかな、と感じてます。

やまもとゆきえ


2013年03月29日

美歩さんのハーブクリーム

いつもお世話になっている茅ヶ崎の美容院「34's messenger」(http://34messenger.blog.fc2.com/)

スタイリストの美歩さんは「からだにやさしい」をとても大切にしています。


シャンプーやコンディショナーはもちろんオーガニックですし、
お店の内装もからだに負担がかからない材質をチョイス、ご自身で手がけました。
「お客様を待たせるのはイヤ」とダブルブッキングをしないスケジューリングを大切にし、
パーマをかけなくても、パーマをかけたかのような動きがあるカットをしてくださる、
こだわりをもったステキなスタイリストさんです。

その美歩さんのお店で売っている「ハーブクリーム」。
美歩さんのお手製です。
昨年、今年と2年連続で冬に愛用しているこのハーブクリームが
すごいんです!


去年は乾燥したボディを中心に使っていたので気がつかなかったのですが、
今年は花粉症でガビガビになった目の周りや鼻の下、そしてもう面倒なので顔全体にベッタリつけて
毎晩、寝ていました。
すると、一週間ほど経っていろんな人に言われるようになったのが
「肌が白くなったのでは?」


そうなのです。
なんだかお肌にちょっと透明感が出てきたような・・・。

「口に入れてダメなものを顔につけるってどうかと思うんですよね。
わたしが作っているハーブクリームは食べられるハーブを使ってます」と
美歩さんが言っていたことをふと思い出しました。

安全で安心。
それでいて、効果がきちんとわかる。
きっとこのハーブクリームはこだわりのある美歩さんだからこそ作れた逸品なんだろうなと
感じました。


もし、使ってみたいかたがいたらお知らせください。
ハッキリ言って本当にすごくいいです。


やまもとゆきえ

2013年03月26日

可能性を広げよう! 〜trainers' lab〜

祝日だった3月20日、第5回trainers' labが開催されました。

trainers' labはジャイロキネシスを学んでいるトレーナー仲間の
ネットワーク。とくにキャリアの浅い、経験を必要としているかたの
サポートにこだわっています。


さて、第5回はジャイロキネシスをちょっと離れて、
「ヨガ」にトライしました。
担当してくれたのはジャイロキネシスとヨガの指導をしている
山根佳奈さん。ご自身で「studio akubi」というスタジオを
運営しています(http://www.studio-akubi.com/index.html

ジャイロキネシスのルーツのひとつにヨガがあります。
そのヨガを体験して、ジャイロキネシスとどんな関係にあるのかな?
ヨガをして感じることはジャイロキネシスと似てるのかな?などなど、
少しでも感じることがあるといいなあと思い、全員でチャレンジしたヨガ。
感想に関してはtraines' labのブログをご覧ください。
http://ameblo.jp/foreveryone-foroneself/entry-11495751651.html


この日はヨガ以外にジャイロキネシスの英語クラスを体験しました。
英語でのジャイロキネシスはいつも以上にリズムを感じるクラスになりました。

今でこそ日本で認定コースまで開催されるようになったジャイロキネシスやジャイロトニック。
でも、共通言語はやっぱり「英語」。
ペタッとした日本語のティーチングよりもリズミカルな英語でのティーチングは
どんどんリズムにのっていける楽しさを体感できました。
ふだんのクラスでもスパイスとして英語を使えたら面白いなと感じたので、
ジャイロキネシスの英語でティーチングのためのワンポイントレッスン、やろうかなと思っています。
ご興味あるかた、ぜひどうぞー。

trainers' labはジャイロキネシスを伝えるための可能性を広げるネットワークにできたらいいなと思っています。
ジャイロキネシスをお客様にわかりやすく伝えるためにはをベースにさまざまな方法でトレーナーのみなさんを
サポートできたらと思っています。


次回は6月1日。
バレエをやる予定です。


そしてこの先、もっといろんなこと考えてます!
わくわくしながらおまちくださーい♪


やまもとゆきえ

2013年03月24日

あわわ!

最近、書きたいことはあるのですが
パソコンに向かう時間がなく、
どんどん時間だけが過ぎていき、
「あわわ」と思っておりました。


少し時間ができたので、ゆっくり焦らず・・・
もろもろ書いてみようと思っています。


でも、春が来たからなのか、ぽわんと眠くなっちゃうのだよね。とほほ。

では、今宵。
がんばってみまあす♪


やまもとゆきえ

2013年03月19日

「スタバにいく」の意図していたこと。

ここ2か月ぐらい、狂ったようにスタバに行っていました。
そして、ソイラテ。
ときにはヴェンティサイズを飲み干し、ごはん代わりにしていました。


いろいろなことが落ち着いた昨日、ふと気がついたこと。


スタバに行くことはわたしにとってアタマを使うってことだったようです。

コースで提供したいことをまとめる。
時間配分を考える。
受講してくださるかたがなにを求めているか考える。
自分の伝えたいことをまとめる。
ワークショップで提供したいことを考える。
アカデミーの課題を考える。


などなど、ここ最近、スタバはわたしの脳みそのパートナーだったようです。


なので、一段落したいま、スタバに行ってなにを考えたらいいのかな?
ちょっと謎です。


と思った、ぽかぽか陽気のお昼でした。

2013年03月18日

くるんくるん!

先週土曜はうちのスタジオで施術していただいている荒和尚さんを講師にお招きして
「触ってわかる解剖学」のスタートでした。

告知してからあっという間にいっぱいになったこのワークショップ、
内容も想像以上に面白く、残り5回が待ち遠しいやまもとです。

そして昨日の日曜日は葉坂多壱貴さんが講師の「パーソナルビジネスアカデミー」の
最終回でした。


わたしは20分間のプレゼンテーションの課題にあたっていたうえに
たんまりと宿題もでていたので、脳みそがくるんくるんでした。


珍しくプレトレーニングがない3月でしたが、そんなこんなで
てんてこまいだったゆきぷです。

明後日の祝日はtrainers' labをやりますよー。
てなわけで、相変わらず元気です。


とりあえず。

やまもとゆきえ

2013年03月06日

ありがとうございます。

昨日、ジャイロキネシスのプレトレーニングをかつて受講していただいた
かたからメールをいただきました。


「ゴールデンウイークにゆきえさんのところでやるジャイロトニックプレトレーニング、
まだ空いていますか?興味あるのですが・・・」


残りお一人というところでご連絡をいただき、
枠を確保、定員になりました。


3月、4月の3日間集中トレーニング、そしてジャイロトニックプレトレーニング・・・
気がつけばすべて「満員御礼」です。

鎌倉という遠い場所。
マシンも1台。


決して恵まれているとはいえない環境にも関わらず、
来てくださるかたがいることに、本当にこころから感謝します。
わたしと一緒にジャイロトニック、ジャイロキネシスをシェアしたいと
思ってくださるみなさんに少しでも「よかった!」と言っていただけるように。
こころを込めて準備したいと思います。


そのためには早く確定申告、終わらせなきゃ!
ああーん、もうやだー。


でも、確定申告をやるとどんな1年だったか見えてくるから不思議。
ドイツや台湾に行ったこと、なににお金を使ったか・・・
振り返ると面白いです。
相変わらず会議費(スタバ)ばっかりでしたけど(笑)。


2013年03月02日

十人十色〜今田康二朗さんのジャイロキネシスを受講して〜

昨日はドイツ在住のジャイロキネシストレーナー今田康二朗さんを鎌倉にお招きして、
ジャイロキネシスを提供していただきました。
夕方からは春の嵐のような荒天の鎌倉でしたが、
康二朗さんのジャイロキネシスは本当に気持ちよい90分でした。


ダンサーとしてからだを感じる経験が豊富な康二朗さんだからこそのキューイング、
ヨーロッパで学んだキャリア・・・今の日本のジャイロトニック、ジャイロキネシスで
こういったキャリアをお持ちのかたはとても少なく、
ひとりでも多くのかたに受けていただきたいなとわたしが
思っているからこそ、鎌倉にもお招きしています。

それにしても本当にジャイロキネシスって面白いなあと思わずにはいられませんでした。
わたしとはまったく違うアプローチ。
「おおう!」とうなること、しばしば。
それがまた楽しくてワクワクさせてくれるのです。


ファーマットが決まっていて、本当なら誰がやっても同じであろうジャイロキネシス。
なのに、トレーナーによってまったくカラーが違うし、フォーカスする部分やクラスを通して伝えたい
ストーリーも人それぞれ。
なんて自由なエクササイズなんだろう!と思わずにはいられません。
エクササイズのなかにストーリーを感じて伝えることができるジャイロキネシス。
こんなに面白いエクササイズを教えられるチャンスがある自分に
思わずウットリしてしまうのはわたしだけ?えへへ。


十人十色。
だからこそ受ければ受けるだけ、自分のなかに自分らしいジャイロキネシスのストーリーが
できてくると思います。
たくさんのクラスを受講して、もっと自分らしい自由で楽しいジャイロキネシスがお伝えできるように
なりたいなと思った康二朗さんのジャイロキネシスでした。

やまもとゆきえ


2013年02月28日

「WORKSHOP FOR GROUP EXERCISE LEADERS」 終わりました。

日曜日、大阪で開催された「WORKSHOP FOR GROUP EXERCISE LEADERS」で
ジャイロキネシスを提供させていただきました。

緊張しながらもいつも通りのレッスン、いつも通りのわたしでした(笑)。
というか、それしかできないことがここんところ、やっとわかったので。

企画してくださった葉坂多壱貴さんがいつもパーソナルビジネスアカデミーで
「しじみはあさりにはなれない」とおっしゃっています。
言葉ではそれがわかっていたのですが、なかなかからだで理解できず・・・
実はそのことで何年もコンプレックスを持っていたんだなあということに
気がついたのはつい最近。コンプレックスには気がついていましたが、
それを認めて受け入れることがなかなかできずにいました。


バックグラウンドがダンサーや体育大学卒じゃないこと。
からだがかたいこと。
子どものころに運動経験があまりないこと。
バレエ経験がないこと。


数え上げればきりがないのですが、
いつもこれらのことがわたしのアタマをいっぱいにし、
クラスをやるときも悶々としていました。


2月に担当したジャイロキネシスプレトレーニングに大先輩の井上トキ子さんが
参加してくださいました。
「ええ!どうしよう!」とあわてふためいたときにその言葉がからだのなかに
自然におりてきました。


「しじみはあさりにはなれない」


ははー。なるほどね。
そうだね。うんうん。


その瞬間から半分はあきらめ、半分は受け入れることができたようです。

以後、「わたしはわたしでしかない」ことをやっと当たり前のように受け入れられるように
なり、そして迎えたのがこのワークショップでした。

なので、わたしはわたしなりに自分の持っているものを参加してくださったかたに
提供したつもりです。
いいか、悪いか。
正しいか、正しくないか。
それはまったくわかりません。
ただ、今まで学んできたことを自分が楽しいと思うかたちで提供できたかな、と。


関西のジャイロキネシストレーナーのみなさんも駆けつけてくださいました。
参加してくださったみなさんのブログ、リンクさせていただきました。


「soula」の松本香絵さん
http://soula.blog.so-net.ne.jp/2013-02-25

喜納朱里さん
http://shurii.exblog.jp/17371343/

竹村久美子さん
http://ameblo.jp/colorfulne---ss/entry-11477726532.html

関東から益田仲子さんも参加してくださいました。
http://ameblo.jp/atelierlechat/entry-11477946001.html

ジャイロキネシストレーナー仲間の温かい笑顔に支えられて、本当に楽しい時間になりました。
もちろん、こころのお友達である中川ひできちくんも来ました。ね、ひでちゃん!

企画してくださった葉坂多壱貴さん、本当にありがとうございました。
当日は新大阪まで迎えにいらしてくださり、以後、すべてにおいて
細やかな気配りでサポートしてくださり、とても気持ちよく担当させていただきました。
ありがとうございました。


レッスンって本当にライブ。
生きていること、いま、ここにいるってこと。
それを実感する時間だなあと改めて感じました。
そして・・・。

「ジャイロキネシスになる!」


の目標はまだまだ遠く、長い道のりだなあってこともわかりました、とさ。
はああ。でも、だからこそ楽しい。のですにゃ。


2013年02月17日

ジャイロキネシスプレトレーニングコース、修了しました。

2月9日から担当させていただいたジャイロキネシスプレトレーニング@ナチュラルフロー。
無事、6日間修了しました。
受講された7名のみなさん、本当にすばらしかったです。

2008年からジャイロキネシスプレトレーニングを
担当するようになり、5年目。
今回、初めてバレエい携わるかたがいらっしゃいませんでした。
フィットネス、ヨガ、そしてお友達であるジャイロトニックとヨガのトレーナーである
Milesの通訳をしていらっしゃるかた・・・それぞれがまったく違うバックグラウンドなのに、
6日間のなかでみなさんがお互いを大切に思い、みんなで学んでいこうとするエネルギーが
スタジオにあふれていました。


年齢も環境も違う人たちが集まり、ジャイロキネシスを通じてつながっていく。


プレトレーニングにかかわることができて、本当にしあわせです。
そして、これこそがわたしがマスタートレーナーを目指そうと思ったきっかけです。


マスタートレーナーを目指す過程の仲で
「ううー」
「がふー」
と思うことがなかったわけではありません。
でも、プレトレーニングの楽しさを思うと
この先もやっぱり目指したい!と思わずにはいられませんでした。

マスタートレーナーを目指すゆきぷですが、
受講者のかたにとっていいプレコースができているか・・・となると
正直、どきどきです。

「大丈夫かな?」
「伝わっているかな?」

みなさんの様子をうかがいながら
格闘しています。


今回参加してくださった大先輩である井上トキ子さんが
ブログに感想を書いてくださったので、シェアさせていただきます。
とってもとってもうれしいです。トキ子さん、ありがとうございます。
http://ameblo.jp/tokiko-tkplan/entry-11472138487.html


4月5日からまた、同じナチュラルフローでジャイロキネシスプレトレーニングを担当させていただきます。
ご興味のあるかた、ぜひ飛び込んでみてください。


そして、今回プレトレーニングを終えたみなさま、ファウンデーションコースがんばってください!
またいつかみなさんと一緒にジャイロキネシスをシェア出来る日をこころから楽しみにしてます。

やまもとゆきえ


2013年02月15日

そんなこんなで。

気がつけばニューヨークから帰国しておりまして(笑)。
いや、帰る前日も部屋のカギが開かなくなったり、
スーツケースがあかなかったり・・・もうイヤになるー!とか
叫んでいましたが、一緒に行った川井美奈さんがとても
心配してくれてなんとか無事に帰国できました。
時差ボケもまったくなく(というか、ニューヨーク時間に合わないまま帰ってきたらしく)
帰国した週末から、ジャイロキネシスプレトレーニングを担当しています。

去年の12月に担当したプレコースは女子6名で
女子校みたいににぎやかで楽しいコースでした。
今回は男性お一人を含めた7名。
実はフィットネス業界での大先輩である大好きな井上トキ子さんが
参加してくださっています。

実力もお人柄も兼ね備えたトキ子さんが参加されると聞いたときは
緊張して数日、ドキドキして眠れなくなりました。
でも、トキ子さんがジャイロキネシスに興味を持ってくださったことが
本当にうれしかったです。
バレエやダンスをするかたたちはもちろん、老若男女すべてのかたに
楽しんでいただけて効果を感じていただけるジャイロキネシス。
トキ子さんのように影響力をもっているステキなかたが提供してくださったら
もっともっと広い層のかたたちに知っていただけるのではないかとわくわくしています。


コースはきょうで終わり。
これから最終日のクラスを提供します。
今回はバレエ関係のかたがおひとりもいないという
珍しいコースでしたが、みなさん、とても個性的で
すばらしい6日間でした。
トキ子さんのお友達である岩下友希さんは那須から毎日、
新幹線でコースを受講しに来てくださるほどの熱心さ。
静岡から参加してくださったかたもいて、とても感激しました。


プレトレーニングはジャイロキネシスという長い長い旅の始まり。
旅の始まりでつまづくとやっぱり少しさびしい気持ちになります。
だからこそ、とても大切で難しいコースだといつも感じています。
6日間でお伝えすべきことはお伝えしなくてはならないですし、
かといって情報過多になってしまっては身動きできない。
のびのびと心地よさを感じながら、情報をキャッチしていただくことに
いつもとてもやりがいを感じています。
みなさんがどうぞジャイロキネシスをもっと好きになってくださいますように!
と思っていましたが、その気持ち、届いたかなー。


3月は少しゆっくりしたら、4月はまたナチュラルフローさんで
ジャイロキネシスのプレコースを担当します。
そして、鎌倉でゴールデンウイークにはジャイロトニックのコースも
担当します。と、またまたあわただしくしていますが、元気で楽しく日々を
過ごしています。

来週からは少しslowな毎日になりそうなので、ゆっくりブログも書きたいと
思っています。


そんなこんなできょうもspiral upしてまいります!

2013年02月02日

super detox!!

書くか書かないか・・・身内も読んでいるのでちょっと迷ったのですが、
私自身は気にしてないので書いてしまおうと思います。
なので、あまり心配しないでくださいね。


実はニューヨークで盗難に遭いました。
盗難と言えばもちろん、あれです。
そう、おサイフ。
昨夜、32th streetでヨーガンやいつもお世話になっている森山尚子さんと
待ち合わせをしているときにやられました。


ふだんは比較的、慎重でバッグをからだの前側にぶらさげているのですが、
この日に限って背負っていました。本当にものの5分。
みんなと落ち合い、ごはんを食べるお店に入った瞬間、バッグのファスナーが
開いていて「え!」。いや、ほんと、まぬけです。とほほ。


すぐに尚子さんがサポートしてくださって、クレジットカードやキャッシュカードを
止める手配をしたり、一緒にコースを受けている美奈さんも警察までつきあってくれました。
そうそう、とりあえず食べたごはんもヨーガン先生がごちそうしてくださいました。
ジャイロトニックを通じて知り合ったかたたちのやさしいこと!
おかげですぐに元気を取り戻しました。
happy spiralは世界共通なのですにゃ。


今回はスタートから「おっとっと!」の連続でした。
空港に行く成田エクスプレスが信号トラブルで運転中止になったり、
JFKからホテルまでのタクシーでぼったくられたり。
ホテルの部屋にあるテレビでアタマをぶつけ、まだたんこぶができてたり、
初日は手にやけどをしたり。
最後の最後はおサイフを盗られるって・・・本当にいろいろありがとう!って感じ(笑)。

正直、気がついたときは「えええええええーっ!」と思いました。
一瞬、顔面蒼白になりました。
でも、なぜか意外と切り換えが早かったわたし。
小さいころから母に
「盗まれないようなものを大切にしなさい」と教えられてきたので、
目に見えるものは「なくなる」可能性をもっているという気持ちが
どこかにあったようです。
ケガした訳じゃないし、病気になったんでもない。
健康だったらまた働けばいいし、元気だったらそれで十分。
それに気がつけて本当にしあわせだなあと感じてます。

そして、なくなって気がついたのですが、
意外となくてもいいものって多いのかな、と。


いつもなら日本に置いてくる免許証、健康保険証まで今回はもっていたので
いま、わたしを保証してくれるものはパスポートだけ。
でも、それだけあれば生きていけるかなー。
保険証はいるかもしれないけれど、車の免許はどうなんだろう?
もう乗ることもないしなー。
銀行のカードやクレジットカードもこの際だから再発行しなくても
いいのかなあー。

などなど、実はいらないものをたくさん背負っていたことに気がついてしまいまして。
そろそろおサイフも新調する時期だったしね。
もしかして、2013年、がんばるためのsuper detoxだったのかな。ふふふ。
なんて、まだ発覚後24時間経ってないのに、笑っているのでした。


しかも警察でも尚子さんと美奈さんと三人で大笑いするような
やりとりがあったり・・・もしも、このことがなかったら
アメリカの警察にくることもなかったよなーと思うと、
やっぱり得ることも多かったわけで。


super detoxしたおかげで手に入れたものは
目に見えないもの。
目に見えない感情は人から盗まれることもなく、
いつも自分のなかで大切にできるもの。
おサイフを失うことでそれを手に入れたわたしはやっぱりluckyだなと
思わずにはいられません。


というわけで、お金ないからおみやげはあきらめてー→関係者のみなさま。


そして、ニューヨークで強く想ったこと。


裸で生きられる人間になろう!

本当の裸ってわけじゃないんだけどね。
ま、それについてはまたおいおい書きたいと思っています。
とにかく物欲はますますなくなったってことですだ。


さて、残り2日。
ニューヨークでのスーパーバイズドアワーズを満喫してきます。


2013年01月31日

やっぱり大好き!

ヨーガン先生の「ジャイロトニックスーパーバイズドアワーズ」はきょうで3日目。

初日を迎える前はタクシーでぼったくられ、
ホテルの部屋でテレビの角にアタマをぶつけてたんこぶをつくり、
熱湯でやけどするなど、さんざんな状況でした。
が、ヨーガン先生にお会いした瞬間、すべてが吹っ飛び、
なんだかとても安心して、スウッと落ち着いた気持ちを取り戻しました。
そして、受講していてなんども「やっぱり先生が大好きだなー」と
実感しました。

それぞれにくれるアドバイスが的確なこと、
豊富な経験が伝わってくる教え方、
そしてお人柄。
すべてがわたしにとってあこがれです。
いったいいつになったらこんなふうになれるのかな?
死ぬまでにはなれるんだろうか?
本当にため息が出てしまいます。


いつかこんなふうになれたらいいな。
そう思いながら、きょうも行ってきます。


ここ3日間のニューヨークは天気に恵まれ、
風邪もひかずに元気です(*^_^*)


2013年01月28日

I 'm in NYC.

ジャイロトニックマスタートレーナープログラムの
一環として受講必須の「supervised apprentice hours」を受講しに
ニューヨークにやってきました。
ちょっと気がゆるんでいたのか、空港からのタクシーでぼったくられる
という大失敗をし、お目々パッチリ!になったゆきぷです。

そういえば、ピラティスの資格をとるときにニューヨークの
スタバでラテが買えずにもじもじしていたことを思い出しました。
(英語が今よりできなかったので)
今回はこの街に歓迎してもらえるようになること、ちょっと意識してみます。

supervised apprentice hoursは簡単に言えば、復習のコース。
認定直前に復習、確認をして認定コースに臨みます。
なので、わたしも復習、復習!


そして、今回、復習をして7月にマスタートレーナーミーティングに
参加したあと、9月に鎌倉でジャイロトニックファウンデーションコース、
開催します。それに向けてのプレトレーニングなどもご案内したいと思っています。
ご興味お持ちのかたはお気軽にお問い合わせくださいね。


今回は京都の川井美奈さんと一緒。
なので、ちょっぴり安心(*^_^*)
という気持ちが油断をうんだのかもしれません。ぬぬー。
がんばるですうー。


2013年01月17日

どんどこどんどこ。

つい、一週間ほど前に告知したと思ったジャイロキネシスプレトレーニング。
どうやら定員になったようです。ありがとうございます。
とってもうれしいです。

2月もコースでまた新しいジャイロキネシス仲間ができるうえ、
2月は大阪でピラティストレーナーの歯坂多壱貴さんとワークショップを
やらせていただくことになりました。
わたしにとってはアカデミーの先生。なのでご一緒させていただくのは
超緊張しますですが、久々の大阪。楽しみながらみなさんとジャイロキネシス
できたらなあと思っています。


ゴールデンウイークに鎌倉でジャイロトニックプレトレーニングを開催しようと
思っています。3月、4月はそれにむけて集中トレーニングを企画しています。
ジャイロトニックをやったことがないかたも3日間、集中してトレーニングをすることで
ジャイロトニックと仲良くなれるはず!と思い、プランを立てています。
近々、ご案内させていただきます。


というわけで、どんどこどんどこスケジュールが埋まってきました。
大好きなジャイロトニック、ジャイロキネシスでスケジュールがいっぱいで
とってもしあわせー(*^_^*)

あ、その前にニューヨーク!
うっかり忘れていました。
ジャイロトニックスーパーバイズド、受けてきます。
inputとoutputの波が交互に押し寄せていいリズムです♪ひゃっほう。

2013年01月05日

2013 どどーんといきます!

すでに2013年になって5日が過ぎてしまいました。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2日から静岡でジャイロトニックプレトレーニングを担当しています。
コースはもちろん、合間にはジャイロキネシスのレッスンや地元のかたからの
セッションリクエストもいただき、年明け早々からジャイロトニック三昧です。
これだけリクエストをいただけるのはありがたいことですね。
というわけで、年明け早々、スタートダッシュしておりますです。


今年はこんな年にしたいな。
こんなことにチャレンジしたいな。

などなど、ないわけじゃないのですが、
なにはさておき、7月のマスタートレーナーミーティングに参加し、
帰国したらやろうと思っています。いや、やります!!!!

「ジャイロトニックファウンデーションコース」


秋ぐらいですが、鎌倉で開催しようと思っています。
今年はそこに向けて、自分の持っているすべてを集中します。
旅行に行きたい気持ちも遊びたい気持ちもないわけじゃないけれど、
なによりもやってみたいと思っていたことが目の前にある今、
すべてをかけて取り組みます。


フィットネス業界にいたころからアドバイザーなどの研修を受けることもほぼなく、
気がつけばプレトレーナー→マスタートレーナーへの道を歩んできました。
果たしてこれでいいのかしらん?と数年前からなんとなく思いつつ、
「マスタートレーナーになるならもう少し人として成長したい」の気持ちから
昨年は大好きなヨーガン先生のコースを受けに台湾へ行きました。
そして、葉坂多壱貴さんの「パーソナルビジネスアカデミー」に参加しました。
お二人のおかげで「人として成長したい」と思った理由や欠けていた部分は明確になりました。てなわけでただいま、自分の内側と格闘ちう。がふう。


やりたいと思ったことをやれるチャンスに恵まれ、
その環境があることにこころから感謝します。
感謝の気持ちを受講してくださるかたたちへのギフトに
できたら・・・と思います。
というわけで、今年はブレも揺らぎもなくどどーんと行きます。
あ、カポエラはちょっとやりたいけど(笑)。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。

やまもとゆきえ

2012年12月19日

たからもの

今週末からジャイロキネシスプレトレーニングコース@ナチュラルフローが
スタートします。受講されるかたは6名。クラスパートのドロップインも
お申し込みいただいているようでとてもうれしいです。ありがとうございます。


セバスチャンのジャイロトニックファウンデーションコースのアシスタントから始まった2012年。
本当にジャイロトニック、ジャイロキネシスに集中してきました。
セバスチャンのコース後、夏前にはヨーガンを追いかけ台湾へ。台湾で汗びっちょりになりながらジャイロキネシスファウンデーションを受講してきました。そして帰国して2週間で、ジーナのアシスタントをするためにドイツへ。
ドイツから帰国した翌日、吉田尚美さんをお招きしてのジャイロトニックレベル2プレコースを受講し、
つい先日はUweのセラピューティックコース・・・そのあいだにも森山尚子さんのクラスや宮内真理子さんの
クラスを受けにいったり、もちろんあけみさんのジャイロトニックファウンデーションコースにもお邪魔しました。


あまりのあわただしさにちょっとグッタリしたこともあります。
それでも、やっぱりわたしにはジャイロトニックとジャイロキネシスしかないんだなと気がつきます。
とくにプレトレーニングコースは大好きで、いつも本当にすばらしい時間を受講者のみなさんからいただいています。
たくさんの気づきはもちろん、新しい出会いとみなさんとシェアする時間・・・コースの面白さは
ふだんのセッションとはまたひと味違う面白さです。
短期間でそれぞれのかたの持ち味を把握しつつ、みなさんがトレーナーになりたい!ともっと思ってもらうための
ガイドをする・・・最初の一歩にかかわれるうれしさにときどき震え、「コースのためなら死んでもいい!」ぐらいの気持ちになることもあるぐらいです。←大げさと思われるかもしれませんが、本当です。

2007年12月、初めてひとりで海外に行き、今よりさらに英語ができない状態で
ジュリウのコースを受け、ジャイロキネシスプレトレーナーになりました。
以後、年に3〜4回のジャイロキネシスプレトレーニングを担当させていただき、今年で5年。

この5年の間に本当にさまざまなかた達にジャイロトニック、ジャイロキネシスを提供させていただくチャンスに恵まれました。


サッカーやバレー部で活躍している女子高生のみなさん、小さなバレリーナちゃん達や社交ダンスの先生方にジャイロキネシスを体験していただきました。こういったふだん「動いている」かたたちはもちろん、ふだんは動くことに慣れてないかたにもジャイロキネシスはもちろん、ジャイロトニックを体感していただいています。


線維筋痛症や化学物質過敏症のかた、側湾症をお持ちのかた、そして片麻痺のかた。
そうそう。一昨年のジャイロキネシスプレトレーニングは小学校や支援学級の先生が受講されていました。

動くことが得意なかたにもそうじゃないかたにもジャイロトニックとジャイロキネシスを体感していただいたこの経験こそが、わたし、やまもとゆきえのプレトレーナーとしてのたからものです。


オーセンティックなジャイロキネシスを大切にしながら、わたしのコースを受講していただくみなさんにとってもこのたからものが役に立ちますように!とこころから願っています。

ああ、土曜日が待ち遠しい♪


2012年12月12日

わたしはだあれ?

ロシア人のお友達にメールを書き、
ジャイロトニックの大好きな先生とメールでやりとり。
ジャイロトニック本部から来たメールと格闘し、
マニュアルや書類に目を通していたら、
突然、笑いが止まらなくなりました。


「わたしはだあれ?」


いったい、どこの国の人なのか、どこに住んでいるのか
一瞬、わからなくなってきました。

10年前なら考えられないぐらい、英語を使わない日が
なくなってきました。
本当にありがたいなと思います。
苦しけれど、大変だけれど・・・本当に本当にここがふんばりどころ。
がんばれ、わたし!!


と、自分で自分を励ましてみてます。
ああ、もう、アタマが爆発しそう!

2012年12月06日

あっという間に。

コースを受けていたらあっという間に12月になり、
あっという間に12月も6日になっていました。
あと20日ちょっとで2013年。
今年もジャイロトニックとジャイロキネシスに始まり、
終わっていくのだなーと実感しています。


受講していたコースについてはまた後日。
元気です。そして、すばらしく学んだので、
肩こりさん、首こりさんはぜひいらしてくださいませ。


からだで学んだわたしはもちろんスーパー元気です♪

2012年11月28日

うわっ!

満月は昨日だと思っていたらきょうでした。
というゆきぷです。うわっっ!相変わらずおっちょこちょいです。


きょうから3日間、側湾症にフォーカスしたジャイロトニックのコースを
受講してきます。わたしも軽い側湾症なので、学べることがとてもうれしいです。
側湾症のかたでジャイロトニックを受講してみたいかた、よかったらご連絡ください。
実際に悩んでいるかたのサポートをさせていただけたらと思っています。


では、きょうもいちにちのびのびーっと!!

2012年11月27日

明日から。

11月はまったくブログを書けず、自分に余裕が
なかったことに今ごろ気がついています。
でも、きょうは満月。
なんだかちょっと違う気分で、忙しいながらも
楽しめています。

明日からジャイロトニックのセラピューティックコースを
受講してきます。コース講師のUweはドイツでもお世話になっている
面倒見のいいトレーナー。夏以来の再会が楽しみです。
そして、マスタートレーナーになるために受けなくてはならない残り2つのコースの
ひとつがこれ。長かったけど、少しずつ先が見えてきてホッとしています。
楽しく学んでまいりますので、しばらくお休みしますが
どうぞよろしくお願いいたします。


それにしてもあっという間に12月。
セバスチャンのコースを受講してからそろそろ1年ってことなのですなー。
早すぎ。


2012年11月14日

距離がくれるgift

昨日はみやのゆきこちゃんがジャイロトニックを受けにきてくれました。
午前中にきた彼女とランチをしたあと、西口のスタバでお茶。
昨日はそれほど寒くなかったので、ゴザ席へ。

鎌倉西口のスターバックスは漫画「フクちゃん」の作者・横山隆一さんの生家。
ほかのスタバと少し趣が違います。
外にはウッドデッキがあり、そのうえにゴザ、差布団を敷いてお茶ができる席があります。
ウッドデッキの前はツタの絡まる壇とプール。
小鳥たちが遊びにくるようなのんびりとしたお庭になっています。

のんびりお茶をしていると、ゆきこさんがひとこと。

「やっぱり鎌倉はいいねえ」


ゆきこさんのお家は世田谷。彼女は電車で約1時間かけて、ジャイロトニックを受けに
鎌倉にきてくれます。スキーが大好き。山や自然のある環境を誰よりも愛しているゆきこさんだからこそ、
鎌倉で受けるジャイロトニックにこだわります。
先日、私が担当したゆきこさんの企画「ジャイロキネシス for skiers」も、
ゆきこさんのこだわりから鎌倉での開催になりました。


ジャイロトニックやジャイロキネシスは特別なものではなく、日々の生活の一部。
おうちや職場の近くでできるのがベストだと思います。


でも、東京から約1時間・・・時間と距離を超えて、鎌倉に到着したとき、
この土地がくれるものはとても大きいものです。
きれいな空気。大きく弧を描いて飛ぶとんびの声。
空の広さ。ゆっくりと流れる時間。
たくさんの自然がここには溢れています。


こういうことがからだやこころにとって、実はとても大きなgiftになるのです。
ジャイロトニックやジャイロキネシスで広がるからだの内側や外側に深く染みこんでいくのです。


それを感じると、鎌倉はとても近くなります。
ちょっぴり疲れているなと思ったとき、どうぞいらしてください。
街を歩き、土地のエネルギーを感じ、ジャイロトニック・ジャイロキネシスをしてみてください。
きっと・・・必ず!こころとからだに元気が戻ってくるはずです。

2012年11月07日

「寄りすぎない」〜スキーヤーみやのゆきこからのメッセージ〜

10月末にスキーヤーみやのゆきこちゃんの企画で開催した
「ジャイロキネシス for skiers」。
3時間のワークショップで私が感じたことは以前、ブログでも書かせていただきました。
その種目のプロフェッショナルではなく、ジャイロキネシスのプロフェッショナルとして
ジャイロキネシスをきちんと伝えることが、その種目での新しい発見や気づきになるのかなと
私自身は感じました。


企画をしてくれたみやのゆきこはこのワークショップの間、
わたし、そして参加者のみなさんをみて、どう感じたのかな?
どうして今回、ジャイロキネシスだったのかな?
などなど、いろいろ感じたわたしは、みやのゆきこに聞いてみました。
そして、みやのゆきこから届いたのが、以下のメッセージでした。

スキーというスポーツはオンとオフがあります。
もちろん他のスポーツにも区別がありますが、中でもスキーは、ハッキリとその区別があるスポーツです。
なぜなら“雪”が無くなってしまうから。
プラスノー、インライン始め最近では、スキーのために滑るものが多く取り入れられていて、夏の間も滑ることができます。以前は私も、それらも取り入れていました。

が、ピラティスを始め、身体と向き合うようになると、せっかく与えられたオフなのだから、滑ることから離れて、しっかりと自分自身の身体や心と向き合い、イメージを高めていくことに意味があるのではと最近は考えています。

元々ジャイロトニック、ジャイロキネシスは大好きなワークのひとつです。
そんなに頻繁に受けられていませんが、このオフは度々、ゆきぷうを訪れて、ジャイロトニックを受けています。
そして無心に身体を動かしているときに、私を襲ってくる感覚があるのです。

「自分自身にも知りえない、どこまでも無限に広がる動きの可能性がここにある!」と。

ピラティスは身体の基本的な調子を整えていくのには最適だと、私は考えます。スキーヤーズに参加されている方々へも、そこをベースとして、スキーにとって必要な動きへと発展させています。そして何よりも解りやすく展開できます。

もちろん身体の調子は、どんどんアップしていきますし、単一的な動きの中では問題ありません。
しかし、自分自身の身体や用具を使いながら滑り落ちていくスキーにとっては、それだけでは絶対的に足りません。
なぜなら、私たちがいるフィールドは“刻々と変化する自然”というものが存在し、その中で滑るために重力、外力、そして自分自身の内力のバランスが大切だからなのです。

そこを克服していくために、必要なものがジャイロトニック、ジャイロキネシスにあると私は感じています。

例えばコブの中を滑っているとしましょう。身体の動きが遅れてくると、コブにタイミングが合わなくなってきます。
そのときのリカバリーとして、可能な限り足を伸ばしてコブのラインに合わせることが必要になります。
そのとっさの動きが出来るようになるためには、今ある可能な動きだけではダメなのです。
もうひとつそこから先へ行けるようにしておくことが必要なのです。
そして大切なのは、足先だけではなく身体をひとつのものとして捉えていくことで、*ダイナミックバランスを得ていくことです。 *動的バランス。静止させるためのバランスではなく、バランスを保ちながら物体を動かすこと。

今回、ゆきぷうのジャイロキネシスの中で、スキーを良くしらない彼女なのに、股関節を広げることにこだわっていました。
まさに、もうひとつ先の動きの広がりとして、スキーヤーにとって大切なことでした。
先にお話した、コブに合わせて足を伸ばす=股関節が広がっていれば、今まで無理だった距離感が縮まる可能性があるのです。そして股関節が広がる源として自分自身がしっかりあるべきということを導いてくれました。

最終的なステップとして、動きが広がった自分自身に対して、しっかりとしたスキーテクニックを植え付けていきますが、私はそれをピラティスやジャイロキネシスに望んでいないし、出来ないと思います。スキーテクニックを植え付けていくのは、やはりスキー指導者じゃなくては無理です。
ジャイロキネシスで受けた身体の感触をスキーに結びつけていくこと。スキーの指導者として、その動きを高めていくことは私がやることなのでしょう。

ゆきぷうとの度重なるミーティングで、彼女だからこそ出来ると私は確信しました。
なぜなら、彼女はジャイロキネシスをやってくれるから…。
ジャイロキネシスに徹底してくれることで、そこから先は私が安心して発展させることができるのだと強く感じました。



みやのゆきこからもらったメッセージのなかでいちばんうれしかったこと。


「自分自身にも知りえない、どこまでも無限に広がる動きの可能性がここにある!」


ジャイロトニック、ジャイロキネシスの根本にいつもそのことを感じているわたしは
そのことがゆきこさんに伝わり、ゆきこさんからスキーヤーのかたたちにつながっていこうとしているのが
本当にうれしく思いました。
ジャイロトニック、ジャイロキネシスのプロフェッショナルとして、ひとりでも多くのかたたちにこのことを感じていただけるようにと思います。


ほかのスポーツをやっていらっしゃるかたたちとも今まで以上にたくさんつながっていけますように!
今回のワークショップを終え、そう思っています。

ゆきこさん、ありがとね。
参加してくださったみなさまも本当にありがとうございました。


「寄りすぎない」〜スキーヤーみやのゆきこからのメッセージ〜

10月末にスキーヤーみやのゆきこちゃんの企画で開催した
「ジャイロキネシス for skiers」。
3時間のワークショップで私が感じたことは以前、ブログでも書かせていただきました。
その種目のプロフェッショナルではなく、ジャイロキネシスのプロフェッショナルとして
ジャイロキネシスをきちんと伝えることが、その種目での新しい発見や気づきになるのかなと
私自身は感じました。


企画をしてくれたみやのゆきこはこのワークショップの間、
わたし、そして参加者のみなさんをみて、どう感じたのかな?
どうして今回、ジャイロキネシスだったのかな?
などなど、いろいろ感じたわたしは、みやのゆきこに聞いてみました。
そして、みやのゆきこから届いたのが、以下のメッセージでした。

スキーというスポーツはオンとオフがあります。
もちろん他のスポーツにも区別がありますが、中でもスキーは、ハッキリとその区別があるスポーツです。
なぜなら“雪”が無くなってしまうから。
プラスノー、インライン始め最近では、スキーのために滑るものが多く取り入れられていて、夏の間も滑ることができます。以前は私も、それらも取り入れていました。

が、ピラティスを始め、身体と向き合うようになると、せっかく与えられたオフなのだから、滑ることから離れて、しっかりと自分自身の身体や心と向き合い、イメージを高めていくことに意味があるのではと最近は考えています。

元々ジャイロトニック、ジャイロキネシスは大好きなワークのひとつです。
そんなに頻繁に受けられていませんが、このオフは度々、ゆきぷうを訪れて、ジャイロトニックを受けています。
そして無心に身体を動かしているときに、私を襲ってくる感覚があるのです。

「自分自身にも知りえない、どこまでも無限に広がる動きの可能性がここにある!」と。

ピラティスは身体の基本的な調子を整えていくのには最適だと、私は考えます。スキーヤーズに参加されている方々へも、そこをベースとして、スキーにとって必要な動きへと発展させています。そして何よりも解りやすく展開できます。

もちろん身体の調子は、どんどんアップしていきますし、単一的な動きの中では問題ありません。
しかし、自分自身の身体や用具を使いながら滑り落ちていくスキーにとっては、それだけでは絶対的に足りません。
なぜなら、私たちがいるフィールドは“刻々と変化する自然”というものが存在し、その中で滑るために重力、外力、そして自分自身の内力のバランスが大切だからなのです。

そこを克服していくために、必要なものがジャイロトニック、ジャイロキネシスにあると私は感じています。

例えばコブの中を滑っているとしましょう。身体の動きが遅れてくると、コブにタイミングが合わなくなってきます。
そのときのリカバリーとして、可能な限り足を伸ばしてコブのラインに合わせることが必要になります。
そのとっさの動きが出来るようになるためには、今ある可能な動きだけではダメなのです。
もうひとつそこから先へ行けるようにしておくことが必要なのです。
そして大切なのは、足先だけではなく身体をひとつのものとして捉えていくことで、*ダイナミックバランスを得ていくことです。 *動的バランス。静止させるためのバランスではなく、バランスを保ちながら物体を動かすこと。

今回、ゆきぷうのジャイロキネシスの中で、スキーを良くしらない彼女なのに、股関節を広げることにこだわっていました。
まさに、もうひとつ先の動きの広がりとして、スキーヤーにとって大切なことでした。
先にお話した、コブに合わせて足を伸ばす=股関節が広がっていれば、今まで無理だった距離感が縮まる可能性があるのです。そして股関節が広がる源として自分自身がしっかりあるべきということを導いてくれました。

最終的なステップとして、動きが広がった自分自身に対して、しっかりとしたスキーテクニックを植え付けていきますが、私はそれをピラティスやジャイロキネシスに望んでいないし、出来ないと思います。スキーテクニックを植え付けていくのは、やはりスキー指導者じゃなくては無理です。
ジャイロキネシスで受けた身体の感触をスキーに結びつけていくこと。スキーの指導者として、その動きを高めていくことは私がやることなのでしょう。

ゆきぷうとの度重なるミーティングで、彼女だからこそ出来ると私は確信しました。
なぜなら、彼女はジャイロキネシスをやってくれるから…。
ジャイロキネシスに徹底してくれることで、そこから先は私が安心して発展させることができるのだと強く感じました。



みやのゆきこからもらったメッセージのなかでいちばんうれしかったこと。


「自分自身にも知りえない、どこまでも無限に広がる動きの可能性がここにある!」


ジャイロトニック、ジャイロキネシスの根本にいつもそのことを感じているわたしは
そのことがゆきこさんに伝わり、ゆきこさんからスキーヤーのかたたちにつながっていこうとしているのが
本当にうれしく思いました。
ジャイロトニック、ジャイロキネシスのプロフェッショナルとして、ひとりでも多くのかたたちにこのことを感じていただけるようにと思います。


ほかのスポーツをやっていらっしゃるかたたちとも今まで以上にたくさんつながっていけますように!
今回のワークショップを終え、そう思っています。

ゆきこさん、ありがとね。
参加してくださったみなさまも本当にありがとうございました。


2012年11月06日

負けらんねえっ!

10月末、27年ぶりに参加した高校のクラス会。
そこで再開したクラスメートの一人からメールをいただきました。
しかも英語。
「英語で返事、書いてみて」


メールをくれたのはS君。
新設校の一期生だったわたしたちは、わたしが第一回文化祭実行委員長、そしてS君が生徒会長という関係で知り合いました。
とても懐の深い、男っぽいイメージがあったS君。高校を卒業し、アメリカの大学へ進学、アメリカで仕事をしていたそうです。


担任の先生からそれを聞いたわたしは、
クラス会の帰り際、少々酔っぱらいながらS君に言いました。
「英語、教えてーっっ!」

仕事で英語が必要なこと。
せっぱつまっていること。
なかなか上達しないこと。
そんなことを簡単に伝え、別れました。


1週間ほどしたある日。
彼からメールがきました。
それが英語のメール。


一生懸命、英語で返事をしたところ、
とても丁寧に添削してくれた返事をいただき、びっくりしました。


「ここはこんな表現がいいかも」
「ここはaではなくtheで」

などなど、
「ああ、そういうことが知りたいんだよー」ということを
いっぱい直してもらえました。

「またメールするからがんばれ」
というメッセージにとても感動しました。


わたしの拙い英語でセッションを受けてくれているクリスティーネ。
そして、アメリカで必死に英語を勉強したから、わたしの気持ちを理解してくれたんだろうなと
思うS君。
みんながこうやって助けてくれる・・・と思うと、ここで英語ができなくてくじけてる場合じゃないなと痛感します。


「負けらんねえっ!」


そう思って、来年1月のニューヨークからスタートする、
2013年のジャイロトニック海外修行もがんばります!
楽しんでいこーっっ!←自分にいい聞かせちう。

2012年10月30日

そして思うこと。〜ジャイロキネシス for skiersを終えて〜

日曜日、雨の鎌倉で「ジャイロキネシス for skiers」を開催しました。
企画してくれたスキーヤー・みやのゆきこさんがオフシーズンに
開催しているワークショップ「スキーヤーズ」のなかから9名、ご参加くださいました。
日頃からピラティスや有酸素などのトレーニングをしている猛者ばかり。
なので、熱血ゆきぷ、猛爆発!のスペシャルワークショップになりました(笑)。


今回、ゆきこさんは
「からだのつながりを感じて動くために」ジャイロキネシスを選んでくれました。
ピラティストレーナーでもあるゆきこさんがジャイロキネシスをスキーのトレーニングにとりいれてみたいと思ってくれたこと、本当にうれしかったです。

時々おみかけするのが、
「あ、それはダメ!」
「これじゃなきゃダメ!!」
と、自分が指導しているエクササイズしか認めないトレーナーさん。


自分が教えているものは誰だって大好きだし、
自分にとってはパーフェクトだと思います。
もちろん、私だってジャイロキネシスが大好きだし、
ジャイロキネシスはわたしにとってはパーフェクトな存在で
自分の生き方、そのものだと思っています。
でも、だからって、ほかのものが間違っているわけじゃないのです。

わたしはピラティスも好きです。
自分が教えるのはもうできないけれど、
ピラティスを習いに行くのは大好きです。
最近は行けてないけど、大好きなピラティスの先生もたくさんいるし、
いろんなエクササイズがあっていいじゃないかー!と思っています。


とくにアスリートならば、さまざまなからだの動きができて、
瞬時にベストポジションやベストパフォーマンスにつなげていけることが
必要です。
だとしたら「これだけ!」にこだわらず、
柔軟に取り入れること、大切だと思います。


そういう意味で今回、みやのゆきこがジャイロキネシスを選んでくれたこと、
友達としてもとてもうれしかったですし、トレーナーとしても尊敬に値すると
思っていました。なので、担当したワタクシ、実はとても気合いが入っていました。


「気分」「思いつき」「場当たり」
ふだんはこの3つが人間のかたちになっているワタクシですが、
今回は進行を考える→打ち合わせ→再度、プランを練り直すなど、用意周到で当日を迎えました。


ジャイロキネシスの基本的な原則をふまえたうえでクラスを受講していただく3時間。
さすがにスキーヤーのみなさんだけあって、とてもしなやかに動いていらっしゃいました。
基本原則をお伝えするパートで掴んだ感覚があるからこその「気づき」もあったようでした。
あとは毎度、おなじみ(笑)。
熱血ゆきぷ、炸裂!!! で、幕を閉じました。


そして、私が思うこと。
スキーヤーに限らず、スポーツをやっているかたを対象にジャイロキネシスをお伝えする場合、
大切なことは「寄りすぎない」なのかな、と思いました。
今回、わたしはスキー経験は一回限りでスキーヤーのかたにジャイロキネシスをお伝えしました。が、これが意外とよいかもと思いました。
事前にみやのゆきこと打ち合わせをし、みやのゆきこがなぜ必要かを伝えてくれていたので、
受講してくださるかたたちは、心構えができていました。
このへんさえうまくいけば、その種目や競技に寄りすぎないことはかえって大切なのかもしれないと思いました。もちろん、事前に勉強しておくことは大切です。が、寄りすぎてしまうと、「なぜジャイロキネシスなのか?」がみえなくなる可能性もあるのかなと以前から感じていました。
そのへんについてはまた詳しくそのうち書こうと思っています。
みやのゆきこにも、意見を聞いてみたいなと思っています。


というわけで、そんなことを思っているやまもとですが、
ワークショップ前日、27年ぶりに高校の同窓会に出席してきました。
当時の担任の先生が体育の先生で、ジャイロキネシスのお話を
したところ、ちょっとだけ興味を持ってくださったようでした。
今回の経験がつながる場所が見つかるといいな、と願ってます。

2012年10月26日

英語でジャイロトニック!

実は毎週金曜日、英語でジャイロトニックのセッションをしています。
といっても、お相手はふつうのお客様ではなく、お友達のクリスティーネ。
しどろもどろになりながらも、サポートしてもらってなんとかがんばっています。

1月にニューヨーク、7月にドイツ、12月にマイアミ・・・
すでに来年の予定がこれだけ決まっています。
ジャイロトニックの指導テクニックもあげたいけれど、
英語も上達したいし・・・ということで不器用なわたしにとって
クリスティーネとのセッションは大切な時間になってます。

まだまだだし、
全然うまくならないけれど、
それでも楽しいので続いています。


周りの仲間のサポートに恵まれていることにこころから感謝して。

きょうも午後から東京で、クリスティーネに助けてもらってきます♪

2012年10月25日

可能性のトビラ

今週日曜日、鎌倉でスキーヤーのかたを対象にしたジャイロキネシスのワークショップを
担当させていただきます。
といっても、スキー経験は数年前の一度きり。
そこでのわたしの面白ぶりは、一緒に行ったみやのゆきこのブログでどうぞ。
初めてのスキー教室での質問ぶりやリフト4本などなど、
傍若無人なワタクシがいっぱい(笑)。
http://blog.team3.main.jp/?eid=445858

それはさておき、今回の企画、もちろんプランナーはみやのゆきこ。
数年前から竹井伯夫さんと一緒にオフシーズンに「スキーヤーズ」という
コア&イメトレを提案してきたみやのゆきこだからこその思いつき!
ですが、スキー経験のない私はちょっとだけドキドキです。
あれこれ、どんなふうにしたらスキーヤーのかたに喜んでいただけるのか試行錯誤中です。


でも、みやのゆきこが与えてくれたこのチャンス。
わたしにとってはとてもいい機会だと思います。
どんなワークにも応用できるジャイロキネシス。
バレエやダンスのかたたちはそのすばらしさに気がついているかたが
多いですが、スポーツやアスリートのかたたちに・・・となると
まだまだ知っていただくチャンスを作っていかないと難しいのかなと思っています。
なので、今回はわたしにとって「可能性」を広げるすばらしいチャンス!
気負いすぎずに。でも、ちょっとだけがんばって。
可能性を広げていけますように!と思っています。


というわけで、きょうはランチをしながらみやのゆきことミーティング。
可能性のトビラを開けてきます♪

2012年10月18日

だから「いつも」にちょっとこだわる。

コースなどで忙しかった先月。
実はちょこちょこと体調を崩していました。
よく行くお寿司屋さんのお寿司にあたって
食あたりとじんましんでダウン!
口角炎や口内炎にもなりました。


忙しくてゆっくりごはんを食べる時間がとれず、
なんとなくお菓子ですませてしまったり。
かと思えば、毎日のように外食だったり。
ストレスに強いので、一ヶ月くらいならなんとかなるかなーと
思っていましたが、ダメでした(-_-)
からだは正直です。とほほ。

というわけで、「いつも」を大切にしようと思っています。


いつもの食べもの。
いつもの動き。
自分のからだはいつもの自分が作っているんだなーと。


なので、ちょっとだけ「いつも」にこだわってみませんか。
いつもの食べものにちょっとだけこだわったり。
いつもの動きをちょっとだけ気をつけたり。


口にしたもの・・・そして、座り方や立ち方、かばんのもちかたやパソコンの前での姿が
じぶんのからだを作ります。
どんな自分だったら心地いいかな?


ほんの少し。
そんなふうに考えるだけで、いいのかなと思っています。


そういう私の本日のごはんはちょっとだけこだわった、「野菜スープ」。
お塩は入れずにお出汁とお野菜本来の甘みだけ。
そして、きょうはいつも以上にじっくりトレーニングもしました。
心地よい自分でいるための「いつも」に、
これからもちょっとだけこだわってみようと思っています。

2012年10月17日

みなさんのおかげです。

以前書いたように、まだジャイロトニックマスタートレーナープログラムが
終わっていなかったワタクシ。
ニューヨークのヨーガン先生に泣きつき、来年1月のコースを受講できることに
なりました。
しかも京都の川井美奈さんと一緒。
美奈さん、早々にホテルなどをチェックしてくださって
本当に心強い限りです。
ダメ人間を助けてくれるみなさん・・・本当にありがとうございます。
飛行機もとれたし、なんとか行けそうです。
本当によかったー。


というわけで、助けてくださったみなさん、ありがとうございます。
年内は日本でにこぐるしておりますよ。


(*^_^*)

2012年10月15日

New moon!

数日前から「こんなふうにしよう!」「あんなふうにする!!」という気持ちが
なんだかとても高まっていました。ふと気がつくと、今夜は新月。
ああ、なるほど!そういうことなのねー。という気持ちです。


やる気が高まるときってなぜかそういうタイミング。
あとから気がつき、「自然のなかで生きているんだなー」と改めて感じます。
人間も動物。自然の流れのなかで生きていく体内カレンダーを持っているのかもしれません。


忙しさや便利さに飲み込まれて、自然を感じる体内カレンダーが
わからなくならないように。感じるアンテナ、大切にしたいですね。

2012年10月06日

trainers' lab 打ち合わせ

昨日はトレーナー仲間の重盛ゆかりさんと
ジャイロキネシス練習会改め「trainers' lab」の打ち合わせ。
3回目、11月3日に開催します。
テーマはハンズオンにしました。


誰かに教えてもらうのではなく、
参加者全員で工夫をしたり、
知っている情報をシェアしたりする「trainers' lab」。
「正解はない」ジャイロキネシスらしいスタイルだと思います。


こうじゃなきゃダメ!
それはダメ!


からこころもからだも自由になるジャイロキネシス・・・らしい
集まりになるようにと思っています。
詳細、もうじきお知らせします。どうぞよろしくお願いいたします。

2012年10月04日

憧れの女性♪

今まで女性で憧れる人ってなかなかいませんでした。
とくに、きちんとお化粧をしていて、仕事もできるかたではいなかったかも。
憧れの人って言われると「古田敦也」言っていたし(-_-)


でも、日曜日。
台風情報のためにつけていたテレビのなかに
憧れの女性をみつけました。
見た瞬間に「あ!この人、好き!!」
一目惚れ?かどうかはわかりませんが、ピンときちゃいました。


そのかたが書いていたブログを読んで、
「やっぱり好き!」。


久々に憧れの女性に出会いました。

http://ameblo.jp/hacci1912/entry-11368534767.html

2012年10月01日

時間。

昨日、今日と2日連続で、ジャイロトニック自主練習会をしました。
昨日は後輩のみなさんと、そして今日は同じぐらいのキャリアを持つ仲間と。


どちらの時間もまだまだ、もっともっと勉強したい‼と
いう気持ちが強くなる、いい時間と仲間に恵まれました。


自分と向きあい、ひたすら練習する時間。
仲間と一緒にシェアする時間。
さまざまな時間がお客さまに喜んでいただく
時間を作っているのですね。


これからもこのふたつの時間と仲良くできますように。

2012年09月30日

寄り添う

小さな痛み。
病気ではない不具合。


たいしたことじゃないといえば、
たいしたことじゃない。
でも、小さいけれど、気にかかる「なにか」は
人をネガティブに変えていく可能性を秘めています。


ちょっとした痛みにイライラして、人に当たったり。
だるくてなにもしないで終わった一日に自己嫌悪を感じたり。


書いているのは20代のころの自分のこと。
なにかに、誰かに怒ってばかりの日々でした。


でも、今は違います。


もちろん、ときどきはそんな日もありますが、
なにかあっても大きくぶれることなく日々を過ごすことができるようになりました。


ジャイロトニックがあるから。
ジャイロキネシスがあるから。


ジャイロトニックをすることで、からだが固くなりそうだったことに気がついたり。
ジャイロキネシスのおかげで、もっとからだが動く可能性に目覚めたり。


じっくり感じることを大切にしたら、日々を丁寧に、穏やかに暮らせるようになりました。


時間はかかるけれど、ジャイロトニックとジャイロキネシスは、
静かに自分に寄り添って、感じることの大切さを教えてくれます。


「感じることを受け入れて、丁寧に日々を過ごしたいな」


そんなかたと一緒にジャイロトニックとジャイロキネシスをシェアしていけたら・・・
強い風の吹く台風の夜、静かにひとり、そんなことを考えてます。


2012年09月29日

一番大事なこと。

一番大事なことは何かをいつも考える。そして、目の前に見えている「コト」よりも、
その先に必ず待っている「人」に向かって仕事をしていると自覚する。

鎌倉でお仕事をなさっている、
憧れのかたがおっしゃっていたこと。
こころの奥深くでこの言葉を大切にしながら、
仕事したいと思います。

2012年09月28日

最後の1秒まで、もがく。

偶然観たNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
ピックアップされていたかたは爆発的なヒットを飛ばしたドラマ「家政婦のミタ」の
脚本家・遊川和彦さん。
とにかく仕事に対して真摯。
脚本を書くだけでなく、現場で撮影をチェック。
役者さんへのダメ出し、脚本の修正・・・最後の1秒まで
ドラマを面白くするためにもがく遊川さん。


実はこの言葉、わたしがプレトレーニングをしているときに
いつも意識していることでした。
経験やからだの準備が違うので、参加してくださったかた全員が
同じ高さの山に登れるかというと、それは難しいかもしれません。
が、その人なりの山にはあきらめずに登りきってほしい。
そして、頂上から見えるなにかを味わってもらえたらいいなと
思っています。
そのためにわたしのすべきこと・・・それが
「最後の1秒まで、もがく」です。


受講してくださっているかたに少しでも届くように・・・
どんなふうに伝えたら。
どんなハンズオンがいいのか。


キャッチのしかたは千差万別。
「こう教えたら全員にわかる」という答えはありません。
でも、だからこそ大変だけど、面白いと思うプレトレーニング。
わたしがあまりに本気で熱いので(笑)受講者のかたはきっととっても大変だと思います。
でも、本当の楽しさ、面白さはきっとそのなかにキラキラと輝く宝石のようにあるんだと
わたしは思います。


今週月曜日、ジャイロトニックプレトレーニングを終えました。
お二人のかたが修了されましたが、きっとこんな気持ちだったんだろうなーと
思っています。達成感でニコニコ!


tana.jpg


2012年09月16日

trainers' lab

ひとつ前のブログで書いた「練習会」のこと。


もっとワクワクするようなかっこいい名前にしたいなーと
主催チームの東海林寿代さん、重盛百香里さんと相談して決めました。

「trainers' lab」


実験室、研究室の意味があるので、いろんなことを試せたらいいなと
思っています。詳しくはこちらからどうぞ。http://ameblo.jp/foreveryone-foroneself/entry-11355755675.html

きょうから鎌倉ではジャイロトニックプレトレーニングが始まりました。
そして、3日前の木曜日には井上朱実マスタートレーナーが担当したジャイロキネシスファウンデーションコースが終了、わたしのプレコースを受けてくださったかたたちが無事、アプレンティストレーナーになりました。


少しずつ少しずつ増えている仲間達のお手伝いができるように・・・。
そんな場所づくりをしています。
ジャイロトニックもご相談いただければ練習のサポートをさせていただいてます。
気軽にご相談くださいね。

2012年09月13日

練習の仕方

先週土曜日、ジャイロキネシストレーナーのための練習会を開催しました。
トレーナー仲間の重盛百香合さんがレポートを書いてくださいましたので、
ご興味あるかた、ぜひごらんくださいませ。
http://s.ameblo.jp/foreveryone-foroneself/entry-11352469462.html


ジャイロキネシストレーナーのみなさんは、
ご自身の練習、どんなふうになさってますか?
他のトレーナーのクラスに参加したり、
さまざまな工夫をなさっていると思います。

ジャイロキネシスのみのトレーナーのかたで、ジャイロトニックの経験がないかたには
ジャイロトニックのセッション、オススメしてます。
マシンを使うことで、感覚がつかみやすくなりますよ。


私自身はロルフィングや理学療法士さんとのコンディショニングと
組み合わせながら、からだの使いかた+リードの練習をしています。

週に3日、ジャイロキネシスのクラスを担当してますが、レッスンは練習ではありません。なので、あくまでも自分の練習のための時間、自分と向き合う時間は大切にしています。


「どんなふうに練習したらいいのかな?」と悩んでるかた、
まずは一度、練習会に参加してみてはいかがでしょう?
アプレンティスのかたも大歓迎です。

2012年09月12日

ゆっくりゆっくり。

なんと!


9月になってブログを更新してなかったのですね。
いろいろ書きたいことはあるのですが、あれこれ
やることに追われちゃったのですね、はあ。


少しずつゆっくりブログと自分の歩調、合わせていきます。


ゆっくりゆっくり。

今週末からわくわくのジャイロトニックプレトレーニング@鎌倉です。
とってもステキな受講者のかたに恵まれて、本当に楽しみです。


2012年08月31日

一歩踏み出せば、世界は変わる

昨日の深夜、偶然観たNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
偶然と書いたけれど、実は必然だったのだと終わってから気がつきました。

なぜならこの番組で伝えていたことはすべて、葉坂多壱貴さんが鎌倉の
2回のセミナーでお話していたことだったから。
http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0827/index.html


「一歩踏み出せば、世界は変わる」。

彼女のこの一言によって、一歩踏み出した人たちの笑顔。
本物の笑顔のなかに、変化を感じた自信と喜びが溢れていました。

小さな一歩でも踏み出せば必ずなにかが変わるってこと。
そして、大好きな仕事ならやっぱり命がけじゃなきゃ!


命がけで人と向き合う仕事をこれからもしていこう!

2012年08月28日

格闘なう。

10月に行うみやのゆきこちゃん企画のジャイロキネシスワークショップの案内文や
ジャイロキネシスイベントクラスのレポートなどを書こうとしています。
が、なんだかなかなかうまく書けない・・・。
パソコンの前に座ることをへらしたせいかもしれません。
たまにはじっくり考えて、考えていることを形にするって大切なことなのだと
実感しています。くうー。書くことは大好きなはずなのに、久々に格闘しているやまもとです。


2012年08月11日

元気です。

「ドイツに行ってきます!」といったきりでしたが、すでに無事に帰国して社会復帰しています。

帰国当日、荷物だけ置いて、フランスからいらしている吉田尚美さんの
ジャイロキネシスを受講しにいったり、翌日からその尚美さんのジャイロトニック
レベル2プレコースを受講したり。3日間、受講したそのあとは自分がジャイロキネシス
プレコースを担当・・・と、まさに全身、ジャイロトニック&ジャイロキネシス漬けな毎日を
過ごしています。

ドイツでは丁寧で綿密に練り上げられているジーナ先生のコースに
圧倒され、帰国しました。
それはそれはすばらしいコースでした。
チューリッヒからいらしていた同じマスタートレーナープログラムの仲間である平敷秀人さんに
たくさん助けていただき、なんとか14日のコースを終えることができました。


ご連絡遅くなって本当にごめんなさい!
毎日、元気いっぱいです。

やまもとゆきえ


2012年07月12日

I 'll go to Germany.

とうとうドイツに行く日がやってきました。
あと数時間でうちをでますです。
台湾から帰って、あっという間の2週間でした。
3週間ほどドイツでジャイロトニックにどっぷり浸ってまいります。


昨年9月からスタートしたジャイロトニックマスタートレーナープログラム。
それもこの旅で一応、一区切りです。


数年前に新潟でジャイロトニックプレトレーニングを担当し、
マスタートレーナーの道に進もうと決めました。
正直、バックグラウンドも新聞記者とか意味不明なわたしですので
「果たして挑戦してみたいなんて言っていいんだろうか?」とも思いました。
体育大卒でもないし、ダンス経験者でもないですから。


でも、プレトレーニングを担当するたびに
受講者のかたとのつながりがプレトレーニングで終わってしまうことが
とてもさびしく、「もっと一緒にいろんなことをシェアできたら!」と
思う気持ちをどうしても止めることができませんでした。


ネットワーキングマスタートレーナーの井上朱実さんに
その話をしたところ
「ゆきぷがそう思うのは当たり前だよね。がんばってみたら?」と
背中を押してくださいました。


アトランタでのヨーガン先生、そして今年初めにアシスタントをさせていただいたセバスチャン先生・・・コースを受けて、あまりのすばらしさに驚愕、放心、落胆・・・などなど、いろいろ感じましたが、それでも前に進むしかないと思い、今に至ります。


相変わらず英語はできないです。
予行演習だと思って行った台湾でも英語はまったくダメでした。
そのことに関して考えると、どんよりしたくなるのですが
台湾でヨーガン先生に教えていただいた「引っ込まない」気持ちで、できることを一生懸命してきます。


この先、たくさんのかたとジャイロトニックをシェアできるために。

お休みの間、ご迷惑をおかけしますが
どうぞよろしくお願いいたします。


やまもとゆきえ


2012年07月06日

45番(age 45)になりました。

昨日、45番(45歳)になりました。

メールでのメッセージ、プレゼントをくださったお客様、そしてFacebookを通して何十年ぶりにつながった大学の仲間たち。
たくさんのかたから祝っていただき、本当にうれしかったです。とくに今回は台湾でコースを受けたかたたちからもメッセージをいただき、活動の場が広がりつつあることを実感しています。


さて、そんな誕生日のいちにち。
夜は仕事をお休みして、東京スカパラダイスオーケストラのライブに行ってきました。
何年ぶりだろうか?


大学時代から大好きだったスカパラ。
明るくて元気な音楽を思いっきり楽しんで演奏する・・・ただ、それだけのとてもシンプルな
バンド。私と同世代ですから彼らのほとんどが40代に突入しているわけですが、
とにかく飛ぶ!飛ぶ!跳ねる!はじける!
の連続。
とにかく元気で明るい!


デビュー当初のオリジナルメンバーは不幸なことに亡くなったりしているスカパラですが、
20年以上大好きなことをやり続けているからこそのパワーは圧巻でした。
強くて明るくてかっこいい!まさに彼らのためにある言葉です。


シンプルにやりたいことを突き抜けるぐらいのエネルギーでやる。
かっこつけずにとにかくやる!っていいなと思わずにはいられないスカパラのライブでした。


なので、わたしもますますやる!ですよ。
前日にドイツのコースを担当するジーナ先生からの課題メールが来て
「ええ!今更こんなこと・・・」と半べそをかき、
「ドイツ、行きたくないー」と思ってましたが、
そんなこと言っている場合じゃないってことがわかりました。
もうなにがきても、なにがあってもやるしかないのだ!
とことん、思いっきり・・・やりたいこと、やってきます。


というわけで、とてもいいお誕生日になりました。
なので、みなさんにおすそわけ。
みんな、元気ー?

">

2012年07月03日

ジャイロキネシス練習会をやりました。

7月1日日曜日、世田谷区の千歳温水プールでジャイロキネシス練習会をしました。

コースで一緒になった仲間は知っているけれど、
なかなか横のつながりが出来づらいトレーナー同士の交流の場を
作りたいねー。

ほかのトレーナーさんがどんなふうに教えているのか知りたい!

なかなかレッスンをするチャンスに恵まれず、リードをとる機会がない。

というような声をちらほら聞いていました。
じゃ、気軽に集まって練習したり、ディスカッションしたりしてみましょうということで
集まってみました。

1st%20of%20July-2.jpg
1st%20of%20July.jpg


当日は自己紹介からスタートし、90分フォーマットを参加者7名が順番にリードをとりました。
同じフォーマットでも伝え方の違い、フォーカスする部分の違いがあり、
自然に個性が溢れてくるのがとてもよくわかりました。
ふだん教えているかたたちの年齢や体力によっても伝えかたは違ってくるでしょうし、
伝えるときに「言葉」でなのか「動き」でなのか・・・そのへんも環境や経験によって違うのかもしれません。
リードのあとはお互いによい部分を見つけてフィードバックも。
ディスカッションでは参加者のみなさんからジャイロキネシスから得たことなどのお話もできて、とても有意義な時間になりました。


ひとりでも多くのかたにジャイロキネシスを提供できたらいいなと私自身は思っています。
そして、そういうチャンスがきたときに、喜んでもらえるようなhappyで流れるようなクラスが
提供できるように、いつも準備をしておけたらいいなと思っています。


なので、練習会はチャレンジと工夫の場になればいいなと思っています。
ジャイロキネシスを教える仲間同士、happyなエネルギーがシェアできるような場にしていきたいなと思っています。


次回は9月に予定しています。
よろしければぜひご参加ください。

にこにこ練習会です。


2012年06月26日

帰ります。

台湾でのコース受講、すべて終わりました。
あとは残りの荷物を処理したら、帰ります。
みなさん、本当にどうもありがとうございました。


最後は何度も涙が出そうになるのをこらえながらの
コースと受講者のかたたちとのディナーでした。
会場だった大学に近い、オープンエアのレストランはコース中、
何度もお世話になったお店。ヨーガン先生のお気に入りです。
台湾料理を味わいながら、わたしはビール瓶をマイク代わりに
台湾の印象を英語で一生懸命、話しました。
みなさんに「デモンストレーション、ありがとう!」とたくさん言ってもらい、
本当にうれしかったです。


みなさんとのディナーのあと、ヨーガン先生とホテルのそばで
ゆっくりワインを楽しみました。帰りはちょっと酔っぱらいだった
わたしです(笑)。台湾で軽く千鳥足だったし(^_^;)


というわけで、帰ります。
からだで感じたたくさんのこと、丁寧にみなさんにお伝えできるようなクラスを提供していけるようにまた明日からがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。


やまもとゆきえ


と言いつつ、すみません。
また7月12日から30日までドイツに行きます。
2週間ぐらいしか日本にいないのですが、
よかったらキネシス、受けにいらしてくださいね。
今週末はナチュラルフローでのジャイロキネシス、
開催しますよー。

2012年06月25日

引っ込まない! ジャイロキネシスファウンデーションコース in Taipei

5日間連続でどうなることかと思った、
後半のジャイロキネシスファウンデーションコースもきょうで最終日。
あっという間でした。


今朝は早起きして、宿泊している天母周辺をお散歩。
台北のスタバでひとり、ゆっくりとこのコースを振り返ってみました。


ヨーガン先生のアドバイス
「自分の内側に引っ込まない!」を意識して気がついたこと。
それが「今、ここにいる」ってことなのかもしれないなあ、と。

からだは今、ここにいるけど、気持ちがものすごく後ろにいたり。
気持ちだけが焦って前に出すぎたり。
そういうこと、今までよくあったかも、と。
そういえば、その昔、ピラティスを教えていただいていた石川英明先生に
できないことを注意されたときに言われたことを思い出しました。


「人間、否定してるんじゃないんだから、へこまない!」と。


状況を静かに受け入れ、ネガティブにも無理にポジティブにもなりすぎない(ここが大切)。
自分の気持ちといま、そこにあるからだが素直に静かにそこにあればいい。
それはとても当たり前のようだけれど、実はとても難しいことに今ごろ気がつく
ワタクシ。ヘヘヘ。もうじき45番(45歳)なのに(^_^;)

このことってこれから先、トレーナーになりたいかたたちを
今まで以上にサポートしていくにはとても大切なことなのだと思います。


時間が経つうちに、もしかしたら少し変化してくるかもしれません。
もっとこうかもー。???違ったかも???なんてこともあるかもしれません。
これからもジャイロキネシス、ジャイロトニックを通じて、
いろんなことに気がつけたらいいなと思っています。
そして、それをみなさんとシェアできますように!と思っています。


わたしのジャイロトニック・ジャイロキネシス人生のなかで、
今回のコースは間違いなくいちばん印象に残るコースです。
京都で海老沢千津子ちゃんと受けた初めてのジャイロキネシスレベル2、初めてひとりで行った
マイアミのジャイロキネシスファウンデーションコース、ドイツひとり旅だったジャイロキネシスファウンデーションコース・・・数々のコースのなかでも、このコースは格別でした。


言葉がわからないことにネガティブになりすぎずにいられたこと(もちろん、ちょっとは凹みますけど)。
もっともっと動ける可能性をからだで感じたこと。
ジャイロキネシスの面白さをますます感じたこと。
トレーナーになりたいと思うかたたちをサポートするために
自身がどんなメンタリティであればいいのか、教えてもらえたこと。

すべてヨーガン先生のおかげです。

そして、先生のおかげで、台湾にたくさんの友達ができました。
本当にみなさんフレンドリーで毎日、毎日、いろんなところに
ごはんを食べに連れてもらったり、夜景を見に連れて行ってもらったり。
フルーツやお菓子もたくさんもらいました(*^_^*)
もちろん!!!
コース中も日本語や英語でたくさんのサポートをしてもらいました。

この2週間で感じたことを大切に
これからもジャイロトニック、ジャイロキネシスをお伝えできたらと
思っています。


ヨーガン先生、ありがとうございます。
台湾のみなさん、ありがとうございます。
そして、代行をしてくださったみなさん、
快く送り出してくださったお客さま、
そして・・・孤軍奮闘してくれたスタジオのたな社長、
本当にありがとうございます。

すべてのかたに感謝して、最後のいちにちを過ごしてきます。

もう荷物も半分、片付けたし。
ヨーガン先生に
「明日、まだ飲むチャンス、あるね!」と言われたし(笑)。


最後のいちにち、じっくりたっぷり味わってきます。


謝謝。

2012年06月21日

3日間のお休み ジャイロキネシスファウンデーションコース in Taipei

台湾で3日間のお休みを過ごしました。
きょうからコースは再始動。
5日連続とあって、ちょっとドキドキです。


お休み初日は天母からタクシーでいける
The Palace Museumへ行ってきました。
日本語のガイドがなく、わからない英語とわからない中国語と
格闘しながらの鑑賞でした。

その夜はワインを販売しているお店にお料理を持ち込んでワインパーティー。
日本食とワインで楽しい夜でした。

2日目のお休みはホテル周辺をお散歩。
台北のスタバに初めて行ったり、三越で台湾のお総菜を買ったり。
のんびり過ごしました。


そして最終日の機能は龍山寺へ。
herbal teaを飲む(3杯)→足裏マッサージ→ベジタリアンレストランと
super healthy dayを過ごしました。


2日目以外、ヨーガン先生と過ごしたのですが、
ごはんを食べたり、あちこちに移動しながらとてもたくさんのお話をしていただきました。


そのなかでいちばんこころに残ったこと。


英語がうまく話せないことをストレスに感じ、
どんどん自分の内側にこもっていったらからだもこころも
オープンにならない。
母国語じゃないんだからうまくなくて当たり前。
しかも少しずつ上手になっているんだから。


ヨーガン先生にそんな話をされて、
本当にそうだなと思いました。


なんでもそうだけれど、気持ちがひきこもっていくときって
自分で勝手にストレスを感じてしまっていることが多いですよね。
からだをオープンにするエクササイズをしているはずなのに、
気持ちがそれではうまくいかないのも当たり前。

去年、アトランタに行ったとき、英語に対してかなりストレスを
感じ、ときどき内側にこもりそうになっていたわたしに
ヨーガン先生は気がついていたんでしょうね。
英語のこと、メンタリティがいかに大切かということ・・・本当に
いろんなことをお話できてしあわせでした。

こんなすばらしいチャンスに恵まれ、本当によかったです。
神さまがくれたプレゼントのような気がします。
神さま、ありがとう!


というわけで5日間ノンストップでがんばってきます。
これが終わったらドイツ。
うう、自分でストレスを作らなあい!と自分に言い聞かせてます。


2012年06月17日

ヨーガン先生 ジャイロキネシスファウンデーションコース in Taipei

コースも3日が終わり、全身筋肉痛になっています。
しかも湿度が高いこと、高いこと!!
突然、スコールのような雨が降ったり、ものすごく蒸したり。
morning classですでに、アタマからバケツの水をかぶったみたいになっています。

昨日はいちにち、モデルをさせていただきました。
ヨーガン先生がハンズオンの仕方を説明するときに
ハンズオンをしていただくのですが、そのたびに
心のなかで「うわー!」「うおー!」「すげー!」と連呼してました。
ハンズオン、すごすぎ。


2年前、ヨーガン先生とネットワーキングしている帷子なおみさんが
ジャイロトニックファウンデーションコースを日本で開催したときに
受講させていただいたのがきっかけで、ヨーガン先生を知りました。
お名前は以前から知っていたし、評判の高さも聞いていました。
そうそう。たしか3年ほど前に作ったドリームマップにはなぜか
彼の写真を貼っていたわたし。1年後には日本で受講していたのですから
ドリームマップ、恐るべし!です。


さて、そのなおみさんのスタジオで受講したときに
いただいたアドバイスが心身ともに劇的な変化を
感じるきっかけとなりました。
「そこまでやるんだ」と思うことは今までもありましたが、
それがとても自然。すごく伸びたり、すごく動いているのに
痛みや苦痛がまったくない!そこにビックリしました。


若い頃から腰痛だったうえにダンスやバレエの経験もほとんどなく、
どんなことをどんなふうにしていけばいいのかわからないまま
ジャイロトニック、ジャイロキネシスを続けてきたわたしにとって
目からウロコのことがいっぱいでした。
おかげで、そのあとほかの先生のコースやセッションを受けても
少しずつおっしゃることをキャッチできるようになったような
気がしました。


昨年、アトランタに行ったのもヨーガン先生のコースだから。
そこで先生のフレキシブルな指導に驚嘆して帰国。
そして今回の台湾。
受講者のみなさんに
「なぜ今回のコースのことを知っていたの?」と聞かれるぐらい、
いわばお身内のためのコースに日本人がポツリ。
受講者のかたから「ファンなのねー」。


とてもおだやかで、いい意味でのゆるい感じが
受講者をリラックスさせるヨーガン先生。
それでいてハンズオンはすばらしいって・・・
受けているだけでなんだか泣けてきそうになるですよ。
動きもそれはそれは美しいです。


本当にすばらしい先生に巡り会えて、
感謝の気持ちでいっぱいです。
きょうもいちにちたっぷり動いてきます。


しかし、このものすごい筋肉痛って・・・。
何年もやっているはずなのに、まだまだなのだね。とほほ。

2012年06月16日

英語と士林夜市 ジャイロキネシスファウンデーションコース in Taipei

コース2日目も無事、終了。
昨日は朝からよい天気で、
morning class(朝ではないですが)では、
汗だくだく。ひじやすねからも汗が出るほどでした。

クラスのあと、パートナーとのティーチング。
通訳で入っているDanielがパートナーになってくれました。
単語しか出てこないわたしを励ましながらサポートしてくれる
Daniel。やさしくて面倒見がよく、受講者のみなさんに慕われているのがわかります。
実はうちのたなかとジャイロキネシスのファイナルが同じだったみたいで、
なんだかとても縁を感じているのでした。

というわけで、相変わらずの英語なのですが、
今回はクラスや説明のときにヨーガン先生が言っていることを
できるだけすぐに英語で独り言にしています。
いわゆるシャドーイングみたいなものだと思うんですが・・・。
来月、ドイツでジャイロトニックのコースを受講しなくてはならず、
「英語で教えられるように準備しておいてね」と言われたので。
ま、気休めでしょうけど(^_^;)

ただ、台湾にきてよかったなあと思うのは
受講者のみなさんも英語が堪能なかたばかりではないこと。
一緒にティーチングするときもお互いにシンプルな英語なので、
とても助かります。ひとりで海外のコースにきて、こんなに誰かと
しゃべったのは初めて?と思うぐらい、コミュニケーションをとっています。


さて、昨日はホテルからタクシーで10分ほどの士林夜市へ行ってきました。
夜遅くまで賑わっているそこで牡蠣入りの煮麺とお好み焼きのような牡蠣の卵焼きを
食べてきました。ビールも飲んで160台湾ドル。日本円なら500円ぐらい。
安いです。しかもおいしいー!!!
さっくり食べてサッとタクシーで帰ってきましたが、おいしいものを食べると
元気になりますね。ホテルの周りのレストランは9時には閉店で、8時半まで
コースのわたしにとって食事にありつけるかどうかは死活問題(笑)でしたが、
士林夜市を知ったおかげでなんとかなるかなあ?

というわけで、これから3日目を迎えます。
まだ2日しか終わってないの?と思うぐらい、濃ゆい濃ゆいコースです。

2012年06月15日

始まりました。ジャイロキネシスファウンデーションコース in Taipei

昨日から台湾でのジャイロキネシスファウンデーションコースを
受講しています。

初日の朝、ホテルのエレベーターに乗ったら、講師のヨーガン先生に
バッタリ!きゃーきゃー言うワタクシでした。
そのまま一緒に主催のWendyの車に乗って雨の中、会場の陽明大学へ。


コースは全員が台湾のかた。
違う国の受講生はわたしだけでした。
でも、ヨーガン先生のジャイロキネシスを受けたくて受けたくて・・・
だったので、とてもワクワクでした。もちろん、いちばん前にちゃっかり
座りましたですよ。おほほー。


そしていちにち受けてみて。


「やっぱり来てよかった」と思いました。
ヨーガン先生が英語で話したことを通訳のDanielが中国語に
訳して進むこのコース。ハッキリ言ってどっちの言葉もよくわからず、
もうポカンとしているしかないのですが、
それでもヨーガン先生にハンズオンしてもらえると
「おおー。まだそこは伸びてなかったんですねー」とか
「そこまでやるのかあーっ」とか。
たくさんのことをからだに教えていただいています。


しかもヨーガン先生とは今回が3回目。
苦手なこともバレバレで(汗)、いろんなことを
教えていただいています。


遠い街にひとりできて、コースを受けていると
ときどき我に返って「わたし、なんでここにいるんだろう?」と
思うことがないわけではないのですが、
それでもこういう時間が「ジャイロキネシスになる」ためには
必要だなとつくづく感じます。


そしてまだまだジャイロキネシスになる・・・には遠いことを
思い知らされているんですけどね。とほほ。


しかし、本当に本当にヨーガン先生はステキです。
とくに胸から脇のオープニング、美しすぎて言葉がでません。
いつになったらあんなふうになれるんだろ?
ひゃー。


夜8時30分までコースなので、おいしいものを食べに行く余裕はなさそうです。
まさにジャイロ漬け。しあわせー(*^_^*)


2012年06月13日

台湾にいってきまあす♪

というわけで、これから台湾です。
ギリギリまでバタバタしてましたが、
なんとか準備もできました。
2週間ほどお休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


「勉強しに行くんですね。すごい!」
「勉強熱心だねー」


と言われるたびにうっかりきょとんとしてしまいます。
勉強だと思ったことがあまりないのでね。

結果的には勉強なんでしょうが、
申し込みをするときや準備をしているときは
ただただひたすら「受けたい!行きたい!」だけ。
これが勉強になるとか考えずに、大好きなアーティストのライブチケットを
買うかのごとく申し込み→飛行機予約→ホテル予約となるのです。


でも、それが自然なのかなあとも思います。
大好きなジャイロトニックとジャイロキネシス。
たまたま仕事にできているけれど、
そこには「大好き!」がででーんとそびえ立っているのですから。


勉強だからと思って受けなきゃ!と思うのだとしたら
ちょっと残念かなあと。
やっぱり基本はワクワクですのでね。


なので、今回もワクワクしながら行ってきます。
相変わらず英語もできないし、中国語はさらにダメですけど、
なんとかなるかなあ?ふふふ。

そして、大好きなヨーガン先生にお会いできるのは約1年ぶり。
ドキドキだなあ−。


帰ってきたらみなさんとまたジャイロキネシスを楽しみたいなと
思っています。どうぞよろしくお願いいたします。


2012年06月04日

責任 〜葉坂多壱貴さんのビジネスセミナーを終えて〜

昨日6月3日、ジャイロトニック鎌倉では初めてのビジネスセミナーを開催しました。

「―大好きなことで生きるために―
トレーナーとして活躍するあなたが知っておくべき5つのこと」

葉坂さんがつけてくださったこのタイトルに、
わたしが葉坂さんにお願いしたいと思った理由が込められていました。


ジャイロトニック、ジャイロキネシスともプレトレーニングを担当する
プレトレーナーであるわたしがいつも大切に思っていることは「責任」です。


「トレーナーになりたい!」「このエクササイズをもっと学んでみたい!」
そう思った人たちがプレトレーニングを終えたときに
ジャイロトニックやジャイロキネシスの面白さを今まで以上に感じ、
トレーナーとしての長い旅を続けるモチベーションをもってもらえるように。
そんなコースをする責任があると思っています。


そして、わたしと出会い、トレーナーになったみなさんが、このすばらしいエクササイズをいつまでも
楽しく、そして安心して伝えていけるようなサポートをする責任があると考えていました。


その気持ちから今回、葉坂さんにお願いしてセミナーを開催しました。


ダンスやバレエの教えの経験があったり、大きなスタジオに所属をしていたり。
あるいはフィットネスクラブで教えるチャンスがあったり。
そういうかたたちにとっては、それほど大きな問題じゃないかもしれない、
教える場所やどんなかたたちに伝えていきたいか。


どんな気持ちでどんな人になにを伝えたいのか・・・
それが明確なことはとても大切です。


資格を取って、看板を出して「ジャイロトニック、ジャイロキネシスやってます」といえば
お客さまが来てくださる時代ではなくなってくるこの先、どんなお客さまにエクササイズを通じて
なにを提供したいのか、どんなことをお伝えしたいのか・・・。
それがわかってなければ、そのかたたちに自分の想いは届かないのです。


それを教えてくださった講師の葉坂さん。
彼のすばらしいところは、ご自身がピラティストレーナーとして
それを実践されているところ。
机上の空論ではなく、ご自身が実際にされてきたこと、今、していらっしゃることだから
「なるほど」と思えるし、やる気も出るのです。
誰もが持っている仕事への想い。
決して大儲けできるような仕事ではない、トレーナー。
でも、この仕事をしたい!と思ったきっかけはすべての人にあるはずだと思います。


生活していくのが大変なんです。
お客様が増えないんです。
クラスがなくなってしまいました。

こういう後輩達がいます。
プレトレーニングのときは元気いっぱいだったのに。
迷子になった小犬のような気持ちになっちゃたのかな?


一緒に勉強した仲間がいつも元気でいられますように。
このエクササイズを面白いと同じ気持ちになったみんなと
いつまでもその思いをシェアできますように。


その気持ちで葉坂さんへお願いした今回のセミナー。
ジャイロトニック、ジャイロキネシストレーナーのかたばかりでは
なかったけれど、きてくださったみなさんはどんなかたにどんなことを
伝えていきたい!がクリアになったはずです。
もちろん、わたしもなりました(*^_^*)
トレーナーという仕事で生きていくすばらしさを再認識できたはずです。


わたし自身は葉坂さんのセミナーを今後も企画しつつ、
ジャイロトニック、ジャイロキネシストレーナーのみなさんと
もっともっと横のつながりをつくり、いつまでもこのエクササイズを
ひとりでも多くのかたにお伝えできるモチベーションをキープできるような
ことをしていこうと思っています。


葉坂さんとの出会いをきっかけに少しずついろんなことが動き始めています。


まだ感想はあるんですが、また別のときに。


2012年06月01日

台湾に行ってきます。

6月ですね。
あっという間に時間がどんどん過ぎていきます(汗)。


6月は、13日から26日まで台湾に行ってきます。
台北で、ジャイロキネシスファウンデーションコースを受講してきます。


講師は昨年、アトランタでお世話になったJuergen Bamberger先生。
一度、彼のジャイロキネシスを受けてみたいと思っていたところ、
台北でコースを担当されると聞き、入れていただけることになりました。
ヨーガン先生のリズムにまた浸れると思うとワクワクです(*^_^*)

台北にある「陽明大学」で行われるそのコースは
台湾の理学療法士さんたちをメインに開催されるそうで
ヨーガン先生も「エキサイティングな経験になるはずだよ」と
参加を歓迎してくださっています。

長期のお休みでご迷惑をおかけしますが、
帰国後、みなさんにたくさんの経験をシェアできるように
がんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。


いつからこんなにひとり旅をするようになったんだろうか?
むうん。


2012年05月31日

自分らしさ。

今週末は鎌倉で葉坂多壱貴さんをお呼びしてのセミナー。
今からかなりワクワクしています。

というのは、前回、葉坂さんと初めてお会いしてお話したこと、
わたしのなかで少しずつですが、動き始めているからです。


葉坂さんにアドバイスしていただいたことを少しずつ
形にしていくことで見えてきたこと。


「自分らしさ」


なにをどんなふうにしたいのか。
どんなかたたちとジャイロトニックをしたいのか。
やっと少しずつ、それがわかってきたような気がします。
ふふ。もうじき45歳なのにね。
あ、45番でした(汗)。


日曜日にいらっしゃるみなさんもそうなるんだろうな♪
ふふ。ワクワクがあふれそうですね。


2012年05月25日

学校でジャイロキネシス!

以前からジャイロキネシスを学校でお伝えすることができたらいいのになあと思っていました。

子供のころからからだの使い方がわかっていれば、
ある程度の腰痛や肩こりが防げるでしょうし、
部活動でのケガも少なくなるのでは?と。


しかも今のお子さん、からだに元気がないのですよね。
なんだかいっつも座り込んでダラーッとしていたり、まあるくなっていたり。

でも、本当は違うと思うのです。
若いみなさんのからだのなかには、みずみずしいエネルギーが秘められているはずなのです。


その証拠に、文京学院大学女子高等学校のサッカー部のみなさんと取り組んだジャイロキネシスでは、とにかくどんどん動くと、みなさんのからだが生き生きとしてくるのがみえました。眠っていたからだが目を覚まし、たくさんの栄養を吸収してのびのびっとしている。その姿は、まるで太陽に向かって咲くひまわりのよう!
そう、そんな感じに変わるのです。


学校の体育や授業ではもしかしたらないかもしれない、背骨の動きや自分のからだを感じるためのセルフマッサージ。少しでも味わってもらって、心身ともにのびのびいきいきできるお手伝いができたらいいのにな。と以前からずっと思っていました。


そのためにはまず先生から?
いや、いきなり学生さんたち?
そのへんまったくわからないのですが、
もしも、もしもです。
「うちでやって−」
「私たちが受けてみたいー」
そんな先生たちがいらっしゃったらお気軽にご連絡ください。
「子供にやってほしいー」
そんなリクエストがあったらいつでも相談してください。


そして、「学校でやることに興味がある!」という
ジャイロキネシストレーナーのみなさんもよかったら
連絡くださいませ。
ひとりでも多くのかたにあの「のびのびっとした気持ちいいからだ」を
提供したいと思ってくださる仲間がいたらいいなと思っています。

さて、今日から東京ではジャイロキネシスプレトレーニングコースを担当します。
そのなかにもいるかな?
学校でジャイロキネシスって楽しそう!と思ってくれる、トレーナーを目指すみなさんが。

2012年05月18日

モチベーション 〜ジャイロキネシス@文京学院大学女子高校サッカー部〜

522263_329171710487193_140518996019133_770478_1042995428_n.jpg

5月16日水曜日の午後、第2回目の文京学院大学女子高校サッカー部とのジャイロキネシスを
担当させていただきました。
この日は教室でのジャイロキネシス。
黒板を背に、なにやらちょっとだけ学校の先生みたい?(笑)で
ちょっぴりドキドキの90分になりました。


春のインターハイ予選で惜敗したメンバーたちですが、すでに気持ちを
切り替えて練習に励んでいるとのことで、プレーのクオリティがあがるための
アドバイスをさせていただきました。
ジャイロキネシスをやっているとこんなプレーができるようになるよ。
ケガをしないでプレーするためにはこんなことに意識するといいよ。


なんとなく頭では「ああ、そうなんだー」と思っていても、
ボールを使っての練習やフィジカルトレーニングのほうが
モチベーションがあがりやすいのでしょう。
ときどき、頭のまわりに「???」を出しているメンバーもいました。


みんなで練習できるようにしつこくしつこく同じ動きを繰り返し、
宿題にしてきました。次回は秋ぐらいかな。
みなさんの「うまくなりたい!」「強くなりたい」の気持ちとつながるといいなと思ってます。

やる気をキープする・・・簡単そうで意外と難しいなと思います。
目標が近くにあればまだしも、先のことだと気持ちがたるんだり、
途中でうまくいかないことがあったりするとかなり萎えてしまいます。


「目指すところを明確に」
萎えないために必要なのはそこなのかな、と思います。
そしてその目指すところも具体的にしておくのが大切なのでしょうね。


こうやって書きながら、自分のあたまのなかを整理しているゆきぷ。
あんなことをしたい、こんなことをしたいと思っていても
うまくいかないと「がふー」と思ってしまいます。
が、目指すところを明確に!
そして、その目指すところを本当に目指しているか・・・自分に問いかけながら
進んで行こうと思います。

文京学院大学女子高等学校サッカー部のみなさんのように!

2012年05月11日

happyでいるために〜わたしがビジネスセミナーを企画した理由〜

わたしはジャイロトニックとジャイロキネシスが大好きです。
自分がレッスンやコースを受けるだけでなく、
お客様にお伝えすることも大好きです。
うまく伝えようとpushしすぎたり、
言葉に頼らないと思って無言になったり・・・
失敗することもたくさんあります。
それでも、やっぱりジャイロトニックとジャイロキネシスは理屈抜きで楽しい!
動いているだけでhappyですし、笑顔になるです。
だから、このふたり(擬人化!)のそばにいることをとてもしあわせだと思うし、
仕事として生きていることがとてもうれしいです。
これからもずっとそばにいて、happyでいたいなと思っています。


単純なワタクシは、トレーナーのみなさんとこの気持ちをシェアできたらいいなと思ったですよ。

あ!お申し込みいただいているピラティストレーナーのみなさまとももちろん「大好きなことでいきていく」ことをシェアしたいと思ってます。ピラティスもセッション受けるのは楽しくて好きなのでね(*^_^*)


そして、わたしのそんな気持ちをわかりやすい形にしてくださるのが、
葉坂多壱貴さんです。
hasaka-san%20NO2.jpg

葉坂さんのお話することは難しいことや自分と遠い話ではありません。
とてもわかりやすく、身近なことばかりです。
大好きなジャイロトニックとジャイロキネシスで、happyに生きていくためののアイディアをシェアしてくださるはずです。

あ、ちなみにわたしが葉坂さんへ今回、お願いすることになったきっかけは
ジャイロキネシスをしているときに「葉坂さん」という言葉が舞い降りたから(笑)。
ときどき降りてくるのですよね、なにかが。ふふ。


みなさんにこの想いが届くことを願いつつ・・・。
葉坂さんからのメッセージです。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

フランス料理を"食べる"ことと、フランス料理を"作る"こと。
そして、フランス料理で"食べていく"こと。

この3つはそれぞれまったく異なる行為です。
ですが、自分自身の分野になると混同してしまっていることが、
私たちトレーナー・インストラクターの場合、多くあります。

「ジャイロトニック・ジャイロキネシスで、自分が動くこと」
「ジャイロトニック・ジャイキネシスを、クライアントに提供すること」
「ジャイロトニック・ジャイロキネシスを、お仕事としていくこと」

フランス料理を食べたことがないのに、フレンチのレストランを開業しようというのはおかしなことに思えます。
それは、お客様に対して不誠実に感じます。
この文章を読んでくださっている皆様は、当然、ジャイロトニック・ジャイロキネシス。
その他ボディワークで、実際に自分自身の心身の変化を感じられた経験をお持ちのはずです。
そんな感動体験があったから、専門家になるべく勉強を始めたはずです。

そして、資格取得に向けて、また資格取得後の学びの中で。
またクライアントが既におられる方は、クライアントとの関係の中で。
「ジャイロトニック・ジャイキネシスを、クライアント(自分以外の誰か)に提供すること」から得た、
また新たな感動体験があったはずです。

ドキドキと胸が高鳴り、緊張で時間感覚を失ってしまった経験をお持ちの方もおられるでしょう。
それでも、そのレッスン(セッション)後にもらえた「ありがとう」やクライアントの爽快感のある気持ち良い表情。
これが、私達のやりがい、生きがいであることは間違いありません。

この先に「ありがとう」が自分の周りにあふれるために、「お仕事としていくこと」が存在します。
単に、別にお金儲けがしたいのなら、この仕事の選択をしていないはずですから。
この日、私がお伝えしたいことは「ジャイロトニックで年収○○○万円」といった話ではありません。
そんなことを、きっとあなたも求めていないと思いますし、私もお伝えしたいとは思いません。

「大好きなことを、自分以外の人たちに大好きだと思ってもらう」ための方法。
その延長線上に、主婦やOLといった普段のお仕事の合間合間に、「大好きなことが仕事に」なっていく。
その先に、あなたが望むのであれば、トレーナー・インストラクターだけで生活をしていくこともあるでしょう。
もしくは、パラレル・キャリアとして、バランスよく人生をより愉しむライフスタイルを見つけるのかもしれません。
どちらにせよ、「選択できる自分」を一緒に作るための第一歩。
その第一歩を「私と一緒に踏み出しませんか?」というお誘いです。

難しいお勉強をするつもりは毛頭ありませんし、そういったものは私たちに役立たないと思います。
1人、3人、5人・・・と自分が大好きなものを提供して、「ありがとう」と言ってくれる人を増やす。
あなたが大好きなものを、あなたの大切な人にも大好きになってもらう。
そんな、私たちの小さな望みを実現するための1日ワークショップを、この日開催します。

                               葉坂 多壱貴


《葉坂多壱貴さんの自己紹介》
私は、とある化粧品会社に勤めるサラリーマンでした。
身体が弱かったことがきっかけでトレーニングを始め、
トレーナーとしての活動をサラリーマンをしながら並行してスタートさせました。
「大好きなことを仕事にしたい」と始めたものの、なかなかお客様は見つからず・・・。
また見つかっても、次回の予約も頂けずにうまくいかない毎日を過ごしていました。

そんな時代から数年が経ち、現在ではピラティスというお仕事だけで生活ができる様になりました。
また、その中での経験を活かして森ノ宮医療学園などの専門学校でも講演の機会を頂戴しています。
以前の私と今の私の「いったい何が違うのか?」について、
その原理原則をパーソナルビジネス・アカデミーという団体を通してお伝えしています。
「誰かの物真似」ではなく、「あなたらしく」あなたが生きるために。
望む未来が近づくためのお手伝いが、当日できればと強く想っています。

2012年05月04日

もうじきお知らせ、ありますよ。

ゴールデンウイークも残すところあとわずか。
わたしは鎌倉で、相変わらずジャイロトニック三昧です(*^_^*)


さて、もうじき2つほどお知らせがありますよ!


ひとつはトレーナーさん向けビジネスセミナー!
を鎌倉で初めて開催します。
講師は関西で活躍中のピラティストレーナー葉坂多壱貴さん。
ピラティストレーナーになって約2年にも関わらず、たくさんのお客様からの絶大な信頼を集める葉坂さん。先月、一度、お話させていただき、「なるほど!」と思うことをたくさん教えていただきました。とにかくわかりやすくお話してくださって、難しく感じないのがよいのです。

自分のやりたいことはわかっているけれど、どうすれば自分らしくできるのかな?
自分らしい仕事のスタイルって?


そんな気持ちのかたをサポートし、アタマのなかをすっきり整理してくださる葉坂さんのセミナー。6月3日日曜日の午後、鎌倉で開催しますよ。ぜひご参加くださいね。もちろん、わたしも参加するですよ!!!!

そして、もうひとつ。
もうひとつはジャイロトニック、ジャイロキネシストレーナーのみなさん向け。
もうちょっとしたらお知らせできるかと・・・。
ただいま、妄想中です。
お楽しみに。

というわけで、ゴールデンウイークも元気いっぱいにこにこぐるぐるですよー。


2012年04月26日

香り。

最近、柔軟剤やお部屋の芳香剤、そして衣類などの消臭剤など「香り」をプラスする
商品がとても多いです。自分が好きな香りは気分があがるし、確かに心地いいです。
お洗濯ものがいい香りだったり、お部屋がいい香りだったり。
わたしもつい最近まで、お洗濯にはダウニーを使っていました。
お風呂上がりのバスタオルがふかふかでいい香りなのはしあわせ♪って思っていたので。


が、やめました。
というのは、こんなことがあったのです。


「先生、ダウニー使ってますよね。それ、ダメなんです」


グループレッスンをした場所で、お客様からこんなふうに言われたのです。
ビックリしました。
え?なんで??
正直、面食らいました。

よくよく伺うと、ご病気をお持ちで、その病気のせいで「化学物質過敏症」になってしまったとのこと。
なので、ダウニーなどの香りで体調を崩されてしまうとのことでした。


スタジオスタッフのかたに相談したところ、
「先生がダウニーを使っているというのはかなり近くに近寄らなければ
気にはなりませんが、そういうお客様、意外といらっしゃるのですよ・・・」
とのことでした。
化学物質過敏症という症状をまったく知らなかったわたし。
自分の無知に悲しくなりました。


翌日からダウニーを使わないことにしました。
そして、そのお話を聞いて、いろんなことを考えました。

CMで「○○の香り」「●●の香り」などとさまざまな商品を宣伝しています。
香りをプラスする商品がどんどん増えています。
でも、今回感じたのは、私自身がちょっと香りに鈍感になっていたのでは?ということ。
自分が好きな香りだから気にならなかったけれど、日々当たり前のように使っていたので
過剰に使用していたのではないかな?と思ったのです。


食べ物のにおい、部屋のにおい・・・。
においには理由があります。
なぜそのにおいなのか・・・自然に起こることは
受け入れたり、窓をあけることで解消するべきだったのでは?と。
「香り」で覆ってしまうことで、自然のにおいに気がつかなくなったら・・・
大切な五感のひとつ「嗅覚」をもっと大切してもいいのかもしれない。
においはサインでもあるのだから。

以来、できるだけ本当の意味でオーガニックな生活をしようと
心がけるようにしています。

お風呂に入ってなかったらくさいだろうし、
掃除をしてなかったらお部屋はにおうだろうし。
そういう自然に起きる「におい」にもっと敏感にいられるように。
と、思っています。


2012年04月18日

ジャイロキネシス@文京学院大学女子高等学校

今日は夕方から駒込にある文京学院大学女子高等学校へお邪魔してきました。
そして、サッカー部とバレーボール部のかたたちと体育館でジャイロキネシスをしました。

女子サッカー部の顧問を務める床爪克至先生にその昔、英語を教えていただいていたゆきぷ。
そう、床爪先生は私の家庭教師の先生でした。


今回、偶然、床爪先生が文京学院大学女子高等学校サッカー部の顧問であることを知り、
かれこれ20年以上ぶりにご連絡させていただき、近況報告をさせていただきました。

「ジャイロトニックとジャイロキネシスというエクササイズを教えているんです。
よかったらサッカー部の生徒さんにいかがですか?」とお話したところ、

あっという間に実現、きょうを迎えました。その期間、わずか20日!!!
すばらしいスピード!床爪先生、niceです(*^_^*)


そして、体育館でのジャイロキネシス。
30名以上の女子高生のみなさんと笑いながら、たくさんたくさん動きました。
いつもはシューズを履いてプレーしているみなさんに足裏のマッサージをしていただいたり、
ジャンプをするときは背骨がこんな動きをするんだよーとかお話したり。
みなさん、目をきらきらさせながら一生懸命、動いてくださいました。
たくさんたくさん笑って、たくさんたくさん動きました。

577655_311039572300407_140518996019133_724547_1842423664_n.jpeg

以前からジャイロキネシスを「学校」で提供したいと思っていました。
学生さんにはもちろんですが、先生がたにもぜひやっていただけたらいいな、と。
体育の授業でやるような運動だけでなく、ジャイロキネシスのムーブメントが日々を心地よく過ごすためのサポートになることを知っていただけたらいいなと感じていました。


自分のからだが心地よくいられるためにできることを
ひとりでも多くのかたが知っていたら、腰痛や肩こりも減るでしょう。
ジャイロキネシスを通じて人間が本来もっているからだの動きを
知ることができたら、痛みや疲れから少しでも解放される毎日を過ごせるでしょう。
そのためには「学校でジャイロキネシス!」。
そんなことができたらいいなーと。


そう思っていたわたしにとって、きょうはまさにその第一歩でした。
女子高生とのジャイロキネシスは初めてで、実はとても緊張してしまい
最初はカミカミでした(笑)。
若いかたたちとのコミュニケーションにも最初はちょっぴり戸惑った部分もありました。


でも、気がつけばジャイロキネシスのおかげで、こころもからだものびのびっとして
終わったときにはみんなenergy upしていました。


これからも少しずつ、いろんな場所でいろんなかたにジャイロキネシスを提供できたら
いいなと思っています。


そして、きょうお邪魔した文京学院大学女子高等学校のサッカー部とバレーボール部。
どちらのチームもすでに強豪として名を馳せていますが、ジャイロキネシスでますます強くなるはずです。彼女たちのこれからの活躍にぜひご注目ください。

文京学院大学女子高等学校サッカー部
※ちなみにこのサイトは私の先生だった床爪先生が個人的に運営しているサイトです。

http://home.c05.itscom.net/fcbunkyo/

2012年04月17日

女子高生とジャイロキネシス!

実は明日、女子高生のみなさんとジャイロキネシスをやることになりました。
女子サッカー部と女子バレー部のみなさんとのジャイロキネシス・・・
実はかなりドキドキしています。


楽しんでもらえるかな?
のびのびっとしてもらえるかな?


ここ数日、あれこれ考えていますが、
考えるとろくなことがないので(笑)、
みなさんのエネルギーを感じたままに動こうと思います。


以前から「学校でジャイロキネシスをやりたい」と思っていました。
若いころにこのからだの使い方を感じ、知っているだけで
大人になってから肩こりや腰痛を防ぐことができる可能性が
広がるのではと思っていました。


それがたまたま、高校時代に英語の家庭教師をしていたかたが
高校で英語を教えていることが最近わかり、そのかたを通じて
今回、こんなチャンスをいただくことができました。


最近、本当にいろんなかたにジャイロキネシスを教えるチャンスに恵まれ、
「伝える」方法を幅広くしたいと痛感しています。

今回もわたしにとっては新しいチャレンジ。


どんなクラスになるのか、どきどきわくわくです。


女子高生のみなさーん、おばちゃんだけどよろしくねー。

2012年04月13日

お待たせしました! やります。内田あやちゃんの「リストラティブヨガ@鎌倉」

先日、わたしが受講したリストラティブヨガ。
とにかくほとんど動かないのに、「ええ!」と思うほどの効果。
これにはびっくりです。
受講の乾燥はこちらからどうぞ。
http://ymt.cside.tv/apps/2012/04/post_509.html


運動が苦手な人でも効果が感じられるうえ、
いつも運動をしていいたり、頑張っている人にも
やさしいのがリストラティブヨガ。


以前から興味津々だったのですが、
ジャイロトニックトレーナー仲間の内田あやちゃんが
ティーチャーになったのです!
となれば、やらずにはいられません。
ということで、5月13日、内田あやちゃんが鎌倉で初クラスを提供してくれることになりました。


ひとりひとり丁寧にその人のからだをみながらガイドをしてもらえる
とっても贅沢なクラス。なので、定員が限られています。
「受講してみたいな」と思うかたはお早めにお申し込みくださいね。

詳細、お申し込みなどはこちらからどうぞ。
http://gyrotonickamakura.com/blog/invitation/648/


鎌倉で日曜日の朝、ゆったりとからだをのばしませんか?

わたしも参加しまあす。


2012年04月11日

丁寧に暮らす、そしてその理由

最近、ちょこちょこ口にしたり、文章にしていること。
「丁寧に暮らす」

先日、スタジオで開催したイベントのレポートにも書きました。
そして、前々回のブログにもちょこりんと触れました。
イベントのレポートはこちらからどうぞ。http://gyrotonickamakura.com/blog/report/640/

今までより少し丁寧にからだを動かせるように
時間をとったり、からだを休めたり。
毎朝、グリーンスムージーを作って飲んだり、できるだけ
自炊するようにしています。

面倒がってシャワーで済ませていたお風呂も
ゆっくり入るようにしています。
そして、竹のブラシで頭皮をマッサージするように髪をとかしたり、
スキンケアは鏡をみて、丁寧にゆっくりと染みこませるようにしたり。


ここにきて、急にそうなったのにはやっぱり理由があります。
実は「老化」。

からだを動かしているせいか、「動く」ということへの老化はまったく感じていません。
でも、ここ数か月、「あれ?」と思うことが多くなりました。

少し文字が見えづらくなった目。
頭皮が固くなって以前より多く感じる抜け毛。
お肌もすごく乾燥するようになってきました。


でも、そこに気がつけたのは、いつも「感じる」ということを
大切にしていたから。
からだを感じることを大切にしていたから、大きく変化して崩れていく前に
気がつくことができたのかなと思います。


あと3か月もすれば45歳。
気持ちもからだもまだまだ若いつもりだけれど、
でも、受け入れて認めていくことも必要なんだなと思った
ここ数か月。


「丁寧に暮らす」

変化に気がつき、その変化を認めながら
つきあっていけるように。
そんな気持ちで、日々を過ごしています。


「アンチエイジング」ってあまり好きでないのです。
年齢を重ねて経てきたこととからだとこころがマッチしている
夏木マリさんのような人がわたしの憧れ♪
やることはやるけど、がんばりすぎない。
そんな感じがいいなー。

さて、45歳目前。
45歳からは年齢は番号にしまふ。
なので、お誕生日を迎えたら「45番」っていいますね。うふふ。


やまもとゆきえ

2012年04月05日

持ってます(*^_^*)

昨日は午後のセッション後、たなかと一緒に東京へ。
「リストラティブヨガ」を受けに行きました。

先生はジャイロトニックトレーナー仲間の内田あやちゃん。
彼女、昨年、サンフランシスコまでティーチャートレーニングを受講しに
行ったのです。

クラスはほとんど動きがなく、4つから5つのポーズをサポートするグッズを使い、
長い間時間をかけて行います。
サポートグッズがあるから、そこにからだをゆだねて、どんどん力を抜くことができるうえ、
力を抜くからスペースや広がりがからだにできやすい。
なので、終わったあとには「関節がない?!」と思うぐらい、からだがしなるような
感覚でした。かたいところと柔らかいところのバランスも整ったし、内蔵も活性化した
感じでした。


以前から気になっていたリストラティブヨガ。
5月にはイベントクラスとして鎌倉でもあやちゃんに教えていただくことが
決定しました。詳細は近いうちにお知らせしますね。


それにしても、わたしってば本当に「持っているなあ」と思います。
それは仲間。
内田あやちゃんもそうだし、日曜日にイベントをしてくれる佐々木美歩さんもそう。
日曜日のイベントでは、なんと!
みやのゆきこちゃんのご紹介のかたからハーブティーを
提供していただけることになりました。これがとってもおいしそう!
ゆきこちゃん、ありがとねー。


自分はまったくたいしたことのない子ですけど、
仲間のおかげで生きています。
みんな、ありがとね。
みんなのおかげで毎日、しあわせです。


2012年03月31日

あっという間に

きょうで3月も終わり。
あっという間に4月です。

毎日、ばたばたしていますが
それでもなんとなくいろんなことが見えてきました。
6月は台湾に、そして7月はドイツに行こうと思っています。
どちらもジャイロトニックとジャイロキネシスのコース。
やっぱりいつもわたしの根っこはそこなのです。


とびきりすごいことはないですが、日々を丁寧に生きるようにしています。
その話も書きたいのですが、また落ち着いたときに。
きょうは4月8日のイベント打ち合わせで茅ヶ崎へ。


そうそう。ハーブは自然のものだからとってもとってもやさしくて
効果もおだやかです。
最近、そういうことがとても大切だなあと思います。
即効性や劇的な変化を求めることより、
おだやかで安全、安心・・・その小さな積み重ねが日々を生きるということなのかな、と。
そういうことをさまざまなことを通じてお伝えできたらいいなと思います。


というわけで、行ってきます。

すごい風だね、きょうは。

2012年03月19日

こころとからだ、ほっこりごはん。〜銀座・三越で明日までです〜

Facebookにアップした写真と内容、明日のおやすみに「こころとからだがほっこりするごはん、食べたいなー」と思うかたにシェアできたら・・・と思います。
よかったらぜひこちらまでどうぞ。明日までです。

http://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=334168576631444&id=100000910374045¬if_t=like

2012年03月02日

ただいま企画ちう→ちょっとハゲたかも(-_-)

あっという間に3月ですね。
ふうー。この間、セバスチャンのコースを受けた気がするのに
もう2か月経ってるなんて!!!
時間が経つのは本当に早いです。


というわけで、4月とゴールデンウイークに向けて、
ただいまいろいろ企画を練っています。
いらしたみなさんとにっこり、ほっこりできるようなことを
したいなと思っています。
楽しみにお待ちくださいね。

こういうときは想像以上にアタマを使っているらしく・・・
先日、髪の毛を切りにいったところ、カットをお願いしているmihoさんから
「ゆきえさん、頭皮がガチガチです!!!」と言われてしまいました。
このままでははげちゃう・・・というか、本当に抜け毛がひどくて
気になっていたので、ちょっぴりへこんでおりまする。くすん。
でも、早めに気がついてよかったです。
ただいま、アタマを使いつつも、頭皮マッサージに燃えております!!


春もそこまできているし、こころもからだもぽかぽかしたいですね。
って、考えているわたしがいちばんワクワクしてますよー。


もうじきお知らせいたします♪
たのしみだなあー。

2012年02月29日

わわっ(;゜0゜)

先週日曜日、海老名でのジャイロキネシスプレコースが終了しました。
ジャイロキネシスの経験が少ないかたたちとのコースでしたが、
みなさんとても熱心で、ホームワークも欠かさずやってくださいました。
6日間終わったあとのみなさんのからだの変化のすごさ!!!
ご本人もですが、わたしもびっくりでした。
集中して動く時間を作ること。
継続すること。
そして、なによりジャイロキネシスのすごさ!!
この3つのすばらしさを改めて実感した、たくさん学んだコースでした。

今週末からは東京。
いつもお世話になっているスタジオナチュラルフローでの
ジャイロキネシスプレコースがスタートします。
コースが終わって1週間も経たないうちにまたコースをスタートするのは
初めて。余韻に浸る間もなく、わわっ(;゜0゜)
ちょっとだけそんな感じもありますが、
それだけコースを担当させていただけるチャンスに恵まれて
しあわせいっぱいですうー。


またジャイロキネシスの旅がスタートするみなさんとご一緒するのですね。
わくわく。
わくわく。


海老名ではメンズが多いコースでしたが、
今回は女性のみ!
どんなコースになるのか、楽しみです。


2012年02月22日

外じゃないです(*^_^*) ジャイロキネシス@鎌倉

2月よりから始まった毎週日曜日10時からの「ジャイロキネシス@鎌倉」。
少しずつですが、お問い合わせや参加してくださるかたたちが
増えています。ありがとうございます。


当初、「由比ヶ浜」と書いたことで
「え?外ですか?」
「この寒いのに外で???」

など、不安に思われたかたからご質問をいただきました。


大丈夫!
外じゃないです!!
とても静かな落ち着いた場所です。
少人数ですから、ゆっくりのんびり・・・ときどきちょっとだけ
がんばる!ぐらいのクラスです。
寒くないように準備してあります。
マットも無料でお貸ししてますので、
お気軽にいらしてくださいね。

3月ももちろんやりますよ。
2月も今週末の日曜日もまだ参加できます。


春に向けて少しずつ冬眠から目覚めるように
からだを動かす時間、作れるといいですね。
みなさまのご参加、お待ちしてます。


あ、ねこちゃんたちがときどき見学に訪れます。にゃ。

お申し込み、お問い合わせは
info@gyrotonickamakura.com
です。

2012年02月20日

「よく食べる!」は元気の秘訣。

海老名でのジャイロキネシスプレコース前半3日間が終了。
そして、きょうはおやすみ♪

3日間のコースは動きっぱなしなので、
きょうはゆっくりおやすみ!!!
と決め込み、お昼は自転車に乗って海沿いのハンバーガー屋さん
「good mellows」へ。
ボリュームたっぷりのフィッシュバーガーとチャイを堪能してきました。
ここはハンバーグもパンも炭火で焼いてくれるのがとても好き!
味はもちろん、かおりも「おいしい」の一部だから。
軽く炭火で温めたパンの香ばしいかおりとたっぷりのお野菜が
嗅覚や視覚をくすぐります。きゃー。


添えられていたサラダやポテトも残さず食べたあとは
自転車に乗ってスターバックスへ。
おやつのソイラテとフルーツロールケーキを買ってきました。
もちろんペロリでござるよ。

「よく食べるね」といわれます。
たしかによく食べます。
28歳・男子たなかとごはんに行くと、いつも同じだけ食べます。
女の子とごはんを食べるとときどき、
「むうん。もうちょっと食べていい?」と聞いてしまいます。


「食べる」は元気のミナモト。
そう思うのです。
そして、おいしく食べられるのは健康だからだと思うのです。


どんなにおいしいものでも、元気で健康じゃなかったら
それほどおいしく感じないのではないかな?といつも思っています。
元気で健康だから、五感もフル稼働するし、「おいしい!!」と思える。
そう思っています。


なので、おいしいと思えるときはその気持ちにしたがって食べてます。
噛んだり、味わったり、香りや色を楽しむことも健康で元気だからこそ
できる「しあわせの感覚」を楽しみながら。


「太らないの?」と聞かれます。
太らないわけじゃないです。
20代のころとは違います。
からだはちょっぴり丸くなってきましたです(笑)。
でも、食べたら食べた分、動く!
動くからおいしいし、おいしいから動く。
このふたつはとっても仲良し。
このふたつを楽しめるからだとこころでいられれば
そんなに極端に太ることはないだろうし、
「からだが重い」と思うようなときは
元気じゃないのでやっぱりあまりおいしくないなあと
思います。そういうときはあんまり食べないのですよ。


じぶんのからだやこころが喜ぶことを
していれば、そんなに無理をすることも
ないのかなと思うきょうこのごろ。

「動く」「食べる」の仲良しさんたちに
「たっぷり寝る!」もプラスしたら、
最高の毎日だなあ♪と思ふ。
実はそんな毎日です(笑)。しあわせー。

2012年02月17日

ジャイロキネシスプレトレーニングコース@海老名

お世話になっている海老名「運動連鎖アプローチ研究所」での
ジャイロキネシスプレトレーニングコースがきょうから始まります。
鎌倉から約1時間でいける海老名。
少しずつ鎌倉を拠点に仕事に広がりが出てきているのを感じます。
新しいジャイロキネシスの仲間と出会えること、
新しい場所でのコース・・・
フレッシュなことがたくさん!!!!


わくわく。
わくわく。


2012年02月08日

元気です♪

2012年が始まったと思ったらあっという間に2月。
その2月ももう一週間が経とうとしています。

ここのところ、すっかりブログを書かなくなってしまっていますが、
実はちょっと「パソコンから離れてみようかな」と思ったことがきっかけです。


スカイプを使っての英会話、仕事のメール処理・・・パソコンから完全に
離れることはとても難しいですが、それでもできるだけ離れて。
そして、できるだけ「自分のからだを感じる」「自分を感じる」・・・
そんな時間を作ろうと思ったのです。

パソコンから離れてジャイロトニックやジャイロキネシスを練習する時間を増やしました。
ひとりで練習する時間を増やしたら、感じることが変わってきました。
自分のためにからだを動かす時間を作り、その時間を大切にすることが
とても大事なことだとわかっていたけれど、それを心身ともに実感しました。


なので、最近、わたしのお客様には「宿題」をお願いしているのですけどね。
みなさんに自分の時間を大切にしていただけますように・・・そんな気持ちを込めて。

というわけで、パソコンから離れてますが、元気です。
いつも通り、にこにこぐるぐるしておりますです。
そろそろペースもつかめてきたし、またボチボチと
あれこれここに書こうと思っています。よかったら読んでくださいね。
そうそう。また楽しいことも考えてますよ。
3月あたり・・・またわたしの大好きな人と楽しいこと、しようかと思っています。
こちらもよかったら♪


というわけで、きょうもわたしは元気です。
みなさんはお元気ですか?

2012年01月21日

社会復帰

2012年はお正月気分が抜ける間もないうちに、
4日からセバスチャンのジャイロトニックファウンデーションコースを
受講していました。それが約2週間。
そして、終わった直後からセバスチャンが指揮を執る「ジャイロトニック認定コース」を
受講。昨日、やっとすべてが終わりました。
きょうから社会復帰(笑)。今までお休みさせていただいたぶん、
がんばります。


昨日の夕方は、ジャイロキネシスのクラスでした。
本格的社会復帰に向けて、ドキドキの第一歩でした。
そして、「あ!」と思ったこと。
動くたびにセバスチャンの声が聞こえてくるようでした。


今まで私が学んできたどのマスタートレーナーともまるで違う・・・
わたしにとってそんな印象だったセバスチャン。
でも、それがわたしにとってとても必要な要素であることは
密かに感じていました。が、最初はなかなか素直に受け取れない自分がいました。


でも、少しずつ少しずつ彼の言葉やハンズオンが私のなかに
入ってくるようになり、今回、彼から学べたことは自分にとって
運命だったんだと思えるようになりました。
自分にまったくない部分・・・でも、この先、自分がジャイロトニックや
ジャイロキネシスを伝える立場にいるにあたって、とても大切なことを
たくさん教えていただきました。

あんなにステキなトレーナーになれるまであと何年かかるんだろう?


そう思うと気が遠くなりそうだけれど、それでも憧れずにはいられない
セバスチャン。学んだことをじっくり焦らず・・・私のなかで消化できたら
いいなと思います。


なので、なにを学んだか、感じたか・・・ナイショです(笑)。
今年はゆっくり学んだことを力にかえられますように!
そのためにはまずは穏やかに、そして落ち着いて。だな。

というわけで、とてもステキなお休みをありがとうございました。
一生忘れられない時間になりました。

2012年01月04日

2012 とんびになる!

あけましておめでとうございます。
あっという間に2012年になっていました。
年末ぎりぎりまでジャイロキネシスプレコース、そして鎌倉での「テルミープラス。
終わったらバッタリ・・・そんな感じの2011年でした。

そして2012年。
明日からジャイロトニックファウンデーションコースを受講してきます。
リテイク第2弾はオーソライズドマスタートレーナーのセバスチャン先生が
指揮を執ります。またじっくり復習できると思うとわくわくです。
と、新年からまたジャイロトニックなんですが。


2012年、「とんびになる!」と思っています。
鎌倉で日々を過ごすようになって、とんびが大空を
風に乗って飛ぶ姿が大好きになりました。
食べものをもっている人間にはとても凶暴ですが、
あの風に乗って飛ぶ姿は本当にかっこいい!

「自由に」
「心地よく」
「思うがままに」


見ているだけでそんな言葉がほほーいとアタマのなかに
浮かんできます。
なので、今年はそんな感じでいこうかな、と思っています。

目標とかないわけじゃないんですが・・・
いつも通り、好きなことを好きなように。
感じたことを感じたようにやりたいな。
そして、におい。
いろんな意味で「むむ、いいにおい」と思った方向へ進んだり、
物事を進めたりしたいなと思っています。
嗅覚を大切にすることは、感覚を信じること・・・強いては自分を
信じることになるから。


いろんなことが起こる毎日だけれど、どんなときでも
自分を信じられる生き方をしたいなと思います。


今年もにこにこぐるぐるしてます。
どうぞよろしくお願いいたします。


やまもとゆきえ

2011年12月20日

引き寄せの法則?

12月4日・・・数週間経ってしまいましたが、
大好きなトレーナー仲間・目黒若菜さんの結婚披露宴でした。
お相手は理学療法士の林亮さん。福岡の武田クリニックで
お仕事をしていらっしゃるさわやかでとてもやさしいかたです。
8月に福岡でプレコースを担当した際に、若菜さんに紹介していただいたのですが
とても感じのよいかたでした。

「大好きな若菜さんがしあわせになるですうー」
そう思っただけで大興奮なゆきぷ。
もちろん、招待していただいた披露宴に出席させていただきました。


が、しかし結婚式や披露宴になると困るのが
服装。
男性のようにスーツ・・・と簡単に決められない上、
ふだんはジャージですから、お出かけ用のお洋服は持ってないし、
だいたい服が似合わなすぎるのです!!!
そして、もちろんお化粧もできません。
ちょっと化粧をすると「ぬり絵じゃないんだから」と言われるぐらいへたっぴなのです。
かといって、知らない美容院にいって
銀座のママみたいにされるのは絶対イヤー、無理ー(涙)!!!


というわけで、いつもはなにもしないでほとんど普段着に
近いワンピースで出席していました。


が、今回はなぜか神さまからのプレゼント?かと思うような
ミラクルが起こったのです。


まず、披露宴の数週間前に開催したジャイロキネシス@湘南スタジオ。
いつもいらっしゃるお客様のお一人が新しいお友達を連れていらっしゃいました。
そのかたがなんと茅ヶ崎に住んでいるヘアメイクアーティストさん!!!
しかもとってもステキで、気が合っちゃったのです。
「披露宴ですか?お客さまとして出席するんですよね。いいですよ、
ヘアメイクやりますよー」


とあっさり快諾してくださいました。
きゃあー。ステキー!!
洋服に合わせてヘアやメイクを考えてくれるとのことで、
お洋服の写メを彼女に送りました。


「うううーん。ちょっと地味ですねえ。
アクセサリーとかストールでなんとかできますかねえ」

???
ええっと、そういうもの、持ってないんです、わたし。


「え? なにも?」
「はい!(きっぱり)」
「ううーむ(悩)」

心配したヘアメイクのかた、出先でなにかいいアクセサリーとか
タイツとか・・・アクセントになるものをみつけたら、連絡しますねとの
ことでした。

そういわれたわたしはちょっとびっくりでした。
「そう?地味?へええー。そうなんだー」
もともと「おしゃれさん」ではないゆきぷ。
過去に「いつも同じものを着ているね」と言われたことは
数知れず。なので、ちょっと悩んでしまいました。


なので、結婚式数日前、ジャイロトニックに来てくださっている
とってもおしゃれなお客様にそのことを相談しました。
「このワンピースを着ようと思ったんですが、ヘアメイクの
かたに地味って言われたんです、どう思います?」と。


「うーん、地味っていうか、それじゃないほうがいいです」


あっさり却下。
うわー、そういわれても・・・と思った瞬間、そのお客様が
こうおっしゃいました。


「わたしが持っているもの、いくつかピックアップして写メで送りますので、
その中の先生に似合いそうなもの、お貸しします」

心配してくださったそのお客さま、
「コートは持っていますか?」
「アクセサリーは?」
「バッグは?」

と、気がつけば、タイツと靴、そしてグローブ以外、
なにからすべて用意していただきました。
しかもワンピースの着方のメモつき。

本当になにからなにまで周りのかたがしてくださいました。
というわけで、ふだんはわたし、自分の写真を出しませんが、
この日、わたしがどうなったか、ぜひご覧くださいませ♪


yukipoo2.jpg

yukipoo1.jpg

別人のようにステキなゆきぷにしてもらいました。
ヘアメイクの美歩さん、お洋服一式を貸してくださったお客さま・・・
足を向けてねられません。
だって、いつも「ぬり絵」と言われていたわたしが
「わー、きょう、とってもステキ!!」って何度もみんなに
言ってもらいましたもん。
花嫁さんの若菜さんにまで「ゆきえさん、ステキー!」と言っていただきました。
ホント、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます♪


数日後、お友達にこの話を一部始終、話したところ
「すごい引き寄せ(笑)」と言われました。
え?そうなの? これが引き寄せなの?。
と、当日が終わってから気がついたゆきぷ。


でも、実はどうやらまた、引き寄せているらしく・・・。

ずっとずっと「この人となにか一緒にしたーい!」と願っていたかたと
お話する機会に恵まれそうなのです。
2回ほど偶然、鎌倉のお店でバッタリ!が、きっかけで
一度、お話を聞いてくださるチャンスにつながったのです。
飲み屋さんに行くのも大事なのだなー。ふむふむ。

こうなったらいいなー。うふふー。えへへー。
と、思っているからかな?
本当にしあわせです。
周りのかた、環境、神さま、仏さま・・・
心からすべてに感謝します♪

ちう。

2011年12月12日

動きを探す。

先週木曜日、ロルファーユキちゃんが鎌倉まできてくれました。
そしてロルフィングのセッション。
またしてもあれこれリクエストして、
いろんなアドバイスをもらいました。


アトランタでヨーガン先生のジャイロトニックファウンデーションコースを
受講したときに受けた、彼の動きに対する衝撃。
緊張のないのびやかな動き。さまざまなところがオープンになっている
その美しいムーブメントに感動し、「あんなふうになりたい!」と
受け続けているユキちゃんのロルフィング。
以前も受けていたけど、ここ数回は本当に「ああ、そうなんだ」とからだで
感じることが増えています。


「おおーっ!」と思ったのが手のひらと足の裏。
今までも感じていたつもりだったし、エネルギーラインは
つながっているつもりでした。でも、ヨーガンの動きを見て
「??? なんかわたし、違うかも」と思っていたことが
ユキちゃんにアドバイスをもらい「ははあ〜ん、なるほどね」と
思ったです。感じていたつもりだったけど、感じようとする気持ちが強すぎたみたい。
足の裏や手のひらが大地とつながろうと感じること、空気を感じること。
感じようとする気持ちが「ちゃんとやらなきゃ」とか
「もっともっと」になっていたみたいで、
相手をはじいていた・・・そんな感じ。
もっとやさしく、相手の存在を知る・・・そのぐらいでいいんだなあ、と。

それがわかったら、動いているときにからだのなかで感じることが
変わってきました。自然にいろんなところにスイッチが入るので、
意識しなくてもつながる、つながる。


「おおーうっ!」→興奮ちう。


たくさんのイルミネーションのついたとっても
きれいなクリスマスツリーがからだのなかにできたみたい。
ちいさなイルミネーションまでもエネルギーが流れて、
全部ぴかぴか光ってる感じになりました。


それと、もうひとつ。
ユキちゃんのくれるアドバイス。


「ゆきえさーん、こおーんな感じ−」と教えてくれることが
とってもとってもよくわかる。
しかもアタマじゃなくてカラダでわかる!のです。
これってすごいかも。


アタマではわかるんだけど、できないんだよねーってことは
多いけど、ユキちゃんの言葉通りやろうとするだけで
またしても「おおーうっっ!」。
からだに自然にスイッチが入ってしまうの。


気がついたらジャイロトニックやジャイロキネシスのクラスで
使う言葉が自然に変わっていくのが自分でわかりました。
からだってすごい。アタマで考えなくても教えてくれるんだ。
ステキすぎる!

なんて書いたものの、まだまだな部分もたくさんあって
今はまだ自分の動きを探している・・・そんな感じです。
いつかはヨーガン先生のようになれるかな?
ユキちゃんをパートナーに、動きを探す旅は続きます。

ひとつ答えを見つけたと思うと、また次の課題が生まれてくる。
いつになっても終わらない格闘があるから、
ジャイロトニック、ジャイロキネシス、そしてからだを動かすことは
面白くてやめられないのです。

2011年12月06日

こっそりお知らせ♪【でも緊急!】

今週日曜日11日の朝10時からのジャイロキネシス@大町会館は
急遽、やまもとが担当することになりました。

朝10時からだしね。
終わったらランチにいきましょー。
となると、やっぱり12月のごはんかな?むきゃ。


というわけで、日曜日の朝10時より
ジャイロキネシス@大町会館、寒いのでバリバリ動きませうー♪
キネシスだけでもOKですし、ランチもぜひ!というかたももちろんOKです。

ぜひご参加くださいませ。

お申し込みはメールでどうぞ。
info@gyrotonickamakura.com

詳細はこちらから。
http://gyrotonickamakura.com/blog/invitation/591/


朝キネシス+

こっそりお知らせ♪【でも緊急!】

今週日曜日11日の朝10時からのジャイロキネシス@大町会館は
急遽、やまもとが担当することになりました。

朝10時からだしね。
終わったらランチにいきましょー。
となると、やっぱり12月のごはんかな?むきゃ。


というわけで、日曜日の朝10時より
ジャイロキネシス@大町会館、寒いのでバリバリ動きませうー♪
キネシスだけでもOKですし、ランチもぜひ!というかたももちろんOKです。

ぜひご参加くださいませ。

お申し込みはメールでどうぞ。
info@gyrotonickamakura.com

詳細はこちらから。
http://gyrotonickamakura.com/blog/invitation/591/


朝キネシス+

歯医者さんから教わったこと。

ちょっとまえ、クリーニングのために歯医者さんへ行ってきました。

「山本さん、虫歯はないし、わりとちゃんと磨けてますが
もうちょっとこんなものを使うとさらにきれいに磨けますよ」
と言われ、紹介していただいたのが歯間ブラシと細かいところを磨く
小さなブラシ。
実は歯並びがとても悪く、それがあご、そしてもしかしたら腰にも
影響が出ているのでは?と歯の矯正を勧められています。
歯医者さんとその話をしたときに、私が真っ先に言ったこと。


「できるだけ、自分の歯を大切にすることを最優先したいです」

私の前歯3本は義歯です。
中学生のときに大きな虫歯になり、歯の根っこを残して
かぶせる形で治療しました。
その後、顔面を壁にぶつけるというあり得ない出来事で
残していた根っこごと歯を折りまして(汗)義歯にしたのですが、
この年になって思うことがあります。


「歯は本当に大切だなあ」


元気に楽しく生きたかったらおいしくごはんを食べることも
大切なことのひとつで、そのために歯はとても大きなカギを握っているなあ、と。


かたいもの、歯ごたえのあるものをしっかり噛み、味わう。
噛むことで口のなかに湧き起こるおいしさや香り立つにおい・・・
おいしさを味わうためには「噛む」は欠かせないのです。


そう思ったらその役目を果たしてくれる歯は生きるための大切な同志。
大切にしなくちゃ!
そう思うようになりました。
もちろん、歯間ブラシなどなど購入して、日々、時間をかけて歯磨きしておりますです。

そうすると、不思議なもので、なんだかほかのところも
大切にしたくなってくるのですよね。
たとえば髪の毛もそう。
もう若くないので(笑)いつ薄くなってきてもおかしくないし、
もともと髪の毛が細いから大切にしないとね♪と思い、
シャンプーなどを思い切ってオーガニックのものにしました。
皮膚から入ってくるものは血液にそのまま入ってからだへつながるという
お話を聞いて、ちょっと怖いなと思ったのもあるのですが。

ふと、とても自分を大切に、生活していることに気がつきました。
自分を大切にする・・・実はとてもいいことなんですよね。
自分を大切にできないのに、周りの人やほかのかたを大切する余裕が
ある・・・そんなことってないですもんね。


歯医者さんから教わった「自分を大切に」すること。
みなさんはご自身を大切にしてますか?

2011年11月21日

つながる、つながる。

昨日の日曜日は、朝から茅ヶ崎でジャイロキネシスでした。

今年5月にファウンデーションコースを受講されたかたと
数年前に私のプレコースを受講してくださったかたと、
参加者の大半がジャイロキネシストレーナーさん!のクラスでした。
トレーナーさんの参加はちょっぴり緊張しますが、
でも、とてもありがたいことだと思います。
一般のお客様に呼吸やリズム、流れなどふだんよりも感じていただけるとてもいいチャンス!
昨日もたくさんサポートしていただけたクラスになりました。

トレーナーさんたちに参加していただくと
クラスを通じてジェネレーションの違うトレーナーさん同士の
交流のチャンスになるのもうれしい!!
個人事業主だし、ふだんはなかなか交流するチャンス、ないですもんね。
昨日もクラス後、みなさんでランチ。
とても楽しい時間になりました。


午後は今年、札幌で吉田尚美さんのジャイロトニックファウンデーションコースを
受講したアプレンティストレーナーさんお二人が鎌倉までセッションを
受講しにきてくださいました。
来年1月の認定コースに向けての復習会。
お二人ともとても熱心!
質問もたくさんもっていらっしゃいました。
一生懸命、きちんと教えているから、質問も出てくるのだなーと
お二人とのセッションを通じて感じました。


というわけで、昨日はジャイロキネシスやジャイロトニックの
コースを受講してくださったかたたちとのいちにちでした。
ジャイロトニックのおかげでわざわざ札幌から鎌倉までいらしていただけたんだと
思うと、ジャイロトニックに感謝の気持ちでいっぱい!!!
足をむけて眠れません(笑)。

そうそう。
前日の土曜日も豪雨の中、ジャイロトニックアプレンティストレーナーさんが
新潟から新幹線でいらしてくださり、2時間セッションを受講してくださいました。
ジャイロトニック、そしてジャイロキネシスのおかげでたくさんのかたと
つながりができてるなーと最近、とても実感します。


この実感を大切に、トレーナーさんたちとはもちろん、
もっといろんなかたとつながっていけますように♪
と思っています。
好きなことを一生懸命!
そうしていると、こういうステキなつながりの恩恵もあるのねと
ほっこりしておりますですよ。


きゃっほう。
つながる、つながる。

2011年11月20日

なると屋+典座

金曜日、大好きなごはん屋さん「なると屋+典座」に
お昼ごはんを食べに行ってきました。
夏にかぼちゃのスープを飲んだ記憶があるので、
2か月ぐらいご無沙汰してしまったかも。
タイミングが合わず、なかなか行けなかったのですが
やっと「11月のごはん」を食べることができました。

securedownload.jpeg

主菜はひじきの春巻き。
春巻きの上にはさっぱりとお酢で味つけられたにんじんたちが
色鮮やかにあしらわれていました。
2つを一緒にくちに入れるとにんじんの歯ごたえやすっぱさと
ひじきの深い味が混じり、
ひとつずつ食べたのとはまたひと味違う、新しい味になりました。


ひじきの春巻きを見て

「きゃあ!黒い春巻きだあ」とびっくりしましたが、
食べてまたびっくり!すっぱさがプラスされると
ますますひじきの深みが増すのだなあ、と。
お味噌汁もゆずの風味となんだか少しだけとろんとした
食感。なんだろう、あの感じ。ねぎのとろみかしら?


食べるたびになんどもびっくりしてしまう、
なると屋さんのごはん。
でも、そのびっくりがいつも「やさしい」。
威圧したり、「どーだ!」みたいな感じがまったくない。
とってもおいしいし、意外性があるお料理ももちろんあるのに、
全然いばった感じがしない。
それってすごいなあといつも感心してしまいます。


「こんなにおいしいんだぞー」
「こんな料理、思いつかないでしょ−」


自分が「すごい!」と思えることを人に伝えたくなるのは
当たり前なのだけれど、その伝えかたってとても難しい。
なので、なると屋さんに行くといつもそのことを教わります。
本当に感じてもらいたいことは、もしかしたらひっそりやさしく・・・
ないしょばなしみたいに。なんだな、と。

やさしい味がするなると屋さんのごはんから
いつもいろんなことを学んでます。
ありがと。


2011年11月16日

妄想なう。

2週に渡ったジャイロキネシスプレトレーニングが
無事、終わった・・・と思ったら、突然、とても寒く
なりました。12月がそこまで来ているのだから、当たり前ですよね。
元気に動けるからだを作るべく、おいしくたっぷり食べています。


さて、12月と1月はワクワクする企画をみなさまに
お届けしようと思っています。
こころもからだもほっこりするような楽しいことを
みなさんとシェアできたら・・・そう思って妄想してます。
もう少ししたらご案内できると思います。


そして、来年!
やりたいこと、あるんですー。
でも、「この人と一緒にやりたい!」と思うかたが
いて、そのかたとご一緒したいのです。
というわけで、ご一緒していただけるようにこちらも
妄想なう。
大丈夫、大丈夫。ワクワクすることは実現するってことだから。


こころとからだはとってもなかよし。
どちらもげんきがいいにきまってる。
だから、うれしいこと、たのしいこと、おいしいこと、
たくさんたくさんするんだよー。ねー。


2011年11月12日

ぽかーん。

一昨日、ロルファーユキちゃんのロルフィングのセッションを受けました。
そのときユキちゃんと話したこと。


「本当に一本、通っている人の動きってぽかーんとしちゃうよね」

ジャイロトニックやジャイロキネシスで言うところの5th line。
エネルギーラインがスウッと通っている人の動きは
「あそこが○○だね」とか「あれが××だね」とかいう次元ではなく、
あまりの美しさと圧倒される存在感にただひたすらぽかーんとしちゃうよねと
いう話をしました。


うんうん!
そうそう!!

そう思って、思い出したのが9月にアトランタで受けた
ジャイロトニックのファウンデーションコースでした。


マスタートレーナーのヨーガン先生がハンドルのエクササイズ
「シングルスパイラル」をデモンストレーションしてくださいました。
そのとき、受講者全員がまさしく
「ぽかーん」
だったのです。
その美しさは今でも忘れません。


「エクササイズを伝える」


私はいつもそのことをとても大切に思っています。
私は治療はできないし、もちろん医療従事者ではありません。
ジャイロトニック、ジャイロキネシスを提供するエクササイズトレーナーです。


だとしたらこの
「ぽかーん」になるべくして努力していくのが
わたしのすべきことだよね。


動きを説明すること。
的確なハンズオンができること。
そういったこともトレーナーとしてとても大切です。
でも、お客さまが「ぽかーん」としてしまうような
美しい動きができるってもっともっと大切なのではと
感じました。

そう思いながらきょうもジャイロキネシスプレコースへ行ってきます。
動きのクオリティにこだわりながら。

2011年11月10日

日々を生きる。

11月もすでに10日が過ぎてしまいました。
本当に2011年も残りわずかになってきましたが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
わたしはいつも通りとても元気です。


鎌倉でのジャイロトニックプレトレーニングを10月末に無事終え、
現在は古巣ナチュラルフローでジャイロキネシスのプレコース中。
あとはのんびり・・・鎌倉でお客様とセッションをして過ごしています。


実は最近、自炊を始めました。
スタジオに泊まっているときは
においがつかないようにスタジオで料理をしないように
していたのですが、鎌倉にお部屋を借りたこともあり、
ちょこちょこと簡単な料理をするようになりました。


料理は上手じゃないのですが、作るのはとても楽しい!!
なので、あれこれ考えて作るのがストレス解消になってます。


それともうひとつ。
自炊をしていたアトランタでも思ったのですが、
「日々を生きる」ってとても大切なことなんだな、と。

自分の目に見えるものを使って自分の口に入れるものを
作る。シンプルだけど、この確かなことを毎日することが
「生きる」ってこと。


お金と食材を交換して、手に入れた食材を自分の手で自分の
好きなかたちに変えていく。
うまくできてもできなくても、自分でやっているからこそ
得ることができる「安心」や「実感」そして「楽しさ」って
とてもいとおしいなと思うのです。


好きなものを好きなだけ食べ、
からだを動かすことを楽しみ、
天気のいい日は由比ヶ浜で、
のんびりごろごろおなかにおひさまをあてて日光浴。


特別なことはなにもしてないですが、
ねこのようなこの生き方はとても心地よいですだ。

日々を生きるって特別なことじゃないことを
大切にするってことなのですね、きっと。


2011年10月29日

アウトプットが教えてくれること。

鎌倉でのジャイロトニックプレトレーニングは、
きょうから後半3日間がスタートします。


アトランタで学んだことがわたしにとって
とても大きく、新しい感覚だったことを
実感した前半3日間。
アトランタで学んだヨーガン先生から、
こころのこもったgiftをたくさんいただいたことを
改めて感じました。
からだのなかにも。ことばのなかにも。

なので、あんなふうになれますように!と
ヨーガン先生をイメージしながらコースを進めました。
ジャイロトニックの楽しくてわくわくするコンセプト。
その面白さや生き生きしたエネルギーをシェアできますように・・・
そう思いながら進めた前半3日間のうえに、
後半3日間の振り付けが積み上がっていきます。
きょうから3日間は、前半が受講者のお二人のなかに
どんなふうに根付いているのかを感じる時間。
楽しみとドキドキが入り乱れています。

楽しいだけではないけれど、
でも楽しさという土台がなければ
続かない。
そう思うと、プレトレーニングがいかに大切かを
実感せずにはいられません。
ジャイロトニックが大好きじゃないとできない!
プレトレーニングを提供できて本当にうれしいです。


今週末が終わると、今度は東京でジャイロキネシスプレコースを
担当します。
インプットとアウトプットの繰り返しで
ますますジャイロトニックやジャイロキネシスが
からだに染みこみますように!
と願ってます。


にゃー。

2011年10月20日

ジャイロトニックプレトレーニング@鎌倉

明日からジャイロトニックプレトレーニング@鎌倉が
始まります。
今回は鎌倉で初めてのグループプレ。
来年開催されるファウンデーションコースに参加されるかたたちと
一緒にジャイロトニックを学びます。
アトランタで学んだことをアウトプットするとてもいいチャンスに恵まれ、
とてもうれしいです。アトランタでお世話になったヨーガン先生からも
昨日、長い長いステキなメールをいただき、ほっこりしてます。
(が、読めない・・・)


鎌倉でスタジオを始めて2年が経ち、やりたいと思っていたことが
本当にひとつひとつ形になっていくことに驚いています。
湘南地区でのジャイロキネシス、ジャイロトニックプレコース開催、
国内外から先生をお呼びしてのコースやイベントクラスの開催、
そしてお客様とのスタジオを飛び出しての楽しいイベント。
わたし自身は鎌倉での生活拠点を持ち、ジャイロトニックトレーナーとして
さらにその先を目指し始めました。

こうやって書いてみると、すべていろんなかたに助けていただいた
おかげだということがわかります。
と同時に、どれをとっても「無理」と思ったことはなかったなあ、と。
アトランタに一人で行くときに「英語が無理!」と思いましたが、
でも、行くと決めてからは本当に日々、欠かさず英語に触れることだけは
したなー。
(なのにできないけど)
余計なことを考える前に「まずやる!すぐやる!とにかくやる!」子なのでちゅ。

朝、とんびが「ぴー」っと飛びながら鳴く声で目を覚まします。
とんびは食べ物を持っているときはとてもとても凶暴で
「がぶーっ」と言わんばかりに食べ物を奪いかかってきます。
その怖さはハンパじゃないのですが、でもわたしはとんびが大好きです。
気持ちよさそうにfigure 8を描いて飛ぶ姿、ピーという口笛のような声。
強くて元気でかっこいいなーと思います。
ジャイロトニックやジャイロキネシスをしながら、あんなふうに気持ちよくいられたらいいな。

とんびをみるたび、そう思います。
きゃー。
食べ物に「がぶーっ」がゆきぷに似てるって言わないでえ。


というわけで、明日からわくわくのプレコースです。なのだ。


とりとめのない文章だな、こりゃ。

2011年10月18日

Brush up〜 強力サポーター rolfer yukiちゃん登場!〜

アトランタから帰国してあっという間に半月が過ぎました。

コースで感じた自分に足りないこと。
ステップアップするためにやるべきこと。

来年1月に受講するコースに向けて
できるだけクリアにしておきたいなと思い、
アトランタ滞在中からbrush up計画を練っていました。

ハンズオンやセッションの仕方は日々のお客様との
セッションのなかでクリアにしていこう。
なにより、自分が動くこと、もっともっと練習しよう!
単に気持ちいい、楽しいだけで終わらず、
内側からジャイロトニックを体現できるからだに
なれるような練習をしよう。

そんなことを考えていました。
とはいえ、自分だけではクリアにできない部分もあります。
そこで、スーパーサポーターとしてrolferの小鹿有紀ちゃんに
からだをみてもらいながら、自分のイメージするからだを
作っていこう!!
アトランタから仕事でハワイにいたユキちゃんに
メールをしたところ、快諾していただきました。


というわけで、昨日、ユキちゃんとその第一回目のロルフィングでした。
忙しいにもかかわらず鎌倉まで来てくれたユキちゃんに
アトランタから気になっていた胸椎、肩周り、首周り・・・
いや、ありがたいほどいろいろみてもらいました。


セッションを受けている間、子どもの頃に触られるのがイヤだと思っていた
のど元のあたりやつながりづらい左腕、いつも「ここが動いてない」と感じる
首のつけ根など、ユキちゃんに触ってもらうとそこにさまざまな感情があるのを感じました。
なんだろう、あの感じは。
寂しがり屋の一人っ子だったらこんな感じなのかな?というような感覚。
そして、動いて楽になるとその感情がとても自然に溶けるように消えていくから不思議。
思わないようでいて、苦手なパーツにはネガティブな感情があるんだなあと感じました。
もしかして自分がそこを責めていたのかも。


そして、終わった後に思ったこと。
できないことがいっぱいだなあと。
でも、できないことは「できるようになる可能性」なのだなとも。
可能性を楽しみながら、ひとつずつクリアにしていけたらいいなと思います。
しかしさあ、英語もジャイロトニックも王道はないのだね。とほほ。

とにかくひたすらやるべしやるべし。
ユキちゃんというサポーターがいて、本当によかったです。
しあわせー。


2011年10月11日

ワクワクさん!

昨日のティップクロス渋谷でイベントをしていた最中、
黒いサングラスでちょっぴり怖そうな雰囲気の男性が
スタジオの外から手を振っていました。

「あ!」

レッスン中にもかかわらず、うれしくて思わず手を振ってしまいました。

わたしと貴幸君のイベントクラスのあとに
レッスンをする予定だった岩沢陽介さんが
手を振ってくださったのです。


実はわたしと鈴木貴幸くんは岩沢陽介さんのエアロビクス養成コースを
受講した「同窓生」。だから仲良しなのかどうかはわかりませんが、
わたしも貴幸くんも岩沢先生から学んだからこそ、安全性やからだの使い方に
こだわったイベントやクラス提供をしているといってもいいと思います。


特にわたし自身はもしも、岩沢先生に学ぶことがなければたぶん、ジャイロトニックには
出会っていなかったと思います。


エアロビクスインストラクターになって1年を過ぎたころ、
ティップネスで「キックシェイプ」というクラスに参加しました。

右側から行う動作はたくさん練習するのに、左側からやるときは
「右と同じです」とあまり練習せずにやっていた当時、
「左右差が出そうでいやだなー」と感じていました。
そのとき、仲良くしていたエアロビクスのインストラクターのかたから
こんなことを教えていただきました。


「岩沢陽介さんの格闘技系レッスンは左右均等に使うし、ひと味違うよ」


その言葉を聞いて、すぐに受講しに行きました。
そして、技術と知識の高さと仕事に対する情熱に
心を打たれ、すぐにキックボックス養成コースとエアロビクスの養成コースを
受講することにしました。
同時に、当時、岩沢先生が支配人をしていたフィットネスクラブで
トレーナーとしてのアルバイトも始めました。


トレーニングを指導していただいている際に
言われたことは今でもいっぱい覚えています。
「肩胛骨をもっと動かせるといいね」という
アドバイスからジャイロトニックを受けることにし、
ロサンゼルスまで研修を受けにいったのが2002年。
アルバイトをかなりお休みしなくてはならないのにも
関わらず「ロサンゼルスにジャイロトニックのコースを受講しに
行きたいのですが」とお願いしたわたしに岩沢先生は
「行っておいでよ。どうせとめても行くでしょ、山本さんは」と
笑ってOKしてくださいました。
あのときOKしてもらってなかったら・・・・と思うと、本当に
岩沢先生には感謝せずにいられません。

トレーニングの知識だけでなく、
食事への気遣い、トレーナーとしての心得を
学んだのも岩沢先生からでした。

一時は支配人をしていたフィットネスクラブをお辞めになり、
苦労しているようなことを風の噂で聞きました。
が、そのときも岩沢先生は自分が思ったこと、やりたいことしか
やってなかったんだろうなと感じました。


というのは、昨日、何年ぶりかにお会いした岩沢先生が
とってもとっても生き生き、そしてワクワクしていたからです。


子どものように生き生きとして、そして楽しそうにスタジオに
いらした岩沢先生。実は涙が出そうでした。

「強くて明るくてかっこいい!」


岩沢先生はそのものでした。

今、岩沢先生は日本でTRXという新しいトレーニングを
普及するために活動していらっしゃいます。
でも、それも「楽しくて大好きから」やっているんですよね。
もちろん、ティップネスでプログラム開発を担当していらっしゃる
「ファイティングラッシュ」も楽しくて大好きだからやっているのが
わかります。

昨日のティップクロス渋谷でのファイティングラッシュ。
男性の受講率、すごかったです。
あれだけ男性が受講したくなるクラスをできるインストラクター、
おそらくいま、あまりいないのでは?と思います。


技術はもちろんですが
強くて明るくてかっこいい!生き様がレッスンから伝わってくるのが
外からのぞいていてわかりました。


いつまでもわたしにとって心の師匠です。
岩沢先生は。

無事、終了しました(^_^)v

土曜日からの3連休にあわせて
イベント続きでしたが、昨日、無事に終わりました。

まずはみやのゆきこを巻き込んで(笑)開催した
「ノリノリノルディックウォーキング」。
前日夜は雨が降っていた鎌倉でしたが、
夜が明けてみると快晴!
大町会館でのジャイロキネシスは心地よい風のふくなかで
のんびりとゆっくりと動きました。
そして稲村ヶ崎からスタートしたノルディックウォーキングも
丁寧でやさしいゆきこさんのガイドのもと、みなさん
稲村ヶ崎〜長谷〜大仏コース〜銭洗弁天とたっぷり歩きました。
途中の御霊神社で地元のかたからいろいろ教えてもらったりしながらの
のんびりウォーキングで参加したみなさんが仲良しに!
鎌倉野菜とこだわりの食材でおなじみの「Life Force」さんでのごはん会では
ごはん会だけ参加したかたたちも混じってとても楽しい時間になりました。
ごはんもとってもおいしかったです。

そして昨日。
ティップクロス渋谷で鈴木貴幸さんと一緒に担当させていただいた
「スタビリティー&モビリティー」のイベント。
貴幸さんと一緒にレッスンをすると、本当に勉強になります。
お客さまへの配慮や言葉のかけかた、そして事前の準備の丁寧さ。
とても勉強になりました。
詳しいことはこちらからどうぞ。
http://ameblo.jp/suzuki-ta/entry-11043602424.html


しかし、2つのイベントをやってひとつ、気がついたこと。
あれ?いつからこんなふうになったんだろう、自分?


それはおいおい書きますですよ。


ティップネスのイベントクラスのあと、とっても
ステキな「ワクワクさん!」にお会いしました。

その話もまた書きます。


夜は仲良しの海老沢ちづちゃんと津田妙子ちゃんとごはん。
インド料理を食べてたくさんたくさんお話してとても
元気になり、イベント続きのすばらしいエンディングに
なりましたです。


2011年10月06日

お引っ越し。

実はアトランタに行く前にお引っ越しをしました。
といっても、ダンナちゃんはもちろん東京に住んでいますので、
東京のお家はそのまま。


以前からスタジオで寝泊まりするのをやめようかなと
思っていたところにひょっこり現れたステキな物件!!!
というわけで、気がつけばそこに住むことになっていました。
本当に不思議なもので、「こうなったらいいな」とシンプルに思うと
そうなるものなのですね。


というわけで、アトランタから帰国してから
わたしはスタジオから徒歩5分の由比ヶ浜で日々、生活しています。
スタジオまで歩いて行ける距離は本当に心地よく安心。
onとoffの切り替えがしやすくなり、自炊も出来てとても快適です。


休憩時間も有意義に過ごすことができるようになり、
生活のリズムもできてきました。


そして思うこと。
やっぱり鎌倉が好きだなあ、と。
東京のほうが仕事はしやすいかもしれないし、
お客様もたくさんいらしてくださるとは思います。
でも、わたしは鎌倉が好きです。
太陽と一緒に暮らせるこの街が。


大好きな鎌倉の大好きなたい焼き屋さん「なみへい」さんのブログ。
よかったらどうぞ。
http://tainamihei.exblog.jp/13756932/

2011年10月01日

ああ、やっとわかってきた。

ここ数か月、自分の内側と格闘して
「そうか、ああ、やっとわかってきた」と
思ったこと。


やっぱりすべては愛なのだ。


愛から動く。
あいうえおだって「あ」「い」から始まるし。


いろんなことがあるけれど、
いつもベースが愛だったら
なにも怖いものも恐れるものもないんだね。


ほんのちょっとだけど、わかりました。


帰国しました。

無事、昨日の夜、アトランタから帰国しました。
飛行機でまどろみながら帰国したせいか、今回はわりと元気。
今宵、ジャイロキネシスのクラスからまたがんばります。

あんなに毎日、英語に触れていたのに帰ってきたらあっと
いう間に日本語モードになるもんですね。
もっと英語に触れる時間、作らなきゃ。


きょうから10月。
秋の風とにおいを感じながら
おいしいものをたくさん食べて、
いっぱいにこにこして
たくさんたくさん動こうっと!


今月もどうぞよろしくお願いいたします。


やまもとゆきえ

2011年09月29日

Over! 〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1@アトランタ〜

アトランタで受講していたジャイロトニックファウンデーションコースが
無事、終了しました。行く前は参加できないかも!と大騒ぎしていたのが
うそのように、穏やかに日々、受講することができました。

英語は全然わからなかったのですが、途中からヨーガン先生や
みんなの言い方をまねしたり、間違いを怖がらずに英語とハンズオンを
合わせて伝える努力をしました。
もちろん、間違いだらけでしたが、みなさん、気持ちよく受け入れてくださいました。


最終日のランチタイムはみなさん、お料理やお菓子をもってきての
パーティーでした。
スタジオが入っているビルの2階にあるオープンテラスでサラダやいろんな
食べものを広げてのパーティーは、まるでピクニック!!!
通りがかるショッピングの人たちから羨望の眼差しでした。

そして、コース終了後は、今回のコースでマスタトレーナープログラムが終了した
Dawnとステイ先のKatarinaとオープンカフェで飲みました。
酔っぱらっていたせいか、なんとなく英語もわかったような・・・
夕日のなかで酔っぱらいながら3人で笑い転げました。


不思議なのですが、ステイさせてくれたKatarinaの英語はどんなときでも
とてもよくわかりました。
彼女がチェコスロバキア育ちで、英語圏の人ではないからなのかも
しれません。ごはんを食べに行ってもお部屋でのサポートも本当に
すばらしく、彼女あってのアトランタでの日々でした。

これからパッキングして、明日の朝、アトランタを発ちます。
本当にすばらしいコースとすばらしい時間をありがとうございました。
私に関わるすべてのかたに心から感謝します。

本当にありがとうございました。


この経験をさまざまな形で、多くのかたとシェアできますように。

やまもとゆきえ

2011年09月25日

旅の始まりに〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1@アトランタ〜

アトランタでのコースも残り4日間。
前半の6日間はとても長く感じましたが、
後半に入ってからは時間がとても短く感じます。
英語をできない私を受け入れてくれているのを
感じられること、私自身もみんながどうやって教えているのかを
みて、少しずつだけど英語で伝えることに慣れたのもよかったのかも
しれません。


アトランタでのコースに〜その1〜とタイトルをつけましたが、
これから先、この旅はまだまだ続きます。
アトランタはその始まり。
こっちに来る前はあれこれ考えていて、
来ない選択もあったのでは?と思うこともありました。
が、こうやって実際にやってみると、やっぱり来て
よかったなと思えるから不思議です。
こうやって旅を続けていくんだろうな−。

そして、こっちに来る前は
なんだかうまくいかないことばかりのような
気がしていたのが、こっちにきて自分ではなにもできない
状況に追い込まれたとたん、あれこれ滞っていたことが
クルクル回り始めました。
まるでこの旅を心から祝福してくれるかのように
いろんなことが動き出しました。
なんだか居場所が変わるのかな?
そんな感じです。

というわけで、来年夏のドイツ行きが決まりました。
って、それだけなんですけどね(*^_^*)
念願かなっての切符を手に入れ、アトランタでほっこりしております。


さて、きょうもにこぐるしてくるぞー。

2011年09月23日

ジャッジをしない。そして自分から動く。

今回、アトランタに来る前から自分のなかの大きなテーマになっていること。
それが「ジャッジをしない」ということでした。


自分に対してはもちろん、自分以外の人に対してもそうありたい!と
ここ数ヶ月、とても強く思っていました。
が、思えば思うほど、ジャッジしないことの難しさに直面していました。


たとえば苦手なことに向き合うとき。
なぜか失敗するときは同じような状況や繰り返しになっていて
そのときの言い訳ってジャッジしているんですよね。
「だって○○なんだもん」って。

たとえばセッション。
受講者のかたのできないところに気がついたら
シンプルにそのかたができるためだけのサポートを
できるようになりたいと思っています。
が、それが難しいところ。
なにかができないことには理由や原因があります。
そこを「ジャッジしない」ことは簡単そうでとても難しいのです。


数ヶ月前からそのことが気になり、
人間としてはもちろん、トレーナーとして人をサポートする立場に
なるためには「ジャッジする」ことを手放す必要があると思うようになりました。
そうしなければ人をサポートすることはとても難しいし、サポートしてもらった
人もhappyにはなれないと感じるようになりました。

そしてアトランタ。
アトランタにきて、「ああそうか」と気がつきました。
ジャッジしていた自分はいつもなにかのせいにしていたことに。


「だって○○だからできない」とか
「××だから難しい」とか。


なにかのせいにするのではなく、
自分から動き出す。
そうしなければジャッジし続け、
なにも変わらないことに気がつきました。

わりとなんでも自分でやるほうだと思っていたんですが、
そういうことだったのね・・・みたいな。
44歳にもなってとほほですね。
でも、遅いかもしれないけれど気がつけてよかったです。

今までの習慣があるので、なかなか難しいことだけれど
ひとつひとつ自分から動くこと、
これから先、楽しみながらゆっくりできたらいいなと思っています。

ジャイロトニックもジャイロキネシスも仕事です。
でも、いつどんなときもわたしの選択の基準は
「ワクワク」なのだと大きな声で言えるように!


そんなことをアトランタの空の下で考えてます。


Day off! 〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1@アトランタ〜

アトランタで受講しているジャイロトニックファウンデーションコースも
前半の6日間が終了、昨日はお休みでした。
一緒に受講しているDianneからランチに誘っていただき、ご主人とご夫婦の
お友達4人で近所のHoustonsへ。
Dianneはアメリカ人、ご主人はイタリアン、お友達はメキシカン、そして日本人の私。
国際色豊かなテーブルで、アーティチョークのグリルを食べました。
グリルは生まれて初めて食べましたが、おいしいのねー。ビックリ!
グリル料理で人気のあるレストランで、ランチでも行列ができていました。


ランチのあとDianneはわたしをショッピングセンターへ連れて行って
くれました。車がないと生活しづらいアトランタ。
とくに私が泊まっているBuckheadは住宅街なので車がないと生活できません。
スタジオへの往復もDianneをはじめ、一緒に受講している仲間たちがサポートを
してくれているので成り立っています。


ショッピングセンターでは彼女のお気に入りの「Target」というアウトレット
ブランドやルルレモンなどに連れて行ってもらいました。
でも、何を買っていいのかわからなかったゆきぷ。
「Cute!」と興奮するだけで帰ってきました。


数日前、ステイ先のKatarinaとごはんに行ったとき、
「絶対に食べたほうがいい!」と言われたピスタチオのアイスクリーム。
ショッピングの帰り道、その話をDianneにしたところ
そのまま、そのアイスクリームを売っているFresh marketに連れて行かれました。
というわけで、買ってきたんですが、
なんせ大きい、大きい!
あと6日間で1パイントのアイスクリーム、とても食べきれないです。
こっちにきてますますベジタリアンになっているし、乳製品もパンぐらい。
果たして食べられるのか、おれ。


そんなお休みでした。


さて、きょうから後半6日間。
どんどん動く後半。
すごく丁寧に進んだ前半にくらべ、後半はどんな感じなのかな?
ワクワクです(^_^)v


2011年09月19日

時差ボケと格闘なう。〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1@アトランタ〜

ゆきぷ@アトランタはただいま夜の10時前。
眠くて眠くてしかたないのですが、ベッドに入ると
眠れません。あるいは寝てもすぐに目が覚めます。
時差ボケでしょうか?
あるいはステイ先での慣れない生活に緊張しているのでしょうか?
それほど繊細じゃないと思うのですが。


コースは3日目が終わりました。
少しずつティーチングも難しくなってきています。
が、いちばん大変なのは毎朝、最初にやるspinal motion.
動きや呼吸はまだ説明できるのですが、足と骨盤の関係を
英語で説明する今朝は凍りつきそうになりました。
しかも、最初にデモをしてくれるマスタートレーナー・
ヨーガンの説明のすばらしいこと。そうそう。これが学びたくて
ここまで来たんだ!と思わずにはいられません。
だから一言も聞き逃さないように!と思ってます。
でもでも、英語なんだもん。ぷう。
ぬううううー。半分ぐらいは理解できているのかな?
よくわからないけど、とにかくどんなに小さな疑問でも
ヨーガンにしつこく聞いてクリアにするようにしています。


まだ波に乗れなくて緊張しているのかな?
基本は順応性だけで生きている子なので、
あと数日もすれば「アトランタの子になる!」と言わんばかりに
なじんでくるかと思います。
それまではちょっとだけ・・・自分に優しくしてあげましょなんて
思ってます。


明日はどんないちにちかな?
だんだんエクササイズの種類も増えてきましたーっっ!


2011年09月17日

コースがスタートしました。〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1@アトランタ〜

きょうからコースがスタートしました。
受講者は8名。
そのうちのお一人は今回の受講でマスタートレーナーになるかた。
ほかにリテイクのかたもいて、和気あいあいの一日目でした。


イスでの動きをやったあと、いきなりヨーガンに
「じゃ、ティーチング」と言われ、
「おお、そうだった。英語で教えなきゃいけなかった!」と
半べそになりましたが、イスパートが終わってハンドルの
エクササイズになった瞬間、自分でもわかりました。


キラリン!!!


自分の目がキラッと煌めいたのがわかりました。
そしてあとはもう例によってにこにこモード全開でした。
そりゃあ、英語がわかったほうがいいです。
やっぱりまだまだだなあーと痛感しました。
でも、それでもやっぱりきてよかったと思ってしまいました。
実は来る直前までグズグズ言っていたし、コースに行く直前まで
もじもじ怖じ気づいていましたのです、はい。

「きてよかった!」と思った理由が
ヨーガンのハンズオン!!!
うう、すばらしすぎです。
そのハンズオンでお客様をどこへ導くのか、
なぜそこに導きたいのかを動きでみせ、からだに
たくさん感じさせてくれるのです。
去年、受けたとき
「絶対もう一回受ける!」と思ったのを全身が思い出しました。


いい意味でゆるいヨーガン先生ですが、
その加減が本当にバランスがよくて
すばらしいです。
会った瞬間、ハグハグしてもらいましたよ。
「今までやってきたことをやればいいから」の一言が
どれだけホッとするきっかけになったか・・・。
本当にステキな先生です。


明日からもにこにこくるくるしちゃいます。
ちなみに遠くからきた子はどうやらおらだけみたいだす。

そうそう。
今回のタイトルはサブタイトル〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1 @アトランタ〜とつけました。そうなのです。実はジャイロトニックファウンデーションコース、
今回が終わったあとも続きます。なので、その1にしましたよー。

さて、おやすみなさい。
夜はわかめスープに玄米入れて雑炊にして食べました。

ベジタリアンミール 〜ジャイロトニックファウンデーションコース その1 @アトランタ〜

海外に行くとき、飛行機のなかはいつもドキドキなゆきぷ。
というのは、格安チケットをとるので機内食はみんなと
一緒。でも、私はお肉が食べられません。
なので、「チキン(あるいはビーフ)かフィッシュ?」と聞かれれば
迷わずお魚をチョイスしますが、「チキンかビーフ?」と言われたら
完全にアウト!お肉をきれいに残してきました。


なので、今回は事前に「ベジタリアンミール」を予約しました。
そしたらなんと!いや、おいしかったです、機内食。


メインは青菜の炒め物、マッシュルームのスパイシー炒め、
そして豆のカレーが少しずつのったタイ米。
サイドメニューはサラダとお野菜のマリネにフムス、そしてベジタリアン用のパン。
ワインを飲みながらきれいにたいらげましたとさ。
今まで食べた機内食のなかで五本指に入るおいしさでした。


おかげでアトランタについても内臓の調子はまずまず。
ここんところ、シーフードもちょっと重く感じてきていたので
とても調子よくコースに突入できました。
ベジタリアンミールに変更しても無料ですしね。
次回からは絶対そうしよう!
そう思いました。


さて、コース始まりましたですよー。
続きはまた。

2011年09月16日

アトランタに着きました。

日本から約12時間かかってアトランタに到着しました。
入国手続きして荷物をピックアップしてから
また荷物と自分がセキュリティーチェックを受けるというシステム。
マイアミやロス、ニューヨークなど行きましたが、
初めてのことでした。
しかも、セキュリティーチェック後の荷物は果てしなく遠いところで
ピックアップしなくてはならず、なにも知らなかった私はbaggage claimという矢印の方向へ
延々、歩きました。
着いてから気がついたのですが、空港内の電車に乗ることができたのでした。とほほ。


あまりに遠く、しかもはるばる行ったbaggage claimでは荷物が見つからず・・・。
インフォメーションで「荷物がない!」と拙い英語で言うゆきぷ。
なんとか見つけてもらい空港からタクシーに乗ったのは
飛行機を降りて2時間後でした。ほえー。


タクシーに乗って、ステイ先のKatarinaのお家へ。
初めて会ったKatarinaはスロバキア人のとてもきれいな女性でした。
「自分のおうちのようにね!」と言ってくれるとてもとてもやさしい
Katarinaのおかげで気持ちよくステイできそうです。
おうちも超ステキ!!!9階で最高の眺望!だけど、高所恐怖症なゆきぷ。
がふ。


さて、アトランタは今、朝の5時過ぎ。
時差ボケで眠れないので、ブログ更新してみましたが、
明日、起きられるのでしょうか。
起きられたら明日はお部屋の周辺、探索してみます。

2011年09月15日

行ってきます!

これからアトランタに行ってきます。
ジャイロトニックファウンデーションコースを
受講してきます。
実は今年3月、山﨑悦子さんのジャイロトニックファウンデーションコースを
受講しているので今年2回目。通算5回目。
去年6月に受講したJuergen Bamberger先生のコースを受講してきます。


Juergen先生は本当に「先生っっ!」と言いたくなるような
的確で懐の深い先生。去年、お世話になったとき
「もっと学びたい!」と思っていたところ、チャンスに恵まれました。


とはいえ、今回は日本人1人。
おまけに知らない人の家に泊めていただくことになり、
数日前からメールで「着いたら電話して」とか
言われていますが、なんたって私の英語力。
英語で電話できるわけないじゃんよう(T_T)(T_T)(T_T)
飛行機から降りたらまたしても「水曜どうでしょう!」みたいに
なることは必至です。


正直、そこまでして・・・という気持ちもないわけじゃないけれど、
でも、弱さや緊張に負けて自分の心から大切にしている
「ワクワク」を見失いたくない!
そう思って行くことにしました。
私のワクワクはジャイロトニック、ジャイロキネシスにあるんだもん。
行くしかないのだー。


毎日、毎日ほぼ欠かさず勉強した英語が役に立つとも思えず・・・
でも、コースを受けるかたたちとコミュニケーションがとれたらいいなと思っています。

とにかく、enjoy,自分!!


そう思って行ってきます。

おやすみの間、サポートをしてくれる
たな社長、あきさん・・・そして快く送り出してくださる
お客様に感謝します。ありがとうございます。


お餞別をくれたちづちゃんや「がんばって!」と応援してくれた
マスタートレーナーの朱実さんや山﨑悦子さん、そして昨日一緒に
エリカのクラスを受けたひでちゃんやたえちゃん・・・ジャイロトニックや
ジャイロキネシスを通じてつながっている仲間がいることに心から感謝して!

いってきますー。

2011年09月06日

近況報告

アトランタに行く前にあれこれ片づけておこうかな。
そう思い、書いてます。

まずは今月のジャイロキネシス@湘南スタジオ。
今週末の9月11日日曜日に開催します。
茅ヶ崎はおいしいランチができるお店がたくさん!!!
都内からも東海道線ならあっという間です。
おいしいごはんと海岸沿いのお散歩・・・充実したいちにちを
過ごしたいかた、ぜひご参加ください。
あと数名、ご参加可能です。http://ymt.cside.tv/apps/2011/09/02/


そして「ノリノリノルディックウォーキング!with みやのゆきこ」は
10月9日日曜日@鎌倉です。
そろそろ定員になりそうな気配。さすが♪
詳細はこちらから。

http://ymt.cside.tv/apps/2011/08/25/

そういえば2週間ほどまえ、ティップネスインストラクターの鈴木貴幸くんと作戦会議を
しました。気がつけばこの人とも相当長いつきあいになってきました。
エアロビクスを離れても唯一、仲良しなこの人。なぜでしょう?
ステップイベント「tap out!!」を企画してやったのが2004年。
あれから7年も経ったのですねえ・・・。
という懐かしいイベントはこちらからどうぞ。
http://ymt.cside.tv/aero2002/event/event_02.html


さて、その鈴木貴幸くんとまたなにかやるらしいです。え?誰がって、おれです、おれ。
昨年もやったピラティスとジャイロキネシスのイベント、近いうちにティップネスさんで
開催させていただくことになりそうです。
昨年のイベントについてはこちらからどうぞ。
http://ameblo.jp/suzuki-ta/entry-10715843498.html


いつ、どんなときでも「お客さま」のほうを向き、環境やイベントを企画する鈴木貴幸くん。
だからこそ職場がかわっても、環境や立場が違っても一緒になにかすることができるんだなと
先日も作戦会議をしながら思いました。


シンプルに楽しんでいただけるイベント、貴幸君と企画中です。
どうぞお楽しみに!


おっと、その前に私はアトランタ。
その前にもう1個。
やれやれ。やることいっぱいで楽しいなー。

幸せの経済学

アロマやフラワーエッセンスでお世話になっているHiromiさんのおすすめで
昨日観た映画「幸せの経済学」。
とてもいろんなことを感じました。
9日まで渋谷uplinkで上映中です。
これからの時代を生き抜くために見逃せない映画です。
">

2011年09月01日

あっという間に。

あっという間にもう9月。
あと何か月で2011年は終わりなんだろ?

2週間後にはアトランタ。
そして、その前にも実はちょこっと
新しい環境作りをすることになっています。
なぜだかいろんなことがどんどん進んでいて
ちょっと面白いです。


そんなときですが、最近はまっているのは
これ。よろしければぜひ。
http://www.1101.com/yamato/

2011年08月26日

2011 trip to Rwanda and Breath Body Mind workshop

わたしが9月にアトランタでジャイロトニックファウンデーションコースを
受講するジャイロトニックオーソライズドマスタートレーナー
Juergen Bumberger先生がfacebookで紹介していた動画です。
よろしければぜひ。


2011年08月19日

どこでなにをどんなふうに。

福岡でのジャイロキネシスプレトレーニングが終わり、
帰京しました。
6日間、ブレイクなしのコースはさすがのわたしもへろへろでしたが、
受講者のみなさんのエネルギー、そしてオーガナイズしてくれた
仲良しのてだかのりえちゃん・・・たくさんのかたのエネルギーが
わたしを支えてくれました。
本当にありがとうございます。
すばらしい時間になりました。

わたしはジャイロトニック、ジャイロキネシスともに
プレトレーナーなので、トレーナーになりたい!と
思うかたと一緒に動くことに恵まれます。
資格をとるために真摯に時間をかけて、エクササイズを学ぶことは
とても大切ですし、その気持ちを大切にしてもらうサポートを
したいなと思っています。


同時に、思うことは
「どこでなにをどんなふうに」ということ。


なにを・・・に関してはジャイロトニックかジャイロキネシスを
学びにいらしているのであれば、当然、この2つになるわけですが
それをどこでどんなふうにというのはそれぞれ違うと思います。
ご自宅をスタジオにするのか、はたまた既存のスタジオで働くのか。
スタジオではなく、公民館などを借りるのかなどなど、もっと大きく
考えれば東京なのか、日本なのか、あるいは海外なのかなどもあると思います。


そしてどんなふうに。
いちばんたいせつなところですが、
トレーナーなので技術が高いのは当たり前なので
その技術と人間性のバランスや楽しさなどなどどんなふうに
伝えていくかはとても大切だと思います。
「楽しい」は大切。でも、それはある意味、当たり前のこと。
「楽しい」のその先にあるものを感じてもらえるように、
感じてもらうための時間をどんなふうにガイドするか。
実はそこには自分の生き方が投影されるのかな、と思っています。


どんなふうにジャイロトニックやジャイロキネシスをお伝えしたらいいかな。
セッションやコースをしながらいつも考えていますが、
「うーん、本当にそうだなあ」と思わずうなってしまったのは
大好きなたい焼きやさん「なみへい」さんのブログ。
技術と「想い」の調和が大切だなあと思います。
よかったらぜひご一読を。
http://tainamihei.exblog.jp/13139775/

大切なことはいつも自分の内側にあるんだなあ。
なみへいさんのブログを読むといつもそう思います。
おいしいたい焼きやランチだけでなく、こころもほっこりさせてくれる
ステキなお店です。

2011年08月11日

「世界にひとつ」

8月になりました。
あ。すでに10日も過ぎていた(^_^;)
最近の私はなにをしているか・・・というと、
大好きな「なると屋+典座」のイチカワヨウスケさんの
トークショーに行ったり、大町会館@鎌倉でジャイロキネシスをやったり。
のんびりと鎌倉で毎日を丁寧に暮らしています。
そうそう。これからきょうは福岡へ。
福岡初開催のジャイロキネシスプレトレーニングを担当してきます。
ドキドキ。


さて、きょうの本題はこちら。
私のことではありません。

GYROTONIC(R) KAMAKURAのサイトを作ってくださった
藤田朝美さんの「お名紋」が、なんと明日8月12日金曜日、
テレビ東京系 ワールドビジネスサテライト「トレたま」で紹介されることになりました。

朝美さんのお名紋サイトはこちら。
http://onamon.com/

ちなみに朝美さんが作ってくださったうちのサイトはこちら。
http://gyrotonickamakura.com/

そしてお名紋について私が書いたブログもよかったら(^_^;)
http://ymt.cside.tv/apps/2010/05/post_335.html


「世界にひとつ」をテーマに活動している朝美さん。
この番組で世界にひとつを生み出す秘訣がのぞけるかもしれません。


ドキドキとわくわくと楽しむココロ。

私は朝美さんからいつもこの3つを感じてます。
私にとってはジャイロみたいな人なんです、朝美さんって。本当に。


みなさん、ぜひみてねー。


2011年07月25日

Thank you so much !

ここしばらく英語でメールを書く日が続いています。

ちょっと前はスタジオのサイトをリニューアルするために
ジャイロトニック本部に内容などを確認してもらったり。
スタジオを法人化にしてスタジオ名を「GYROTONIC(R) KAMAKURA」に
変更する旨を連絡したり、それによって新たな契約が必要なのかとか。

そして、実は9月にアトランタに行くことになりました。
昨年も受講したヨーガン先生のジャイロトニックファウンデーションコースを
受講します。このコースを受講するための受講申し込みのやりとりや
講師のヨーガン先生とのコンタクト、その他、もろもろ。


とくに9月のこのコースは申し込み当初は「受講OK」だったのが
手違いでいったんキャンセルしなくてはならないという状況になり、
「飛行機もとったし、デポジットも払ったのに・・・」という状況を
メールして、ヨーガン先生に調整をしてもらったコース。
毎日、毎日、苦手な英語でメールをするのは本当に大変でした。

でも、そのおかげか、以前よりは英語でのメールも抵抗なくなってきた
ような気がします。といっても正しい英語で書けているのかどうかは
不明。とりあえず、わかってもらえてやりとりができているだけですが(^_^;)

それでもこういうチャンスは自分にとってとてもとても大きいgiftです。
日々、コツコツと。
自分が「こうなりたい」と思っていることを階段をのぼるようにできたらいいなと思います。

しばらく前に
「英語とジャイロトニック、ジャイロキネシスがあればいい。シンプルな生活をします」と
新月に向かってお願いしたことがあったけど、本当にそのものになっています。
とてもシンプルな今の生活に心から感謝して。

きょうもまた英語と格闘してます。


2011年07月20日

ごめんなさい。

10月8日、鎌倉でちょこっと楽しいことをしようと
企画していたのですが、その日にわたしはジャイロキネシス
プレトレーナーアップデートを受講しなくてはならなくなってしまいました。
とってもとっても楽しみにしていたのですが・・・残念。

すでに
「なにやるんですか?」と楽しみに声をかけていただいたかたもいらっしゃって
本当に申し訳ないのですが、今回はちょっと見送ることなりそうです。
ごめんなさい。


またゆるりと楽しいこと、みなさんとできたらいいなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


やまもとゆきえ

2011年07月13日

大切なこと。

自転車で鎌倉駅から妙本寺の前を通ったときに偶然、見つけたのがこの写真。

syuhari.jpg

「守・破・離」


これはわたしの大好きな、そして大切にしていることです。
フィットネスインストラクター時代に出会った岩沢陽介さんが
わたしに教えてくれました。
なにかを学ぶとき、とても大切なことだなあと実はいつも思っています。
よかったらぜひご一読ください。
横向きなので読みながら首がまがりませんように(汗)。

2011年07月10日

元気です!

ただいまジャイロキネシスプレトレーニング中です。
この暑さの中、9名のかた達ががんばっています。
本当に暑くて、エアコンをつけていてもみなさんの
熱気で汗だくだくです。
そんなコースもきょうで終わり。
全員が無事、コースを終えられるようにサポートできますように!

というわけで、私は元気です。
マイアミのジャイロキネシスレベル2や
去年のエリカのジャイロキネシスレベル2に
比べれば暑さも汗もがまんできるかな。
そう考えるとずいぶん、体力がついたのねと
思います。もういい年なのにね。


では行ってきます♪

2011年07月02日

ジャイロキネシスプレトレーニング、始まります!

今日からジャイロキネシスプレトレーニングが
スタートします。
今回は総勢9名!!!
たくさんのかたとジャイロキネシスをシェアできる
チャンスに恵まれ、とてもうれしいです。
受講者のみなさんにとってすばらしいコースになるように
全力を尽くします。

7月30日土曜日、茅ヶ崎でジャイロキネシスやります。
詳細はこちらから。
http://ymt.cside.tv/apps/2011/07/post_448.html

そして8月7日日曜日、鎌倉でもやりますよ。
詳細は近日中にアップします。

すばらしいいちにちになりますように!

2011年07月01日

一汁一菜 

このブログにもときどき登場する
わたしのお気に入りのごはん屋さん
「なると屋+典座」。
このお店は毎月、そのときにいちばんおいしい旬の野菜を使った
定食とおうどんしかメニューがありません。
汁物、主菜、小鉢、漬け物、そしてごはんとごま豆腐。
ごま豆腐とごはん、そしてお出汁以外はすべて野菜。
新じゃががおいしいときは新じゃがいもとわかめがかき揚げになったり、
あるときはいちじくの天ぷらに芥子が添えてあるお味噌汁が登場したり。
シンプルだけど、パンチが効いている一品やほうれん草のおひたしのように
ほっこりする小鉢があったり。
定食のお膳はいつもとても調和がとれています。
もちろん、とってもおいしいです。
でも、ステキなのはおいしいだけではなく、目も喜ぶような美しさ!!!
同じ定食なのに、一緒に食べに行った人と器がそれぞれ違うのです。
なので、同じ定食なのに2度、3度おいしい!!!
そんな楽しみもあるなると屋さんが大好きなゆきぷ。

ここのお料理を作っているイチカワヨウスケさんが
先日、本を出しました。
【「なると屋+典座」の野菜をいただく】という
タイトルの本。
写真集のような美しい写真たちには、においや味が
感じられそう!!なぐらい、パワーがあります。

そして、その本に書いてあったこと。
「おいしい流れをつくる」という見出しがついた小さな文章のなかみ。


「店では定食を出しています。献立は毎月変わり、料理を作る側が内容を決めさせてもらいます。
アラカルト料理だととしてもどうしても、食べたいという欲望を満たすだけのものになってしまいます。
そうではなく、食事の人流れを通して『おいしい』と思ってもらえる店になりたいのです。
一汁一菜と同じ考えです。」
(「なると屋+典座」の野菜をいただく より)


一汁一菜は「ごはん、おつゆ、おかず」の3つのそれぞれのうまみや甘み、
苦みや酸味が口のなかで組み合わさる、すばらしい考え方です。


そして、これを読んで「ああ、そうか」と思ったこと。
ジャイロトニックと同じなんだなって。


ジャイロトニックはハンドル、ハムストリング、アッパーボディ、
レッグワークなどいくつかのfamilyから構成されています。
それを偏ることなく、できるだけまんべんなくやることをコースでは学びます。

「あなたのこの部分が弱いから、ここを重点的にやりましょう」
「きょうは肩が凝っているから肩周りを中心にやりましょう」


そういうことではなく、からだ全体をまんべんなく動かす。
甘みや苦み、酸味などの豊かな味わいと同じように
さまざまなエクササイズの味がお客様のからだで組み合わさり、
化学反応が起きる・・・それがジャイロトニックなのです。


同じエクササイズでもフォーカスするところを変えてチャレンジしてみたり。
「料理はライブ」というイチカワヨウスケさんの言葉にうんうんうなずきながら、
きょうもこれからセッションです。

いつかイチカワヨウスケさんとコラボできたらいいなあ。
お料理とジャイロトニック!
ステキすぎる!!


Hello! Happy July (^_^)v

7月になりました。
鎌倉は海開き。ちょっぴり曇っているけど、
きっと海はにぎやかなんだろうな。
あとで自転車で行ってきます。


7月はお誕生日の月。
なので、毎年思いっきり元気です。
7月30日はまたまた湘南スタジオでジャイロキネシスをやることになりました。
土曜日の朝、キネシスをしてそのまま茅ヶ崎のサザンビーチへ。
おいしいランチもお買い物もできるサザンビーチまでお散歩できるぐらい、ジャイロキネシスで
からだを軽くしましょ!楽しいいちにちを過ごすための準備!ジャイロキネシス、ぜひいらしてください。
のちほど詳細、ご案内します。ちょっとだけお待ちくださいね。

そして、10月8日土曜日。
ゆるゆるイベント企画なうです。
ゆるいよー。今回も。
鎌倉をたっぷり楽しむいちにちにしまあす。
こちらも近日中にはご案内したいと思っています。
お待ちくださいませ♪

わたしが楽しいなと思うこと、元気になれることを
みなさんとシェアできたらいいなと思っています。


というわけで、Happy JUlyがスタートです!

2011年06月25日

風の通り道

このところ、スタジオでセッションする時に意識しているのが
「風の通り道」。節電も兼ねて室内の風通しをよくするようなセッティングをしています。
そうやってセッションすると「???」。
不思議にすごーく気持ちよくて、まるで自分がトニックのセッションを受けているような、
そんな気持ちよさになってくるのです。


なんでかな?と思ったら、最近ちょこちょこ受けている
タオヨガの先生であるゆうこさんがtwitterでこんなことをつぶやいていました。

「風の通り道。からだの中に感じる気の通り道も、こんな感じで気が通りました」

あ。そうなんだ。
風の通り道を作ると、からだのなかに気が通るんだ。
だから、心地よいんだな。


暑くて風を感じることが難しいときもあるけれど、
風の通り道をほんのちょっとでもつくると、
自分のからだも心地よくて元気になりますよ。
とくに、鎌倉の風は海や山からのエネルギーもたくさん
含んでいるからおいしい野菜や果物をたくさん食べたような
感覚になります。
よかったらぜひ、鎌倉の風を感じにきてください。

という、わたしはいま、東京。
はあ。鎌倉に帰りたい。

2011年06月24日

happyの原型

最近、想うのです。
「happyの原型は必要だな」と。


なにが心地よいのか。
なにが好きなのか。
どんなことが楽しいのか。
どんなことがうれしいのか。


小さいことでもいいから、自分のなかに
そういった「happyの原型」を持つこと、
実は大切だなあと感じています。


たとえば、ジャイロトニックのセッションのとき。
暑くなってきた最近、私のスタジオでは毎回、お客様の
タオルをお取り替えするようにしています。
毎日、洗濯をするのはちょっと大変だけど、
ほんのりダウニーのかおりがするふかふかのタオルが
私自身、好きだから。
ふかふかの柔らかいタオルは「ママー」って言いたくなるような
気分になれるから。


毎朝、必ずお掃除をするのも、小さいころ、ゴロンと床に転がること
ことが好きだったから。床でのワークのときにお客様が
「あ、ゴミが・・・」って思ったらちょっとさびしいと思うゆきぷ。


もちろん、うまく形に出来ていないこともあります。
でも、小さいことでも自分にとって「いいな」「しあわせだな」と
思うことを形にすることで、お客様に喜んでいただけたら・・・。
それがいちばんうれしいなと思います。


なので、日々、考えています。
なにが好きなのか。
なにが楽しいのか。
なにがうれしくて、なにがしあわせなのか。


自分にとってのhappyの原型。
私にとってホスピタリティの原点です。

2011年06月21日

ねこちゃんみたい。

最近、お客様に言われたこと。

「ゆきえさん、ニャンコみたい〜(笑)」


・ジャイロトニックのセッション
・ジャイロキネシスのレッスン
・英会話
・ごはん
・トイレ
・お風呂
・寝る
※アルコール(ときどき)


最近、やっていることと言えば、本当にこの繰り返し。
あ、きょうは2週間ぶりにタオヨガ行ってきましたけど。


からだを動かす。食べる。しゃべる。
ほかのことをする余裕もなく、それ以外は寝る。
そんな生活がまるでねこちゃんのように
好きなことを気ままにやっているようだと。
うふふ。これってすばらしい褒め言葉!


わたしの手のひらは2つ。
片方はいつかのため、誰かのために取っておきたい。
そう思ったら、自分のもちものなんて
片手で十分。
そう考えると、今のわたしにはジャイロトニック、ジャイロキネシス、英会話。
それですべてがちょうどいいぐらいだなと感じています。
あとは空けておかないとスペースがなくなっちゃうんでね。


というわけで、文章を書く頻度、ちょっと減ってますけど
ねこちゃんみたいに鎌倉でにゃーにゃー気持ちよく暮らしてます。


さて、これからジャイロトニックグループクラス@ナチュラルフローです。

2011年06月13日

「シェアする」こと。

2週に渡って担当したジャイロトニックプレトレーニング@群馬も
きょうで終わり。すでにプレトレーニングでお伝えするエクササイズの
紹介は終わっているので、きょうは練習とジャイロキネシスのクラス。
私自身が動ける!と思うといつも以上にコースが楽しみです。


コースをするたびに思うこと。
コースを通じて私自身が見えてくるなあ、と。
受講者の人に伝えたいと思うことがどんなふうに
伝わったのか、どんなふうに理解してもらえたのか。
伝え方やハンズオンに自分を感じずにはいられません。


「それってエゴじゃないかな?」
「押しつけてないかな」


以前、マスタートレーナーの井上朱実さんから
聞いたことでとても印象に残っていることがあります。
ジャイロトニックの創始者であるジュリウの考え方について。
それは自分が経験を通じていいなと思うこと、効果があると
思うことをシェアする・・・それがジャイロトニックで
あり、ジャイロキネシスなんだ、と。


いいと思うこと、すばらしいと思うこと・・・その経験を
シェアしよう!
「上から目線」ではなく「仲間」・・・そんなニュアンスに
ジャイロトニックやジャイロキネシスらしさを感じたゆきぷ。

「ゆきえさんは弟子はいないんですか?」


先日、こんなことを聞かれました。
そう。
なのでね、弟子はいません。
コースを受けてくださったかたはジャイロトニック、ジャイロキネシスを
シェアする仲間なのです。
第一、私はジュリウじゃないしね(笑)。
弟子なんてとてもいえませんですよ。
作ったご本人が「シェアしようよ」って言っているんだし。

ジュリウが経験してきて「いいな」と思ったこと・・・
これからもできるだけ正確にお伝えできるように
と思っています。
私自身の感じた「経験」を通してなので、
「私らしさ」も出てしまうとは思います。
でも、それがエゴや個人的な感情にならないように。
そんなふうにいつも思っています。

ひとりでも多くのかたとジャイロトニック、ジャイロキネシスを
シェアできますように!

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2011年06月07日

「愛だろ、愛っ。」

1980年代、サントリー「ザ・カクテルバー」のCM。
出演していた永瀬正敏の「愛だろ、愛っ。」と東京スカパラダイスオーケストラの
BGMがマッチしていてとても印象に残っています。

さて、私が好きな鎌倉のごはん屋さんの話。
しょっちゅう出てくる「LIFE FORCE」と最近、本を出版された
イチカワヨウスケさんのお店「なると屋+典座」。
そして、まだ一度しか行ってませんがお気に入りになった「日和」。
段葛のそばにある「bowls」も好きです。
そうそう。小町通りのイタリアン「コマチーナ」もおいしいです。

お気に入りのお店たちにひとつ、共通していることがあります。

それはオープンキッチンだということ。

「日和」の店主さんがおっしゃっていたこと。

「お客様に食べていただくものを目の前で作ることは
お客様に安心していただくことにつながります」


なにが入っているかわからない。
作っているかたがどんな状況で料理しているか見えない。
ふつうは当たり前だけど、そのお話をきいてちょっぴり怖いなと思うように
なりました。キッチンやお店のかたが清潔であること、当たり前だと思うけど、
見えないお店ではわからないのです。
かといって、お世話になっているお店は見えるお店ばかりじゃないですが。


でも、そう考えるとオープンキッチンのごはん屋さんって
ステキだなと思うようになりました。
「安心してね」
「ほら、こうやって作ってるんだよ」

お店のかたは言わないです。
でも、それをきちんとみせる。
目には見えない「想い」を目に見える「形」にする。
シンプルだけどサービスの第一歩なのかもしれません。


そして、そのサービスの根っこには見えないけれど、
みなさんそれぞれ絶対に思っているんだろうな、と。

「愛だろ、愛っ。」って。

だろって思っているかどうかはわからないですけど(笑)
でも、愛は絶対にあると思います。


やっぱり基本は愛なのだよね。


specialじゃなくていい。
superじゃなくてもいい。
でも、毎日ホッとできたり、心地よさを感じることができる・・・
そんな愛がサービスの根底にあるといいんだな。


当たり前のことですけど、
最近、そんなことを思っているゆきぷです。


アタシの愛はどんな形かな?


2011年06月06日

ジャイロトニックプレトレーニング@群馬なう。

というわけで、先週土曜日からジャイロトニックプレトレーニング@群馬を
担当しています。今回の会場は桐生第一高校サッカー部の寮。
とっても広々としたところにジャイロトニックのマシンがあります。
ここで理学療法士でジャイロトニックトレーナーを目指す受講者のかたと
ジャイロトニックを楽しんでいます。


ブログに書きたいこと、感じること、思うこと。
たくさんあるのですが、今はとにかくコースに
集中!今夜、いったん、東京に戻っていつもの
ように鎌倉でセッション後、週末の土曜日に群馬で
コース後半の3日間を行います。
ゆっくりできるのはそのあとかな。
思うこと、感じること・・・ゆっくり温めて、
形にしていきたいと思います。


では、前半最後の本日、ジャイロトニックの
楽しさをお伝えできますように!

2011年05月27日

水と油

先日、実家に帰ったとき、母から突然言われたこと。

「アンタ、ずいぶん肌がきれいになったわねー」


もともとニキビや吹き出物といったお肌のトラブルは
ほとんどありませんが、子どもの頃からそばかすだけは
たくさんありました。
まだそばかすの存在を知らなかったころ、
鏡に映した自分の顔にあるそばかすに「これはなに?」と
驚いたことをいまでも覚えています。

「海苔かな?」
そう思った私は寝るときにセロハンテープを目の下やほっぺたに貼り、
「明日の朝、テープをはがせばこのぷつぷつも全部とれるはず!」と
信じていました。そして翌朝、テープをはがしたわたしの顔は
テープでかぶれて真っ赤になったのでした。
おかげで母に「それはそばかす」と教えてもらい、
自分が赤毛のアンや「にんじん」と同じそばかすちゃんであることを
知ったわけですが。


さて、そんな時代があったそばかすゆきぷが、
40歳を過ぎてそばかすが減ってきた!!で、
母はビックリしていました。
が、いま、使用しているものは高級な化粧水でもなく
「水」と「油」のみ。
お水はSHIGETAのローズウォーター、そして油は
小豆島にある井上誠耕園さんのオリーブオイルを使っているだけです。
とにかくローズウォーターをたっぷりたっぷり顔にたたき込んで
お肌がぷるぷるするまでやり続ける!
あとはオリーブオイルをつけているだけ。
ほかにはなにもしてないのです。


あとはやっぱりからだの内側からなんでしょうね。
野菜を楽しくたくさんいただく。
それとからだを動かすこと。


シンプルだけど、からだやこころが求めることを
感じる時間を作ることがダイエットや美肌でいる
いちばんの秘訣なのかもしれません。


と思う、きょうこのごろのゆきぷです。

2011年05月16日

私、実家に帰らせていただきます!

というわけで、ゆきぷ@鎌倉です。
これから久々に実家に帰ります。
といっても、実家は東京都小平市。
気合い入れるほどの距離ではないのです。


なのに、もう何年も行っていません。
本当に薄情な娘です。

でも、母ももう76歳。
いつまでも元気でいてほしい。
そのために、ちょこっと顔を出してきます。


鳩サブレー持って行こう。
ぽっぽー。


明日の夜からまたいつも通りお仕事します。
ナチュラルフローでのジャイロトニックグループクラス、
やりますよー。
http://ymt.cside.tv/apps/2011/05/natural_flow.html

2011年05月13日

facebookと格闘なう。

facebookをやっていらっしゃるかたも多いと思いますが・・・。


スタジオのファンページを作ろうと格闘しています。
今まで来ていただいたブラッドリーや康二朗さんのセッションが
どんな感じだったのかとか、受けたことがないかたにはなかなか
わからないかな?と思い、写真をたくさん載せてみました。
雰囲気だけでも伝わるとうれしいです。


スタジオではジャイロトニックとからだをサポートしてくれる
セラピーや施術を提供していますが、どちらもその先にあるものは
「こころとからだの健康!」です。
肩こりや腰痛、だるさや疲れがない、元気なからだをスタジオに
いらっしゃるみなさんが手に入れてくださったらいいなと思っています。

でも、からだが元気になってもこころが元気じゃない・・・そうなると
せっかく元気になったからだはまた元気を減ってきてしまうのです。


からだとこころはつながってる。


こころもも元気でいるにはどんなことが大切かなあ?

・おいしいものを食べる
・たくさん笑う
・いっぱいしゃべる

って、これは私の場合(笑)。
みなさんとちょっと違うかもしれませんが、
ひとつ言えることはこころが元気になることって実はとってもシンプルなこと
なんじゃないかなって。


なので、スタジオを通じてみなさんのこころとからだが元気になること、
ご提案できたらいいなと思っています。


その一歩がゴールデンウイークの「ゆるゆるハイキング」。


結構なハイキングコースで「全然ゆるゆるハイキングじゃない!」と
怒られましたけど(笑)、ジャイロトニックを通じて新しい出合いや
発見がこころにほっこりとしたエネルギーをくれたのでは?と思います。
参加してくださったみなさんは
「2回目も!」とおっしゃってくださいました。
これからも鎌倉という自然に溢れた土地を生かして海やハイキング、
たくさんできたらいいなと思っています。

鎌倉の自然やすばらしいエネルギーにサポートしてもらって、
たくさん深呼吸をして、たくさん笑って・・・
スタジオやジャイロトニックを通じて、みなさんのこころとからだが
元気で健康になるお手伝いができるようにと思っています。


その第一歩。
それがfacebookのファンページ(涙)。
でも、ネットは苦手なんだよう。
ブログ書いたり、twitterやったりしているので
ネット関係、強いと思われてますがまったく違います。
わたしはとほほなヤツなんですー。


とりあえずやってみたので、みてください。
http://on.fb.me/jnO8ni
facebookはアカウントが必要です。


楽しいことをたくさんやるぞー!

2011年05月12日

実験くん!〜腰痛のおかげでわかったこと〜

というわけで、高松で腰痛になったワタクシ(^_^;)
ジャイロトニック、ジャイロキネシストレーナーとして
恥ずかしくて言えません・・・と思っているのですが、
ジャイロトニックとジャイロキネシスから離れた3日間に
腰痛が起こったこと、そして、痛みが緩和するためになにをしたのか。
自分のからだを使って実験したことをお伝えできたらと思い、
書いています。


まず、高松初日。
ケミストリーのライブのときに
すでに変調は起きていました。
ライブって最初からスタンディングで盛り上がることが
多いと思うのですが、このライブも最初から最高潮のノリで
もちろん私もスタンディングでした。

が、このときに「?」と思ったのはアタマの位置。
なぜかすぐにあごがあがってしまうのです。
ちなみに靴は比較的、履き慣れていた「ダンスコ」。
なので、長時間立っていても大丈夫だろうと思っていましたが、
どうしてもあごがあがってしまうので
「胸郭と骨盤のコネクション」を少し意識したところ、
アタマの位置は安定しました。でも、よく考えると
そのときちょっとお腹に力を入れすぎていたような気もします。
ジャイロトニックやジャイロキネシスでいう「supple」という
しなやかで柔らかいお腹ではなかったかもしれません。


翌日は小豆島を車でドライブしたのですが、
なぜかお腹がすごく張っているのに、排便できず(ごめんなさい)。
でも、これって腹圧がかかってなかったってこと?かと。
いつもよりお腹がぽっこりなのは食べ過ぎだからと思っていましたが、
どうやら腹圧がかかってなかったんだなと今更気がつくだめぷうです。
ごめんなさい・・・。


で、まあ、この日の夜から腰痛になるわけですが。


翌日したこと。

テニスボールでの四頭筋、殿筋のリリース。
そして、腸腰筋のストレッチ。
横隔膜リリース。
スパイナルモーション。
Narrowing of the pelvis.


まずはサックリこんなことをやったあと、これをやりました。

「<からだプチ意識>歩いている時に、かかと側からつま先側へと、足の裏が地面に触れているの感じますか?ヒールを履いていても、どんな靴を履いていても、感じてみてください☆セロハンテープを隅からきれいに剥がす感じ?!歩きながらできるプチ健康法♪」


実はこれ、rolferである小鹿有紀さんがtwitterでつぶやいている「からだプチ意識」。
私はこれを意識したところ、歩いているときにつま先になかなか体重が乗っていかないことに気がつきました。
なのでまずつま先を感じながら歩き、さらに感じるために
足を前に出すときに同じ側の骨盤を手で前に動かしてみたところ
かなりからだが楽になりました。


おかげで翌日のジャイロキネシス90分クラスもなんとかすべて動くことができました。


まだ若干、痛みはありますが
緩和しているのがわかります。
あとちょっとだなー。


痛みがあるときは動かさないほうがいいとは
思いますが、できることを自分でやって緩和できるって
大切なことだなあと思いました。
もちろん、症状によっても違いますから
一概にこれをやればいいということではありません。
ただ、ひとつ言えることが体調が悪くなるときや痛みが起こるときには
サインがあるってこと。
おかげさまでこれをやったあとは排便もスムースでしたし、
おかげで呼吸が浅くなっていたことにも気がつきました。
ムリに感じようとしなくても、自分のからだって実は感じられるのかもしれないと
そのときちょこっと思いました。


そして、もうひとつ!
小鹿有紀さんのわかりやすい言葉!
彼女の言葉はとってもわかりやすく、アタマで考えなくても
からだにスウーッと入ってきます。
ムリに考えて感じようとしなくても、自然にそれができる・・・
そんな言葉を使うロルファーさんなのです。
だから、私も受けているんですけどね。
なので、やります!!!

実は彼女にはGYROTONIC® KAMAKURAでのロルフィングセッションをお願いすることに
なりました。

わーい、パチパチパチ!!!
6月からスタートしますよ。
詳細はホームページでお知らせしますので、お楽しみに!


腰痛のおかげで得たこと、いっぱいあったですよ。
腰痛、ありがと。


でも、もうなりたくないなりー。

久々続き〜team fukuoka と腰痛〜

先週土曜日から2泊3日で、セラピストでお友達でもある
樋野真紀子ちゃんが住む高松へ遊びに行ってきました。
プロスキーヤーでピラティストレーナーでもあるみやの
ゆきこも一緒です。

まっきぃとゆきこさんといえば、数年前まで一緒に
「伝えるために生きている」というブログを通じて
イベントをしていました。
乳ガンで闘病を経験したゆきこさんの想いを通じて
からだを動かすことのすばらしさや健康の大切さを
ピラティスやジャイロキネシスを通じて伝えていけたらいいね。
そんなイベントでした。


いろんな人とつながっていろんなことをしたいなーの気持ちから
始めた「伝えるために生きている」。今でこそ、3人はそれぞれの
やりたいことをやりたいようにやっています。
でも、あの時間があったからこそ、今の自分がいます。
たくさんのかたと出会い、イベントをやってみて、私が感じたこと。

「ジャイロトニック、ジャイロキネシスが大好き」
「毎日を大切にする」
「動くことは生きること」


その気持ちがジャイロトニックやジャイロキネシスに専念することを
決意させ、スタジオを作り、日々、鎌倉という自然とエネルギー溢れる土地で
動くことを大切に生きる自分を作っています。


デンナマを通じて知り合ったみなさんはもちろん、
まっきぃとゆきこさんは私にとってとてもとても大切な
お友達です。


なので、超久々に3人がそろって、
しかもデンナマの舞台でもあった・高松での集合。
なにもないわけがありません。


高松では一食でうどんを2玉完食、その足でタリーズに行き
ソイミルクティを飲み、間にケミストリーのライブに行きましたが
(これについてはまた後日)その後も「キ星」さんというとてもおいしい
和食屋さんに連れていっていただき、完食!

休みとはいえ、食べ過ぎです。


翌朝も料理上手のまっきぃのお母様が作ってくださった
卵焼きやサラダ、お味噌汁というシンプルな朝ご飯が
出てきて、食べる食べる・・・。

ランチは小豆島「野の花」さんでのほっこりおいしいお弁当。
小豆島で散歩したとはいえ、いつもの運動量と比較したら
なにもしてないに等しいゆきぷ。
ええ、こうやって起こるべくして物事は起きるわけですよ。


注意!!流れるように書いていますが、
もちろん、まっきぃやゆきこさんはこの間中、マイペースで
さまざまな面白いことをしでかしています。
まず、空港で待ち合わせたゆきこさんは自宅から駅まで行って
携帯電話を忘れたことに気がつき、取りに戻るとか、小豆島では
「二十四の瞳」映画村に行こうとしてまっきぃが道を間違えて
行けずじまいだったとか。帰りもフェリー乗り場の道を間違え、
フェリーに乗り込んだのは出発数分前だったとか。


さて、話は戻って、小豆島から帰宅した、夜のまっきぃの家でのこと。
お風呂に入ろうとしたわたしは
「あ!」


「うわー。腰、痛い」

そうなんです。
腰痛になったのでした(T_T)

とりあえずさくっと風呂に入り、まっきぃとゆきこさんに
助けをもとめ、まっきぃの部屋へ。
まっきぃはすぐにキネシオテープを貼り、骨盤ベルトをしてくれました。
寝返りも打てない状態で一夜を過ごしたゆきぷでした。

翌朝、起きてまだ痛みがあったのですが、
「これはいいチャンス!」と自分のからだを
実験台にいろいろ試してみました。
その話またのちほど。


翌日、徳島の「びんび家」で感動するほどおいしかった
漁師料理を堪能し、高速バスへ。
ゆきこさんと神戸を経由し、神戸でまた軽く飲んだくれて帰京しました。


高松で感じたのは、やっぱり海のそばが好きということ。
いつからかわからないのですが、海のそばにいることが
自分にとってとても大切なことになっていました。


まっきぃの部屋から見える大きな海。
朝、起きるたびに海が生きていることを歓迎してくれているような
気がして、とてもしあわせでした。

とてもステキなステキな旅でした。


腰痛さえなければ(T_T)

2011年04月27日

お写真、パチリ。

昨日はジャイロキネシストレーナーでもあり、バレエやパーソナルトレーナーとしても
活躍なさっている中谷広貴さんに写真を撮っていただきました。


写真を撮ることが大好きで、とてもこだわっている中谷さん。
2時間の間に1000枚以上、撮ってくださいました。
で、そのいくつかがこちらでアップされているのでどうぞ。

中谷さんのブログ。http://ameblo.jp/re-ballet/entry-10873511017.html

写真にすると自分の動きがまだまだだなーってことが
とてもよくわかります。
もっと練習しないとね。


そのうち、いろんな形で中谷さんの写真、みなさんにみていただくことに
なると思います。


お楽しみに♪

2011年04月25日

happyな人からもらうエネルギー。

4月は自分がコースを担当したり、コースを受講したり。
それはもうジャイロトニックとジャイロキネシスのなかに
どっぷり・・・そんな1か月でした。

それもやっと落ち着き、先週後半から今週にかけて
日常を取り戻すべく、生きているゆきぷです。


というわけで、先週は金曜日にジャイロトニック認定プレトレーナーの
今田康二朗さんが鎌倉にきて、スペシャルセッションをしてくださいました。
これはまた別なときに書きたいと思っていますが、いいよー。
すばらしいよー、彼のセッション。学ぶこと、ありすぎ。
人間としても大好きです。生き方がhappyだから。
というわけで、次回もすでに企画中です。
徐々に興味を持つかたが増えてきているので、受けたいかたはお早めに!です。


土曜日は不在者投票に行った後、ロルファーの小鹿有紀さんとおしゃべり&お茶。
一応、お仕事のお話もしたんですが、会うたびに思うのは
彼女もまたhappyな人だということ。
もちろん、ロルファーとしての技術やからだに対しての感覚を伝える能力、
すばらしいです。
でも、それだけでなく仕事に対して「気持ちよさ」をとても大切にしているところが
とても好きです。
だからこそ、彼女とならなにか一緒にしたいなーと思えるんでしょうね。

土曜日は午後からナチュラルフローでレッスン。
なので、happyが服を着ているような人である
師匠の朱実さんにお会いする。
朱実さんとのおしゃべりも本当に楽しい。
どんなに大変でギリギリな感じでも、それを楽しむ余裕が
あるから。そして、たとえ失敗しても笑い飛ばせる強さがあるって
とてもステキです。それって自分を認めることでもあるから。


日曜日はジャイロ仲間の海老沢ちづちゃん、津田妙子ちゃんとごはん。
マイアミ3人娘(年齢はまったく娘じゃないのですが)はジャイロに対する
情熱が同じ方向を向いているので、会うととても楽しいです。
3人ともジャイロトニックとジャイロキネシスが「大好き!」。
このシンプルさ、実はとても大切だったりする。
好きだからこそマイアミまで行くし、好きだからこそレベル2までやる。
だからこそわかること、きづくことがあり、それがお客様へつながっていくから。
3人でごはんを食べるとなので、とても心地よいし、happyになる。


さて、月曜日のきょうは週末にたくさんもらったhappyなエネルギーを
からだのなかにいっぱいいっぱい感じてのお休み。
今年になって初めて美容院に行き、七里ヶ浜で潮の香りを満喫し、長谷駅から
のんびりお散歩。


この先、どんなふうに生きていきたいのか、
なにがしたいのか。
大好きな人たちと触れあい、大好きな場所・鎌倉にいて
感じること。

たくさんの「わくわく」「happy」を大切にすればいい。


わかったことはそれだけ。
でも、それでいい。


と、思う。のだ。


2011年04月10日

選挙に行こう‼

こんなときに選挙するの?とおもっていましたが、やるとなったら話は別。早起きして投票してきました。どんなときでもやるべきことをきちんとやること、シンプルですが大切です。未来はわたしたちの手のなかにあるのですから。

2011年04月04日

どっぷり*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ジャイロキネシスプレトレーニング@茅ヶ崎が、
昨日、無事に終わりました。
湘南エリアでの初開催と計画停電が重なり、
ちょっぴり不安なスタートも終わってみれば
アットホームでとてもいい雰囲気で終わることができました。
クラスにドロップインで参加してくださるかたも多く、
湘南エリアでの今後の広がりが楽しみになりました。


さて、きょうから私はジャイロトニックファウンデーションのリテイク。
地震で延期になっていたコースが再開されます。
金曜日までこのコースに参加したあと、
今週土曜日からはジャイロキネシスプレトレーニング@ナチュラルフローがスタートします。


4月はジャイロトニックとジャイロキネシスにどっぷり‼の一か月に
なりそうです。


からだを動かし、ごはんを食べて、元気に毎日を過ごす。


シンプルなことですが、とてもしあわせなこと。
ひとつひとつのことのしあわせをかみしめながら、
にこにこしていたいなとおもいます。


すべてのひとにとって、すばらしい4月になりますように。

Happy spiral!

2011年03月31日

今月もやっちゃうぞー!うれしい、楽しい、大好き!なコト、モノ、ヒト

うれしい!楽しい!大好き!と今、思っていることを。


まず、お気に入りは
長谷の海沿いにあるごはん屋さん「麻心」。
ヘンプオイルや麻の実を使ったこころにもからだにも
やさしいごはん。鎌倉の海をみながらのやさしいごはんは
心身がほっこりするですよー。
http://www.geocities.jp/magokoro_kamakura/newHTML/magokoroTOP.htm


最近、寝る前に顔につけているセサミオイル。
これがとってもいいみたい。
鎌倉のナチュラルサポートさんでご紹介していただきました。
乾燥肌や老化防止にいいらしいのですが、
本当にシミがうすくなってきてビックリ!ちょっと驚いてます。


クアアイナのアボガドサンド(ライ麦パンで、マヨ抜き)は
最近の定番です。ガッツリ食べてももたれません。
食べ物って本当に大切で、コース中ということもあり、
ここ一週間ぐらいは玄米とお野菜、クアアイナ・・・
みたいな生活。からだ、絶好調です。


アロマセラピストでフラワーエッセンスもなさっている
hiromiさん。鎌倉にきてお知り合いになったのですが、
とってもとってもステキなかたで、いろんなことを教えて
いただいています。彼女のブログがとってもステキ!
http://ameblo.jp/mariaflora


というわけで、3月もあっという間に終わりです。
大変な、そしてきっと一生忘れることのない2011年3月。
私たちは前に進む、生きていく力を持っています。
前を向いて、元気よく・・・笑顔で生きていく4月がやってくること、
こころからうれしいです。
時間ちゃん、ありがと。


2011年03月28日

生きるチカラ 

ジャイロキネシスプレトレーニング@茅ヶ崎の
前半戦が終わりました。
湘南エリアでの初開催。
いつもと違う導線でのコースは私にとって初めて。
そのうえ、鎌倉、そして茅ヶ崎は計画停電が実施されているエリア。
コース開催場所、コース開催時間は大丈夫なのかな?
受講者のかたにストレスをかけないかな?など、
不安いっぱいのスタートでした。


しかし、スタートしてみればやっぱりいつもと同じ。
わたしはわたしでしかないのだなーと再認識しました。
いつもと同じように元気いっぱいのクラスと
暑苦しいぐらいのコース内容で3日間となりました。
ラッキーなことに計画停電もお休みでした!!!

スタジオのある鎌倉、コースの開催されている茅ヶ崎は計画停電実施エリアです。
計画停電が始まってから、スタジオにいた私は「おっとっと!」と
思うようなことがありました。
でも、そのたびに鎌倉の街に出て、たくさんのことを感じました。


今回、新しい試みとしてお弁当やお総菜を作って売るお店。
朝、早い時間からオープンするようになったカフェ。
ランチタイムの後も通し営業をして、夜は早めに終了するようにしたお店。
停電の夜はキャンドルで対応しているお店。

鎌倉の飲食店のみなさんは本当にいろいろな工夫をしています。
もちろん、停電が始まる前と同じスタイルで営業しているお店もあります。
計画停電と上手につきあっている鎌倉のかたたちをみていて
生きるチカラを感じました。

いま、自分ができることをやればいい。
自分は自分でしかないのだから。

そんなメッセージが聞こえました。

東京にいたら気がつけなかったこと。
鎌倉が教えてくれました。

残り3日間のコースもいつも通りのやまもとゆきえで。
楽しんでまいります♪

2011年03月25日

今日からスタート!

とうとう、念願の「ジャイロキネシスプレトレーニング@茅ヶ崎」が
きょうからスタートします。
こんなに早く、湘南でプレコースができるとは思っていなかったので
本当にうれしいです。
受講してくださるかたのために全力を尽くします。

すばらしいコースになりますように!

2011年03月24日

言葉はいらない。

「からだがかたいんですが、できますか?」
「運動が苦手なんですけど大丈夫?」


ジャイロトニックに対して、よくこんなお問い合わせをいただきます。
ジャイロトニックは「やりたい1」と思う気持ちを持っているすべての人に
やさしいこと、これをみていただければわかるはずです。
">

明日から茅ヶ崎でジャイロキネシスのプレトレーニングがスタートします。
ジャイロトニックやジャイロキネシスを楽しむ仲間が増えること、
こころからうれしく思います。


2011年03月15日

「ぐるぐる」は元気で楽しいエネルギー!!

先週金曜日以来、なにをしていいのか
正直わからなくなっていました。

きっとそんなみなさんが多いと思います。


なのでね、日曜日。
鎌倉にやってきました。
そして、ジャイロトニックをしてみました。


こんなときだから・・・と思って始めたジャイロトニックでしたが、
ハンドルを回しているうちにどんどん楽しくなってきました。
からだをスパイラルにしているうちに、リズミカルな呼吸とともに
からだに元気があふれてきました。
そして、ふと、小さいころを思い出しました。

きゃーきゃー言いながら乗ったぐるぐる回るコーヒーカップ。
友達と手とつないだまま芝生のうえで回転しまくったこと。
バットを地面に立てて、それを中心に目が回るぐらい回ったこと。


ああ、そうだ。
ぐるぐるっていつも楽しくて笑っちゃうんだった。

元気になりたいな。
楽しいと思いたいな。

そう思ったら、いつでも声をかけてくださいね。
一緒にぐるぐるしますのでね。

そしてぐるぐるじゃないけど、もうひとつ。
楽しいことを考えました。
こっちはにゃーにゃー。
「ねこのびストレッチ」
http://gyrotonickamakura.com/diarypro/archives/66.html


楽しい。
うれしい。
そういう気持ちは近くの人に伝染していきます。
少しずつそういう気持ちがとなりの人に伝わって、
広がっていったらいいのにね。


そう思ってます。


というわけで、きょうも鎌倉でジャイロトニックしてます。


2011年03月09日

原点回帰 ジャイロトニックファウンデーションコース リテイクなう。

今週月曜日からジャイロトニックファウンデーションコースを受講しています。
4回目のリテイクは、以前から絶対、受けたいと思っていた山﨑悦子さんのコース。
受講者4名というアットホームななかで、とてもすばらしい時間を過ごしています。


去年6月にヨーガンのコースをリテイクしたとき、
過去にヨーガンを日本に呼んでいた悦子さんのコースを
絶対受けたい!と強く思っていました。

そして、受講3日目。
初めて受講しているような新鮮な気持ちで受けています。


もちろん、知っていることもたくさんあります。
でも、朱実さん、ヨーガン、悦子さん・・・それぞれ
表現のしかたが違います。
そして、私のからだやこころの準備も違います。
それによって情報が自分のなかに入ってくる感覚は
違うもの。
なので、とてもフレッシュ!!!!

そして、悦子さんはとても「腑に落ちる」かた。
表現、ハンズオンがアタマではなく、お腹に入ってきます。
それがとても不思議です。


初めて受講しているような新鮮な気持ちで、もう一度
大好きなジャイロトニックと向き合っています。
そして、原点に立ち返り「なぜジャイロトニックなのかな?」と
考えながら毎日を過ごしています。

2011年03月04日

スペースを作る。

いろいろ思うところもあり、東京での仕事を
さらに整理することにしました。
4月からはナチュラルフローのジャイロキネシスと
以前から声をかけていただいていたティップネス五反田店の
ジャイロキネシス有料クラスの2本のみ。
かわいがっていただいたみなさんとお別れするのはとても残念なのですが、
4月からは鎌倉の生活と仕事をメインにしました。


正直、金銭的に厳しいかな?と思うこともあるのですが、
欲張るとろくなことがないのは自分でもわかっています。
ムリしてあれこれやれば疲れるし、余裕もなくなる。
楽しさやそれを味わう時間もなくなってしまう。
そう、あれもこれもは不器用な私にとって、疲れるもとなのです。


というわけで、仕事のうえでスケジュールにスペースを作ってみました。
関節にスペースを作るジャイロトニック、ジャイロキネシスみたいですよね(^_^)v
そんなふうにスペースを作ってみたら、福岡のてだかのりえちゃんからこんなステキな
リクエストが飛び込んできました。


「ゆきぷ、うちでジャイロキネシスのプレコースやらない?」


大好きな福岡。
しかも仲良しののりえちゃんがサポートしてくれる!
行かないわけがないじゃないですかあああああー(興奮)。


というわけで、今年8月、福岡でジャイロキネシスプレトレーニングを
開催することになりそうです。
そして、もうひとつ。
こちらは来年ですが、ジャイロキネシスプレコースのリクエスト、
もう一か所でいただきました。パチパチパチ。

スペースを作ってドキドキでしたが、
作ってみたら「あれ?」。
そこには新しいなにかがやってきてくれるのですね。
怖がらずにスペースを作ったからこそいただけた
新しい出会い・・・大切にしていきたいと思っています。


そして、今までかわいがっていただいたみなさん、
本当にありがとうございます。
強く望めば、きっとまた新しい形でみなさんとつながれるはず。
と信じてます。
次のステップへ。さらにその先に。


そんなふうに感じていただけたらうれしいです。


私自身もそう感じています。

手をかける。

セッションが始まる前は
どんなことがあっても必ずお掃除をする。


それがKuuの数少ないルールのひとつです。


Kuuは築20〜30年ぐらいの古い民家。
鎌倉周辺で今はやりの「古民家」の部類に
含まれるのでしょうが、このタイプ、実はちょっとやっかい。
一見おしゃれな空間ですが、ちょっとでもほこりなどで汚れたりすると
ただの古くて汚いおうちになってしまいがち。

なので、丁寧にお掃除!が命なのです。


というわけで、せっせと掃除をしているわけですが・・・。
でも、そうこうしているうちに気がついたことがあります。


お客様に
「なんだか居心地がいい」と言っていただけることが増えてきたのです。

お掃除をすることでスタジオという空間に「手をかけている」からかも
しれません。
マシンもたなかがいつも丁寧にメンテナンスをしています。
グリーンたちもときどき日光浴をしています。
花粉やインフルエンザに備えて空気清浄機も置きました。
オリジナルアロマオイルもいつも焚いています。


日々の当たり前のことだけど、空間も生き物。
手をかけてもらえればうれしいのでしょう。
今までよりもさらにいいエネルギーを感じるようになりました。


空間はもちろん、セッションやお客様とのつながりに
手をかけること、手間を惜しまないこころ・・・大切に
したいと思っています。
それがわたしのしたいことです。


2011年02月25日

長い旅の始まり。

長い旅がスタートする。


そのお知らせのメールをいただきました。

この旅はたくさんの山や谷があることを感じさせる
長い長い英語のメール←もちろん読めません(-_-)
まずはこのメールの解読が旅の準備の第一歩。
暗号じゃないのに解読と書いてしまったのは、
「24」の見過ぎです。ごめんなさい(^_^;)


どんな旅になるのか、今はまだまったくわからないけれど、
大好きなこととわくわくすることをいつも選んでいけば
きっと大丈夫。
今まで「やりたい」と思ってできなかったことはなんにもないはずだから。
失敗しても転んでも、最後まで「やりたい」と思い続ければきっとできるはず。


気がつけば、ここ数年は整理の時間でした。
そう。この旅に出るための。


だから、大変だけど、わくわくです。
ドキドキです。

始まったらどんな旅かお知らせします。
まずは英語の解読から←しつこい。

自分を信じる旅に出よう!


2011年02月20日

ステキ過ぎ!!!(うれしい!楽しい!!大好き!!の巻)

久々にのぞいた大好きな「ラ・ジュルネ」のブログで見つけた写真。
見た瞬間に「きゃー!!!!」。
ステキ過ぎる。
元気度up。保証付き。
というわけでおすそわけ。
http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201101/24/11/b0165511_0141616.jpg


・フリーの演技はliveでみられなかったけど、四大陸大会の高橋大輔さんのショートプログラム。
これも「きゃあああああー!」でした。
彼の表現力、日本人離れしてますね。
全身から溢れるpassionとあの表情。ステキ過ぎです。


・イトオテルミーをお友達から施術していただきました。
お灸の一種と考えると理解しやすいと思います。
とにかく温かくてからだの芯からゆるんでいくのがわかる、
こころもからだもほっこりする療法です、
ジャイロトニックやジャイロキネシスをやるまえに
やったら、からだが喜ぶこと確実!
また受けたいなー。


・先週受けたピラティスアライアンス・大場美佐子さんの
セッション!自分が求めていたものをドンピシャ!で教えて
もらえて、興奮しました。
ジャイロトニックやジャイロキネシスでクリアできないことを
お話すると、それをクリアするために意識するとよいことを
からだで感じさせてくれる大場さん。
セッションを受けることは大切。とくにからだを見る目がある人のセッション!!

バタバタした一週間で感じたこと。
感じたままに書いてみました。
明日からはジャイロトニックファウンデーションのサポート部隊として
ナチュラルフローにお邪魔しますです。

2011年02月12日

10歳のわたし。

突然ですが、みなさんは10歳のころ、
どんな「自分」だったか、覚えていますか?


「うーん」


私は正直、あんまり覚えてないんですよね。
ただ、ピアノが大好きで、学校の机を鍵盤がわりに
指を動かしていたのを覚えています。
先生に注意されたことがあったなあ、と。


野球が好きで父に後楽園に連れて行ってもらうように
なったのも10歳ぐらいだったと思います。
王貞治の下敷きやノートを持っていました。
高橋慶彦が大好きになり、週刊ベースボールを買うように
なるのはこのころの影響です。


ピアノの先生か学校の音楽の先生になりたいなーと思っていたようです。
ピアノが大好きで、ピアノや音楽を職業にしたい、と漠然と考えていたころ。
そして、先生という職業になぜか興味を持ち始めたのもちょうどこのころでした。
こんな先生になりたいって自分のピアノの先生に憧れていたなあ。
ふんわりしているけど、ピリッとスパイスの効いた的確なアドバイスをくれる
先生でした。ただやさしいだけじゃなく、厳しいけれどでも、できたときは
きちんとほめてくれるかたでした。


10歳のころのわたし。
毎日、元気にピアノを弾いて学校に行き、
アルプスの少女ハイジのようにコロコロと笑い、
走り回っていました。


そのころのわたしは今のわたしをみて、どう思うかな?

元気で楽しい大人だと思ってくれるかな?
楽しそうな大人だと思ってあこがれてくれるかな?
ステキな大人だなあと思うかな?

そんなことを考えました。


素直なこころだった10歳のころの自分に
「そんな大人になっちゃったの?」と思われないような生き方、
実はとっても簡単そうで難しいです。


こどものころの自分があこがれてくれるような
ステキな大人でいられるような生き方、これからもしていけたらいいなと
ふと思いました。


鎌倉はとってもいい天気。
こんな晴れた空のようなジャイロトニックを提供できますように!

2011年02月08日

ふくらはぎが太いと思っているかたへ。

エアロビクスインストラクター時代、
「立派なふくらはぎをしてるね」と
何度も言われたゆきぷです(T_T)
辞めてもそのご立派なふくらはぎは変わらなかったですけど。


からだのわりにふくらはぎが太い。


それほど太ってないのに、ふくらはぎが太いことを
気にしていたゆきぷですが、最近、「ふくらはぎが
細くなったのでは?」と言われることが多くなり、
ちょっとビックリしています。


いったいなぜ細くなったのか。


いろいろ考えてみたところ、足裏マッサージとトレーニングを
始めてからということに気がつきました。
足裏マッサージは雑誌「Jane,」で取材していただきましたが、
とってもシンプルで簡単です。
ジャイロキネシスのセルフマッサージをやったことがあるかたは
あんな感じでいいと思います。
意識することは「骨を動かすこと」と「触り残しがないようにマッサージする」こと。
この2つを意識してすみずみまでマッサージした後、
足指ジャンケンの練習をちょこっとやってます。
本当にもうそれだけ。
マッサージはマッサージオイルを使ったほうがいいとは思うのですが、
そんなことよりもしょっちゅう、時間があればやるようにして
「足裏を感じる」ほうが大切だなあと最近は思っています。
なので、とにかく足裏を触る、感じることを意識しています。


そうそう。気がついたら人差し指と中指の間にあったタコも
なくなっていたですよー。パチパチパチ(^_^)v

そして、もうひとつ。

人生始まって以来なのですが、ロングブーツを履いています。
これがとってもいいのです。


私は両方の足首の靱帯を断裂していて、とても足首が不安定なのですが
ブーツを履くことで足首が安定して歩きやすいのです。


足裏マッサージとトレーニング、そしてブーツでふくらはぎが細くなった。
逆に考えれば、足裏の感覚の低さや弱さ、足首の不安定さをふくらはぎが
カバーしていたってことですよね。


そうか・・・ふくらはぎが太かったのには理由があったのねん(T_T)
ごめんね、ふくらはぎ。


太いふくらはぎを悪者にしていた自分をちょこっと恥じているきょうこのごろで
ございます。


ふくらはぎが太いかた、足裏や足首も要チェックです!!!


◎2月27日ジャイロキネシス@辻堂・スキップ!ダンススタジオの詳細はこちらから。
http://ymt.cside.tv/apps/2011/02/post_414.html

◎ジャイロキネシス@茅ヶ崎 ドロップインのお知らせはこちらからどうぞ。
http://ymt.cside.tv/apps/2011/02/post_413.html

2011年02月01日

only one

きょうから2月。
偶然ですが、お財布を変えることになりました。
今まで使っていたブランド財布は悪くなかったのですが、
もうかれこれ数年使っているし、
「このところなんとなくテイストが違うんだよね・・・」的な
気分だったもので、手作りの革財布に変えました。
とてもきれいで大きめのお財布。
使えば使うほど手になじみそうな子です(^_^)v
仲良くなれるといいなー♪


昨日は午前中の仕事が終わったあと、相方たなちゃんと一緒に
鎌倉散策にでかけました。
自転車に乗って最初に目指したのは長谷寺。
海側にある長谷寺は上まであがると絶景の眺望!
やっぱり海の近くはいいなーと感じずにはいられない
美しい景色と空気を味わってきました。

そしてその後は高徳寺で大仏様のなかに入ってきました。
子供のころはもっともっと大きいと思っていた大仏様。
今、近くで見ると「あれ?」

意外と小さかったです。
でも、中はほっこり温かくてなにかに包まれているような気持ちになりました。


裏駅のスタバで一息、最近ハマっているほうじ茶ティーラテ(ソイバージョン)を
飲んだ後は銭洗弁天まで自転車でgo!
もう坂道だらけで43歳の私には拷問でした。
でも、山の空気もやっぱりよいです。
しっとりと落ち着いて・・・そしてひんやりと霊験あらたかな場所であることを
実感しました。


ぐるぐると回って、スタジオで雑務をしながらふと思いました。
やっぱり鎌倉はいいなあと。
海も山もある。そして、たくさんの神社仏閣に恵まれ、本当にいいエネルギーに
恵まれている土地だなあと思いました。
そんな場所だからこそできること・・・きっとあるよね。
うん、絶対にある!
そう思いました。


なので、ゆっくり・・・
鎌倉にあった鎌倉ならではの「からだとこころが元気になる」こと、
提供できたらなあと改めて思いました。


というわけで珍しく写真を入れてみました。
よく言われるのが
「ゆきぷは自分の写真を載せない子だよね」。
なので、たまにはね。
大仏様とご一緒させていただいたし。

photo.jpg

2011年01月29日

2011年 ジャイロキネシスプレトレーニングコース、開催します!

マイアミから帰国して気力・体力、超充実!の
ゆきぷです。
なので、やりますよー。
ジャイロキネシスプレトレーニング。
4月はいつもお世話になっているナチュラルフローでの開催です。
詳細はこちらからどうぞ。
http://naturalflow.cside.com/workshop/2011_4_jk_pre.html


このコース、すでにファウンデーションコースも5月開催が決まっているという、
とても流れがいいコーススケジュールになっています。
ファウンデーションの日程その他はこちらからどうぞ。
http://naturalflow.cside.com/workshop/2011_5_jk_found.html


ファウンデーションコースの担当はもちろん、私のネットワーキングマスタートレーナーである井上朱実さん。今年は講師として沖縄や北海道でもイベントクラスをやるみたいです。
朱実さんのコースの面白さは、感覚的なところ。
表現やハンズオン、指導の随所随所に感覚でキャッチする楽しさがあって、とてもジャイロらしいなと思います。
こころもからだもhappyで広がり、深まりができるコースです。


そして、そんなコースに対応できるような体力、気力を充実させるプレコースをします。
もちろん、ジャイロキネシスの楽しさをお伝えできるようにと思っています。
ジュリウやたくさんのマスタートレーナーのコースを受講出来るチャンスに恵まれたから
こそ経験出来たジャイロキネシスの楽しさ、すばらしさを体現していただけるような
6日間になるはずです。
ぜひご参加下さいませ。


さらにもうひとつ!!!!
これはビッグニュース!とも言えるかな?
3月、茅ヶ崎で初めてジャイロキネシスプレコースを開催する予定です。
詳細が決まりましたら、お知らせします。
東京や関西でしか受けられなかったコースが
やっとやっと実現します(涙)。
超うれしいッス!
ずっとずっとやりたいと思っていたことがひとつ実現します。
こちらもご興味あるかたはぜひご連絡くださいね。


2月を飛び越えて3月、4月のことになってしまいましたけど、
春はわくわく!になりそうな予感です。
happy happy spring&spiral!ですね。

2011年01月26日

内側の満足。

昨日の夜、無事に帰国しました。


スーツケースもそのままに12時過ぎに寝て
今朝は7時に起きました。
時差ボケ・・・それほどないような。
帰りの飛行機でも13時間ぐらい、一睡もせずに
映画を見まくりました。
往復の飛行機でみた映画は計9本。
ふだんはそれほど見ないのですが、ここぞとばかりに
飛行機では映画を楽しみます。
今回はベン・アフレックの「ザ・タウン」を始め、
「ウォール・ストリート」「ソーシャル・ネットワーキング」
そして「海猿」三部作などなど。
わたしの師匠・井上朱実さんおすすめの「食べて・祈って・恋をして」も
みることができ、happyでした。

さて、きょうのタイトル「内側の満足」は今回、
コース最終日にジュリウが言っていた言葉です。
可動域が広くなるとか、すごいことができるとか、
大切なことはそうじゃなく、「内側から満足すること」というような
ことをお話していました。
からだの内側から満足するためには、呼吸がとても大切ですよ、と。

行く前から「自分の内側」ということを考えていました。
からだももちろんですが、自分のこころ、きもちのこと。


以前はあれもやりたい、これもやりたい!
もっと勉強したい。
自分の外側にある世界を求めることばかりしていたんだなあと
言うことに、最近、気がつきました。

そして、今、自分にとって大切なのは
じぶんの内側にあるものと向き合い、それを
表現していくことなのかなと思っています。


自分の内側にある、自分の想い、自分の望んでいること・・・
表面的なものではなく、潜在部分に秘めていることを
表現していきたいなと感じています。
うまくできるかわからないけれど・・・。

からだもこころもオープンになればなるほど、
求める部分は内側の深い深いところになるのだね。

・・・そんなことを感じているきょうこのごろです。
さて、おれの内側にあるものってなんだろう?はて?


2011年01月24日

なんだ、そうだったんだ!

ジャイロキネシスレベル2最終日は10時に
スタジオに集合。
約20名が歩いてビーチへ。

ビーチへ到着すると、全員が裸足になり
ジュリウと一緒にビーチを歩き始めました。
水着になるもよし、上半身裸になるもよし・・・
呼吸を感じながら、自分のからだが欲することを
すればよいという時間でした。


国籍も年齢も違う約20名の裸足の集団はとても
不思議な感じがしたのでしょう。
ずいぶんと不思議な顔ですれ違う人たちに遭遇しました。
小さくハミングをするジュリウ。
スキップしたり、おどけながら歩くトレーナーさんたち。
青くて大きな空の下、こころもからだもすべてが自由に
なっている・・・そんな時間を過ごしました。


そのなかにいて、気がつきました。
私の大好きはここにあったんだなーと。

ジャイロトニック、ジャイロキネシスはもちろん
エクササイズとしての形はあります。
でも、何より大切なのは「楽しむこと」。
大好きな映画や
大好きな音楽、
大好きなワインや
大好きな友達・・・
そんななにかと同じだってこと。

ジャイロトニックもジャイロキネシスも
私にとっては本当に大切で大好きなものです。
でも、それが「仕事として」になってないかな?
最近、ちょっぴりそんなふうに思っていました。
そして、仕事ではない「楽しいこと」「大好きなこと」が
わからなくなっているのではないかな?と
思ったりすることもありました。
趣味が本当にないのでね(^_^;)

でも、きょう、あの瞬間。
いろんな国からきた、一緒にコースを受けたトレーナーさんたちと
ビーチで過ごしたウォーキング・・・そこにすべての答えを
感じた気がします。
理由や理屈は必要なくて、ただここにいたい。
ただ、うれしいだけ、楽しいだけでいいんだな、と。

青い空の下、本当にhappyな時間をありがとう!
帰りにジュリウにハグしてもらっちゃいました(^_^)v
というわけで、これからルームメートのたえちゃんと
ディナーのあと、帰国します。

帰ったらますます元気よくジャイロトニック、ジャイロキネシス
いたします。
みなさん、覚悟してお待ちくださいませ(^_^)v

待っててー、みなさま!!!!

2011年01月23日

最終日のgift

ジャイロキネシスレベル2最終日の今朝は
とてもいい天気。気温はいつものマイアミとは思えない
ぐらい冷たい風が吹いているけど、太陽はぴかぴかです(*^_^*)


さて、そんな朝。
きょうのレッスンはなんとビーチで!
しかもジュリウがウォーキングとブリージングの
クラスをしてくれるらしいのです。
内容は行ってみないとわからないのですけどね(笑)。

いつもコースで使用している教会のスペースが
日曜朝は使えないそうで、きょうはスペシャルクラスに変更になりました。


でも、それがとてもうれしいです。
なぜならジャイロキネシス創始者・ジュリウの歩く姿は
とってもとっても美しいから。


鎌倉の海でとんびを見ると思い出すのがジュリウのこと。
とんびが風にのって飛ぶ、無駄のないその姿とジュリウの
歩き方がとてもリンクするのです。


無駄のない、でも無理のない美しい歩き方を
するジュリウ。ジャイロトニックのコースを
LAで初めて受けたとき、その美しさに魅了されたこと、
今も覚えています。


それを美しい、最高に気持ちのいいマイアミのビーチで
もう一度、感じることができる・・・そう思っただけで
本当にしあわせです。

たっぷりたっぷり・・・しあわせをかみしめてきます。
最後までステキなクラスになりそうで興奮ちう(*^_^*)


2011年01月22日

たくさんの出会い。

ジャイロキネシスレベル2も残りあと2日。
昨日からスタンディングパートに取り組んでいます。

今回は私の大好きなニューヨーク在住のマスタートレーナー
森山尚子さんも参加。
2年前のドイツでご一緒させていただき、以来、かわいがって
いただいています。

昨日も私が風邪をひいたことを心配し、
ジーナに話してくれました。
ジーナはWhole foods marketでナチュラルな
風邪のケアをするドロップなどを購入してきてくれました。
おかげできょうはとても元気です。

日本でジャイロトニックトレーナーとして活躍している
朝倉重美さんも今回は参加しています。
昨日は尚子さん、重美さん、そしてルームシェアをしている
津田妙子ちゃんとジーナを囲んで食事会。
スタジオのそばにあるインド料理のお店で
あれこれいろいろ食べました。


最近はマクロビオティックをかなり専門的に
勉強しているジーナが推薦してくれたお野菜を
メインにしたインド料理はとてもおいしかったです。
ほうれん草とカリフラワーのすりつぶしたケーキの
ようなものや2種類のソースがついた野菜のサモサ。
たっぷり食べて元気になりました。


そして、尚子さんやジーナ、重美さんと話すチャンスに
恵まれ、とても楽しかったです。


日本にいるときはなかなかゆっくりお話できないかたたちとの
お話・・・とても楽しいし、いろんなことを考えるステキな
ヒントやきっかけになります。


そして、こうやっていろんなかたと出会えることが
ジャイロトニックやジャイロキネシスのおもしろさと
ミックスされてますますhappyになるのを感じます。

残り2日もますますhappyに楽しんできたいと思います。

2011年01月19日

きょうもわくわくしてきます。

ジャイロキネシスレベル2も6日目。
フォーマット2の最終日です。

もう5回、このコースを受けています。
そして、合間にはワークショップ、
イベントクラスでジャイロキネシスレベル2を
受けてきました。


もうそろそろ飽きてもいいころだと思う。


のですが、飽きないし。
むしろますます面白いし。
いったいどうなっているんだろう?
と、自分ですら思います。


やっている間もわくわくしてしまう
このエクササイズ。
青い海や広い空と同じように、
自由に思いっきり気持ちよさ、心地よさを
感じて動いていいんだ。
それだけでしあわせになれるから不思議です。


さあ、きょうもわくわくしてきます。
いってきまあす。


2011年01月18日

ただそれだけのこと。

コースがスタートして5日目。
今回は一度も仙腸関節の痛みを感じません。

ただそれだけのことですが、私にとって
とてもとてもうれしいことです。


ジャイロトニックを始めたのが2001年。
翌年にティーチャートレーニングを受け、
ジャイロトニックとジャイロキネシスの旅が
スタートしました。

始めた2001年から今年で10年を迎えますが、
仙腸関節の痛みがないコースは今までで一度もありませんでした。


大学に入った頃から痛み出した仙腸関節。
当時はそれが仙腸関節だとは知らず、「腰痛」としか
判断できませんでした。


子供の頃に週刊ベースボールで読んだ
「腰痛のときは固いところに寝る」という
プロ野球選手の言葉を思い出し、腰痛の日は
フローリングの上にそのまま寝ていました。


レントゲンやMRIはもちろんとりました。
カイロや整体にもお世話になりました。


ジャイロトニック、ジャイロキネシスを始め、
とても調子がよくなったことは本当です。
でも、コース中、一度も痛みがない・・・ということは
正直、ありませんでした。

今回はまったく痛みを感じません。
自分のからだじゃないぐらい、腰の痛みがありません。
そのおかげでほかの動きもとてもやりやすく、
動きやすいです。

昨年後半からロルフィングのユキさんにお世話になっています。
動くためのからだを作っていくために彼女にセッションをお願いする
ようになって、とてもよかったこと。
それは彼女がなによりも「感覚」を大切に伝えてくれることでした。


からだを感じることはとてもとても好きでした。
そして、そのことをとても楽しいと思っていました。
でも、それが解剖学や知識と比較すると
「たいしたことない、必要のないもの?」なのかな?と
思うこともありました。
「難しいことはすごい。えらい。すばらしい。」・・・単純なわたしは
ときどき、そう思ってしまうのです(^_^;)


それがユキさんと出会ってから
ガラリと変わりました。
彼女が伝えてくれる「こんなふうに感じて」が
とてもスルーッと自分の中に入ってきて、
それをすると、からだがとてもらくになりました。
自分の感覚を信じることがとても楽しくなりました。
ユキさんから教えてもらったように動くと
本当にからだが音楽になったようになめらかに
流れるように動けるのです。


そして、自分の感覚で感じたことをセッションでお客様に
「手で」伝えることを今まで以上に意識するようにしています。
言葉だけでなく感覚・・・それを感じることの楽しさを
もっともっとたくさんのかたに知ってほしいと思うから。

痛みがない・・・ただそれだけのことですが、
それが私のなかでこんなふうに広がっています。
とってもうれしい。

ユキさんのセッションを受けながら
同時に私にアドバイスをくれる人がたくさんたくさんいます。

いつも一緒にマイアミにくる海老沢ちづちゃん、
富山のジャイロ仲間の中川ひでちゃん、
コンディショニングをお願いしている石井美和子さん、
MATの荒和尚・クリスティーネご夫妻、
そして私のコースを受講して、その後はたまに
トレーニングを指導してくれている大曽根聡さん・・・
ユキさんをはじめ、たくさんの人のサポートのおかげで
今のわたしのからだなんだなあと思います。

からだはその人、そのもの。


痛みがない。
ただそれだけのことですが、
そのなかにあふれるたくさんの人の
思いと愛に支えられながら、マイアミの空の下、
ジャイロキネシスレベル2を楽しんでいます。


happy spiral!

2011年01月17日

第2クールに突入!

お休みをいちにち挟んで、きょうからまた3日間のコースが
スタートします。
この3日間はフォーマット2。
ちょっと難度があがって、股が裂けそうになったり、股が裂けそうになったり・・・
ええ、2度も同じことを書きたくなるぐらい股が裂けそうになる3日間です(^_^;)
今回は少しらくになっているといいけど・・・。


さて、日々、とても早寝をしています。
毎日、ルームシェアをしている津田妙子ちゃんと
自炊してお部屋でごはんを食べ、夜10時には寝ています。
朝6時半まで寝ているので、約8時間半・・・日本に
いるときの分まで寝ています。


そのせいか、すごくたくさん夢をみます。
それも奇妙な夢ばかり。
ダウンタウンの浜ちゃんの前で全裸になる夢とか
金子賢さんとつきあっている夢とか。
もうまったく意味不明。


起きてからじっくり考えていると、
ちょっとしたメッセージがあるんですよね。

小さな小さなメッセージを見逃さず、
本当に自分が求めていることと向き合うことが
できる今、この時間を大切に
過ごしたいなと思います。


それにしてもなぜ全裸???
でも、そこにもメッセージはあったのですだー♪


うふふふー。


2011年01月14日

「筋肉しなやかー」のアロマオイル。

渡米前日、行田にあるピラティス&アロマスタジオ「colorful body」に
お邪魔して、スポーツアロママッサージを受けてきました。
施術してくれた、スタジオオーナーはMOVESのピラティストレーナー
村井千波ちゃん。
彼女のアロマはとてもいいです。
からだの芯まで届くようなマッサージをしてくれます。


さて、そのとき作ってくれたオイル「筋肉しなやかー」をマイアミに
持参してきたので、昨日はコース後のお風呂後、さっそく塗りました。
肩胛骨周り以外はとてもかるいです。
ただし、肩胛骨周りは涙が出そうなほどの筋肉痛・・・かなりやったのでね。


マイアミではこのオイルにお世話になってがんばるです!
アロマオイル、今回のコースの強力なサポーターです(^_^)v

千波ちゃんのサイトはこちらからどうぞ。
http://ameblo.jp/mura1wave/

行田は赤羽から50分ぐらい。
意外と近いです。駅からも5分ぐらいだし。
それにやっぱり「からだを預ける」って見知らぬ人には
抵抗あるもんね。
というわけで、千波ちゃんはおすすめです。
帰国したらまた行かなきゃ!


さて、2日目もがんばってまいります。

2011年01月13日

始まります!ジャイロキネシスレベル2@マイアミ(は4回目)

マイアミ到着後、時差ボケと長旅の疲労から倒れたように
寝てましたが、なんとか回復!これからコース初日を迎えます。


ジュリウのコースは4回目、エリカのコースを合わせると
5回目・・・と思っても、やっぱり緊張するコース初日。
去年より少しは成長しているかな?
どきどきしながら行ってきます。


想像以上にマイアミは寒く、しかもみなさん吹雪に巻き込まれ予定通り
マイアミに到着できなかったようです。
そんななか、無事、予定通り到着できたうえ、ニューヨークでの乗り換え時には
ANAのかたがとても親切にしてくださいました。
ANAのかたがいなかったら乗り過ごしたかも。
ありがとうございましたー。
そうそう、ANAの機内食、とてもおいしかったです。
あまりのおいしさに白ワイン2本、空けました(^_^)v

昨日はほかの受講者のかたに
「いつ着いたの?」と聞かれ
「tomorrow!」とやらかしました(笑)。
それもいつも通りってことで、楽しんでまいります。


いってきまーす!


2011年01月12日

マイアミに到着!!

無事、15時間ぐらいかかってマイアミに到着しました。
取り急ぎ。


2011年01月11日

成田空港なう。

11時発ニューヨーク行き飛行機を成田空港で待っています。
準備万端と思ったら、残念‼
電子辞書忘れたです。
ひゃあ(; ̄O ̄)


さて、空港で本を購入しました。

「野村ボヤキ語録」


マイアミでノムさんのボヤキ、堪能します。
では行ってきます。

経験が作る感覚 だからマイアミに行くのだ!!

というわけで、午前2時。
あと4時間半後に家を出るゆきぷー(T_T)
相変わらずバタバタ、そしてギリギリ。
人生、綱渡り〜♪←そんな歌はありません。
ですが、無事、準備できました。


きょうからジャイロキネシスレベル2を受講するため、
マイアミに行ってきます。2週間ほどお休みをいただきますが、
たくさんたくさん動いてきます。
たくさんたくさん新しい経験ができるように・・・と思っています。

最近、思うことは経験が人や感覚をつくるということ。
たとえば、ピラティス。

グループクラスで「骨盤底を意識する」とします。

もちろん、キューイングではさまざまなイメージや
具体的な方法をお伝えするでしょう。
ただ、からだの中の意識は見えないし、正解がわかりづらい。
となると、お客さまは自分の感覚が頼りになるわけで、
その感覚は今まで自分が経験したことを頼りに
「こうかな?」「こんな感じかな?」と探っていくわけです。


パーソナルであれば、トレーナーのかたが「いいですよ」
「できてますよ」と確認、修正しながら進んでいくのでしょうが、
グループクラスだったら・・・お客様は自分の経験からできる「感覚」で
意識、そして動きます。
エクササイズの形がそこそこ出来ていたら、このお客様はOKなわけで
からだの内側でどんなことを感じているのかという部分まで掘り下げることは
とても難しいと思います。


でも、そうすると、からだで感じた経験が少ないお客様は
もしかしたらうまくいかない可能性がある???と思ったゆきぷです。

それはジャイロキネシスにも言えますし、ボディーワークでは陥りやすいことなのかも
しれません。

お客様に伝える立場であるわたしたちもできるだけ、からだでたくさんの
経験をし、より深いところまで感じられるようになることが大切なのかなと
思いました。


30歳過ぎるまで学校の体育ぐらいしか運動経験がないわたしにとって
じぶんのからだで少しでも多くの経験、感覚をつかむことはなによりも
かけがえのないことだと思っています。
なので、今回もたくさんたくさん動いてきます。
できないことも苦手なこともすべて含めてからだで感じ、ことばや動きに
できるように。
そして、もっともっと楽しさや喜びが表現できるようなからだになれたら
いいなと思いながら、マイアミに行ってきます。


ジャイロキネシスになりたーい!


と思いながら行ってきますです。
あと何回やればなれるかな?ふふふ。

2011年01月07日

うれしい!楽しい!!大好き!!!【2011年1月バージョン】→たぶん、シリーズ化すると思う。

最近、「うれしい!楽しい!!大好き!!!」と思うこと。


・ジャイロトニック、ジャイロキネシス→言わずもがな。

・「24〜twenty-four〜」マラソン by FOX TV→お風呂にもベッドにも入らずの3日間

・ほうじ茶ティーラテ(豆乳バージョン)by スタバ

・ラ・ジュルネのブログ→まかないがとってもおいしそうでほこほこしまふ。
http://lajournee.exblog.jp/

・祥見知生さんの文章→言葉はその人そのものだと感じずにいられません。
http://d.hatena.ne.jp/shoken/

・ACOTの焼き菓子といつもお店にいる樋口さん→行くだけでとても温かい気持ちになれます。
http://www.acot.jp/


・・・あれこれ書いてみました。
なんで、こんなことを書いてみたのかといいますと。


自分の思考を自分がhappyになるために使ってみたかったから。
ほおっておくと、あれこれつまらないことを考えたり、
余計なことを推測してみたり・・・。

でもね。思ったんです。
人はみんなhappyになっていいんです。
で、そうなるためには、アタマのなかみもhappyじゃないとね。
しあわせになるためのこと、考えているだけでしあわせになること・・・
自分のために、自分の脳をそんなふうに使ってあげるだけで
もっともっとhappyでいられるのでは?と思ったのです。


つらくなったとき。
ネガティヴな気持ちを持ちそうになったとき。


ムリせず、自分の脳を「うれしい!楽しい!!大好き!!!」で
いっぱいにしてあげればいいんだなーと思ったゆきぷです(*^_^*)


みなさんもtryですのだー。


わくわくが止まらないーっ!dance artist AYANOちゃんのこと

お友達の磯村かよちゃんから昨年、
「ゆきぷに紹介したい子がいるんだよねー」と言われ、
紹介されたAYANOちゃん。


ティップネスなどでダンスクラスを担当している人気インストラクターで
あるだけでなく、今までにないスタイルで「歌う!魅せる!踊れる!」を体現できる
「dance artist」を目指しているAYANOちゃん。
和太鼓とのコラボレーションや三・三・七拍子で一体感を作り出す
参加型スタイルのとてもユニークなダンスイベントを中心に活動するパワフルさと
素直で大分弁が人の心をほっこりさせるやわらかさがミックスされたかたでした。


そんな彼女を紹介された理由は、彼女が腰痛だったから。


なんとかレッスンはしているけれど、いつも痛みという爆弾を抱えていた
AYANOちゃん。踊れなくなるかもしれないという不安といつも背中合わせで
あるつらさは、エアロビクスを教えていたころの自分を彷彿とさせました。
もちろん、私は「力になるよ!」と二つ返事で、
私のジャイロトニック、私のお友達であるクリスティーネの
マッスルアクティベーションテクニック、理学療法士の石井美和子さんの見立て
など・・総力をあげてサポートをしました。


その結果、昨年、石井竜也さんのライブでのバックダンサーを務めることができたり、
12月にはなんとAYANOちゃん本人がディナーショーを開催、100人近いお客様が
いらっしゃいました。


まだからだはパーフェクトではないけれど、
痛みから少しでも解放されたことで
一歩一歩、夢に近づいていることを実感しているAYANOちゃん。
彼女が今年、さらに夢に近づき、
自分と同じダンサーさんやダンスを愛する人をサポートするために
決意したことが「ジャイロキネシストレーナーになる!」なのです。
その決意はこちらからどうぞ、
http://ameblo.jp/ayanoogata/entry-10752066105.html


2011年、最初のジャイロキネシスプレトレーニングは、
AYANOちゃんと一緒になりそうです。しかもこのコース、
湘南方面での初開催になりそうです。わーい!パチパチ!!
わたしの大好きなジャイロキネシスで夢を追いかける人のサポートが
できること、とてもうれしいです。

ジャイロキネシスのhappyなエネルギーがさらにhappyになりそうな予感!
わくわくが止まらないですのだー。

2011年01月04日

お呼ばれしてまいりました(^_^)v 2010年のことですが・・・。

2010年、いちばん最後のステキなイベントは
これでした。

「運動連鎖アプローチ研究会+てぃーだコンディショニング合同忘年会」

ボディワークに興味をお持ちの理学療法士さんを中心に
ヨガの先生や音楽家のかたなどなど35名ものみなさんと
2010年の最後を楽しみました。


ちなみに企画してくださった山本尚司さんと仲村圭さんは
私のジャイロキネシスプレトレーニングを受講してくださったかたです。
お二人とも知識、経験がとても豊富なかたにも関わらず、
とても腰の低い、勉強熱心なかたです。
コースの時もとても熱心でした。
忘年会の詳細や山本さん、圭さんのことを知りたいみなさんは
こちらからどうぞ。


運動連鎖アプローチ研究会・山本尚司さんのブログ
http://rensa.blog43.fc2.com/blog-entry-839.html
てぃーだコンディショニング・仲村圭さんのブログ
http://ameblo.jp/tida-biz/entry-10753473945.html


オペラ歌手のかたが歌ってくださったり、
プロのアコーディオン奏者のかたが演奏してくださったり・・・・
2010年ラストにすばらしいもの、ステキなかたにたくさん触れることができました。
そうそう、私の大好きな目黒若菜姫や私のマスタートレーナー井上朱実さんも
いました。


ステキな会にお誘いいただき、山本さん、圭さん、ありがとうございました。
2011年もどうぞよろしくお願いいたします(^_^)v

ピカピカの2011年!!

あけましておめでとうございます。
新年っていうだけでピカピカしているなー。
今年はどんな一年になるのでしょう?
昨年はたくさんのかたと一緒にジャイロトニック、ジャイロキネシスを
楽しむことができ、とてもhappyでした。
本当にありがとうございました。
今年もますます元気にいきますよー。どうぞよろしくお願いいたします。


今年のキーワードはこれ!
「スーパーラテン系」


1月2日、鎌倉でジャイロトニックと初詣をして
帰京する電車のなかで突然、このキーワードが舞い降りてきました。
陽気で明るいラテン系よりさらにもっと陽気で明るく!
そしてうきうきわくわくする毎日を・・・ってことなのかな?
突然、降ってきたのでまったくわからない(^_^;)
言葉と一緒に降ってきたイメージは「大陸」でした。
いったいなんなんだろう?


大陸で育ったような大きな心で・・・・
明るく陽気に毎日を過ごせたらいいなと思っています。
そして、ますますジャイロトニックとジャイロキネシスを
たくさんのかたと楽しめたらうれしいです。
陽気で元気なこころとからだを目指すみなさん、ジャイロトニックとジャイロキネシスですよ!!!!


しかし、今年のお正月はとにかくなにもしなかったです(-_-)
FOX TVで放送されていた「24」のノンストップをひたすら観ていました。
それをみながら、気がつくとジャイロキネシスレベル2の練習をしていたゆきぷ。
ええ、そうです。
来週からジャイロキネシスレベル2@マイアミ(今年で4回目、レベル2は計5回目です)で
マイアミに行ってきます→ますますスーパーラテン系になれそう!!おほほー。


今年も元気いっぱいでピカピカのゆきぷです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いいたします。

2010年12月24日

キーワードは「先生」?!

昨日から今年最後のジャイロキネシスプレコースがスタートしました。
今回は受講者3名とこじんまりとしたコースですが、
とってもとってもステキなコースになりそうな予感がしています。


というのは、受講者3名のうちお二人がなんと「学校の先生」なのです。


お一人はもともと私のジャイロトニックを何年も受講されているかたで、
「自分ひとりで動けるようになれたら・・・」と今回、参加されています。
そしてもう一人はなんと北海道から!!!
音楽の先生であるそのかたは、
動いたりするときのボディイメージが苦手なので、
ジャイロキネシスを通じて動きやからだをイメージし、
動くことが楽しくなれば・・・と受講を決められたそうです。


なので、お二人ともすぐにジャイロキネシスのティーチャーになる!というわけでは
なく、冬休みを利用して、ご自身のからだと向き合うことがテーマです。


でも、お二人ともその先に、
「いつか、学校で子供達にジャイロキネシスを教えられたら・・・」と密かに
感じていらっしゃるようでした。

「ジャイロキネシスはどんな人に向いていますか?」と聞かれることがよくあります。
「ダンサーやアスリートはもちろん、デスクワークのかたや主婦のかた、肩凝りや腰痛を
緩和させたいかた、どんなかたにも向いています」とお答えしますし、実際。まさに
その通りで、すべてのかたに対応することができるスーパーサイエンスエクササイズです。


でも、そう思いながらも私のポリシーでもある
「なんでもできるはなんにもできない」がひょっこり顔を出します。


誰でもできる、どんな人にもOKというのは正しい反面、
ターゲットや提供方法がぼんやりしてないか?と思うのです。


で、短絡的ですけど。敢えて恐れず言ってみますが(笑)
「学校でジャイロキネシス」って絶対いいと思うのです。

こどものうちからからだはどんなふうに動いて、どんな可能性を
もっているのか・・・動きのなかで自然に感じられること、
とてもステキなことだと思います。
それがわかっていれば、大人になっても
「座骨ってどこ?」
「肩胛骨って動くんですねー」と言ったような
ことが少なくなり、腰痛や肩凝りの多くは軽減できると思います。
それになにより楽しい!!!
校庭で快晴の空の下、みんなで思いっきりのびのびできたら・・・そう思った
だけでわくわくします。


なので、お二人がこのコースを通じて、いつかジャイロキネシスの
ティーチャーになってくださったらうれしいな・・・と心から思います。
そのためのちからに少しでもなれたらいいな♪ときょうも楽しみながら
がんばります。

なので、「ジャイロキネシスはどんな人に向いてますか?」と聞かれたら
しばらく私は「学校の先生!」と即答しますです(^_^)v


前回のブログに「私の先生」というタイトルをつけましたが、今回の
コースでお二人の先生にお会いできたのでキーワードを「先生」にしてみました。
うーん。きっと今の私は先生がたから学ぶタイミングなのでしょうねー♪ふふふ。
いいなあ、わたしの人生。楽しすぎる。

2010年12月21日

私の先生

父が亡くなってかれこれ10年経つでしょうか。


正直、あまり上手につきあえなかったので
父のようなかたは苦手だと思っていたのですが・・・。

数ヶ月前からKuuに私の父ぐらいの年齢になる男性がいらしています。
数年前に脳血管疾患で倒れ、半身が少し麻痺していらっしゃいます。
タクシーと杖を駆使して毎週1回、Kuuにいらっしゃり、ジャイロトニックを
楽しんでくださっています。


動かしづらい足を動かすとき、ひょいと手でもちあげ
「あ!それはズルです!」というと
へっへっへーと笑ったり。
ハンドルを回すときは
真剣すぎて息が止まっていたり!
ぎこちなかったり難しかったり。
でも、毎週笑顔でがんばっていらっしゃいます。

あるとき、帰り際にひとこと。


「未来が見えた」


そうおっしゃいました。
ゆっくりゆっくりだけれども、
少しずつ変わっていく自分のからだを感じたからこその言葉。
その言葉の重みにいろんなことを感じました。
どんな状況になっても、少しでも変わろう、変えようと思う気持ちが
大切だということ、そして諦めないこと・・・なにげないひと言の
なかにたくさんの意味がつまっていました。

そして昨日。
足裏のマッサージをしているときにぽつりと
「みんな、考えかたが違う」と。
「自分のからだをなんとかしようとしないのね」。

病気とリハビリを経験しているからこそ、動くことの大切さを
実感するひと言に心打たれました。
健康であることの大切さを、健康なときはつい忘れてしまいます。
ちょっとからだを動かせば解決できることすら、あれこれ言い訳を
してしまうのは、健康の大切さを忘れているから。
放っておいたらその先、どうなるかわからないのに・・・。
なにげない会話のなかに、私がこれからどんなふう生き、
どんなふうに仕事をしていけばよいのか、
そのエッセンスがたっぷり含まれていた気がしました。


父とうまくつきあえなかった私は正直、このクライアントさんに
楽しんでいただけるようなセッションが提供できるのか、不安でした。
医療従事者ではない私が「リハビリテーション」に近いセッションを提供
できるのかどうかもわかりませんでした。
でも、ジャイロトニックやジャイロキネシスでジュリウから学んだことをやれば
きっときっと大丈夫!そう思って来ていただくようになって20回のセッションが
終わりました。

昨日も一緒にたくさんジャイロトニックの楽しさと気持ちよさを
シェアしました。
私がジャイロトニックを教える・・というより、
このかたは今のわたしにとって大切な先生です。

「からだがやわらかくないから」とか
「難しそうだから」とか。


たくさんのエクスキューズよりも大切なのは
「健康でいたい」というシンプルな気持ち。
その気持ちさえ持っていれば、ジャイロトニックやジャイロキネシスは
その人のサポートをしてくれるはずだと私は思っています。


2010年12月15日

グッバイから始めよう

タイトルは私の大好きな佐野元春さんの歌にちなんで。

月曜日。
ティップネスさんで担当している「ボディカーヴ」「アクティブストレッチ」の
更新研修が終わりました。
私は今回をもって、このプログラムの監修をやめることになりました。
完全に私のわがままなので、周りのかたにはたくさんの迷惑をかけますが、
引き続き監修を担当する竹井さんが両プログラムのすばらしさをこれからも
伝えてくださると思います。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

研修が終わった翌日から私はジャイロトニックプレトレーニングの
アシスタントをしています。
マスタートレーナー井上朱実さんのもと、どんなふうにプレコースを
進めていくのかを学んでいます。
ファウンデーションコースを目指して、受講者のかたをどんなふうに
仕上げていくのか・・・ジャイロトニックの指導者としてハンズオンや
指導のしかたのクオリティをあげるため、の参加です。


私にとってこのコースは来年への「始まり」です。


これから先、目指していくトレーナー像をイメージしながら・・・
すでに新しいチャレンジが始まっています。


これからはジャイロトニック、ジャイロキネシスを通じて
もっとたくさんのかたとつながっていけるようにと思っています。

少しは整理できたかな?

2010年12月07日

きゃああああー。

3日間のジャイロトニックプレトレーナーアップデートが
終わり、きょうは夕方から大阪へ。
明日から2日間、ティップネスさんで研修を担当します。


3日間のプレトレーナーアップデートでは、自分が「まだまだ」「もっともっと」で
あることを確認し、プレトレーナーという立場がどういうものなのかを実感しました。
なので、本当はいま、とってもとっても復習したいーという気持ちなのですが、
きゃあああといいながら、大阪へ。
大阪で研修をやっている間に覚えたことをきっと忘れてしまうのだろうな、ゆきぷちゃん。


でも、大丈夫!
来週からマスタートレーナー朱実さんが担当するプレコースにアシスタントとして
参加!なので、ここでバッチリ復習するです。


終わったと思ったらクリスマス前からキネシスのプレコース。


本当に本当にきゃああああーといいたくなるようなめまぐるしさ。

それでもすべてにわくわくしながら、毎日を過ごしています。
しあわせいっぱい!!!

たくさんのhappyを感じながらいってきますですー。

2010年12月05日

やさしい仕事。

12月になり、ティップネスさんでの「ボディカーヴ」「アクティブストレッチ」の更新研修がスタートしています。
と同時に、ジャイロトニックプレトレーナーのためのアップデートコースもスタート。こちらは昨日から3日間、
ナチュラルフローのプレトレーナーさん達や今田康二朗さんとご一緒させていただき、わいわい楽しみながら
受けています。
実は再来週からマスタートレーナー井上朱実さんが担当するジャイロトニックプレトレーニングにもアシスタント
として参加。ハンズオンのクオリティーをあげること、ジャイロトニックが目指しているところをさらにクリアに
していきたいなと思っています。


そして月末はジャイロキネシスプレトレーニング!今年もギリギリまでジャイロ三昧で
バタバタになりそうですが、こんなときに思うこと。


「やさしい仕事をしよう!」

忙しくてあわただしいとき、ついつい自分のことしかみえなくなります。
でも、そんなときにお客様や相手のかたが「こうだったらいいな」と思うことを
さりげなくできたら・・・と思います。
キャッチボールで例えるなら、相手がとりやすいボールをいい場所に投げるような・・・とでも
いうのでしょうか。
さりげなくそんなことができて、相手に喜んでいただけたらさらにhappyだなあ。


仕事と恋愛って一緒。
相手をどのぐらい大切に思うか・・・ってことなのかな?と。
それともうひとつ。

twitterでみつけたお気に入りの言葉。

人に想いを伝えるということ。
伝えたい事があるのなら、その伝えたいことを自分の生き方になるまで徹底し行動し続ける、
人はその本気の姿に、心を揺さぶられ、相手の内面から伝わるものです。
自分の普段の生き方だけが人に伝わるんです。
「言葉で伝えず、生き方で伝える。」

ジャイロになる!と思っていいんだなーと強く感じたこの言葉のような
生き方が仕事につながっていくといいなと思います。


そんなふうに思いながら、日々を大切に、丁寧に生きていこう。

やっぱり愛だな、愛。


2010年11月23日

ありがとうございました。

週末、札幌でジャイロキネシスとジャイロトニックのワークショップを担当、
そして、きょうはティップネス五反田店で鈴木貴幸さんとのコラボレーションで
ジャイロキネシスを担当させていただきました。


北海道でご参加いただいた真弓さんのブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/7856ms/diary/201011220000/
お二人参加してくださった、スタジオハーモニックモーションさんのブログ
http://shm-pilates.jugem.jp/?eid=1223


そしてティップネス五反田店のイベントを一緒に担当した鈴木貴幸さんのブログ
http://ameblo.jp/suzuki-ta/entry-10715843498.html


ジャイロトニックやジャイロキネシスの感想は本当に人それぞれ違います。
十人いれば十人十色。でも、それがあたりまえ。
好きなかたもいれば嫌いなかたもいるし、楽しく感じられるかたもいれば
今ひとつ・・・とおもうかたもいると思います。


でも、必ずやる前とやったあと、からだは変化しているはずです。
それをシンプルにジャイロトニックやジャイロキネシスがくれたgiftと
感じていただけるように、クラスを提供することを意識しています。

好き嫌い、楽しい、楽しくないといった「評価」ではなく、
ただ、変化したことを感じる。
「今、ここ」
「そこにいる自分」
シンプルに自分の存在を感じるお手伝いができたらうれしいです。


受講してくださったみなさん、そしてサポートしてくださったすべてのかた・・
生きていることの楽しさを感じられるジャイロトニック、ジャイロキネシスを
提供させていただけることにこころから感謝します。

ありがとうございました。

2010年11月19日

Super Size me

「私たちは食べたものでできている」とブログなどでもよく書いている
私ですが、それを本当に実感できるDVDを観ました。

「Super Size me」
http://ja.wikipedia.org/wiki/スーパーサイズ・ミー


2004年にアメリカで公開されたこのドキュメンタリー映画は
1日3回、30日間マクドナルドのファストフードだけ食べ続けるという
実験を記録した映画です。


実験前には3人の医師から入念な健康診断を受け、肉体的には平均値以上であるというお墨付きをもらった
被験者。実験のルールは以下の内容でした。

●一日に3回マクドナルドの商品を食べること
●マクドナルドのメニューの全てを一度は食べること
●メニューに無いものを買わないこと
●「スーパーサイズ」メニューを勧められたら、必ず「スーパーサイズ」にすること


日に日に太り、うつ状態やマクドナルド食品がないと倦怠感、頭痛や感じるようになる被験者。
その中毒性は本当に恐ろしいものでした。

終盤には動悸を感じ、肝臓はレバーペースト状になりはじめていると医師から指摘されるほどの
からだになっていくのを最後は怖くて泣きそうになりました。

私たちのからだは本当に食べたものでできていることを再認識させられる映画でした。

どんなからだになりたいのか。


運動はもちろん大切です。
でも、どんなからだになりたいのかイメージをしながら、
必要なものを必要なだけ楽しんで食べるって
運動と同じように大切なことなのだと痛感しています。


フィトケミカルが溢れるような元気で、いきいきとした
からだとこころでいたいなー。

2010年11月18日

roots

私がプレトレーニングを担当した新潟3人娘と群馬の理学療法士さんの
ジャイロトニックファンデーションコース@新潟が無事に終了したそうです。
ファウンデーションコースは私のネットワーキングマスタートレーナーである
朱実さんが担当、とてもすばらしいコースになったようです。

受講したお二人の感想はこちらからどうぞ。

akiさんのブログ
http://ameblo.jp/omoucocoro2/day-20101117.html
yurikoさんのブログ
http://ameblo.jp/yogawithyuriko/day-20101118.html


お客様と日々、ジャイロトニックの楽しさをシェアすることが大好きです。
そして、同時に「もっとジャイロトニックの面白さを伝えていきたい」と思い、トレーナーを目指そうと思うかたたちと
一緒にジャイロトニック、あるいはジャイロキネシスをシェアできることも大好きです。
とくにトレーナーを目指すかたとのプレトレーニングは毎回、受講者のかたのさまざまな悩みや疑問と向き合いながら、
その人がジャイロトニックを通じて、前を向いて歩こうとしていく姿にとても心を打たれます。
私自身も何度も何度も、ジャイロトニックをあきらめようと思った瞬間があったので、
うまくいかないことや理解できないことへの苦悩は痛いほどわかります。


それでもあきらめずにここまで続けてこられたのは
やっぱりジャイロトニックが面白かったから。

エクササイズの面白さはもちろんですが、動いているうちに
自分のなかから元気や勇気、やる気・・・といったエネルギーが
わき起こるのがわかるから。
そして、その「気」=エネルギーが自分をキラキラとさせてくれるのが
大好きだから。

子供のころ、怒られるのに何度も何度も大きな水たまりに顔面から
滑り込むのが大好きでした。洋服もパンツももう着替えがないと
怒られ、玄関に立たされていた自分。それでもまた雨上がりが来るのを
わくわくと待っていた記憶があります。


思い切り飛び込んでいくわくわく感。
水の温度や泥の匂い・・・。

公園にある2メートルぐらいの塀の上を平均台を歩くように
よろよろとバランスをとりながら歩くのが大好きでした。
落ちないようにソロリソロリと。でも、勇気をもって踏み出す一歩に
いつもドキドキしていました。

わたしにとってジャイロトニックは子供のころの楽しかったことと
同じなのかなと思います。
そしてだからこそ、シンプルに「うれしい!」「たのしい!」「大好き!」と
言えるのかなと思います。

何にも考えずにただひたすらわくわくすることだけを追い続けていた日々を
ジャイロトニックはいつも思い出させてくれます。

そんなジャイロトニックをたくさんのかたとシェアできること、
本当にしあわせです。

週末は札幌でジャイロトニックトレーナーを目指すみなさんと
ジャイロトニック、ジャイロキネシスをシェアしてきます。

どろんこになってもにこにこしていたころののわたしを思い出しながら。
わたしのhappy spiralのrootsを感じてもらいながら。


2010年11月16日

旅の相棒

相方たなかとミーティングをした昨日の午後、その足でお気に入りのカバン屋さん
「Mother house」へ。そこで大変なものをみてしまいました。


それはそれはとても大きなバッグでした。
「子供ならひとりは入っちゃいそうですねー」とお店のかたと笑い合うほどの
大きさ。牛一頭の皮をできるだけ切らずに作った最大限のバッグのなかには
Mother houseがお得意としているジュート素材のバッグ・イン・バッグ。
外見はとてもシンプルで、でもどんなバッグよりも個性的なその姿に
もちろんわたしは「一目惚れ」。

買い物にはあまり興味がないし、ふだんは衝動買いはしないゆきぷですが
このバッグの佇まいとそして、Mother houseの「発展途上国から世界に通用するブランドを!」の
心意気がわたしを突き動かしました。


「あ、これ買います」

即決しちゃいました。

来年は海外に行くことも今まで以上に多くなりそうです。
旅の相棒にこのバッグはとてもピッタリという気がしています。
とっても個性的で表情豊かなこのバッグは、きっとどこの国に行っても
私に寄り添ってくれる・・・そんな気がします。
きっとわたしと同じように元気で、いろんな表情をする子なんだろうなー。
なんだかとても自分みたいです(^_^)


「これからの長い旅、どうぞよろしくね」


家に帰ってバッグにそうつぶやきました。

すてきな相棒に出合えて、とてもhappyです。


どんなバッグか気になるかたはこちらからどうぞ。
それはもうステキですから!!!!
http://www.mother-house.jp/collection/brand/mh/mhbag/mhshoulder/mc20110.php

2010年11月13日

作戦会議

昨日は新宿で鈴木貴幸さんとごはん。
23日のイベントについての作戦会議をかねての
ごはんです。


すでに20名のかたがお申し込みされているとのことで
本当にありがとうございます。


貴幸さんが今回、私を誘ってくれた理由は
「お客様にピラティスだけでなく、いろんなボディワークを
知ってもらいたい。からだに新しい刺激を感じてほしい」の
気持ちからだそうです。
自分のお客様のことを常に考えている貴幸さん、とてもステキです。

久々にティップネスでレッスンをするので、私自身はちょっぴり
緊張してます。丸の内店には毎週行っていますが、オレンジ色の
看板のティップネスは何年ぶり???もう思い出せないぐらい
遠い昔のことになってしまいました。
私のこと、知っているお客様はいるのかな?

貴幸さんからたっぷりジャイロキネシスの時間をいただいたので、
当日は気持ちよくhappy spiralしたいと思っています。
疲れているかた、からだがかたいなーと感じるかた、たくさんのびのび
しますですよー。


歌うように。踊るように。
そんなジャイロキネシスをみなさんと楽しめたらいいなと思っています。
よろしければぜひご参加くださいね。
http://s.ameblo.jp/suzuki-ta/entry-10701559238.html

何年か前。
貴幸さんとステップイベント「tap out」を企画した時も
そうだったのですが、いつも私たちが向き合っているのは
「お客様」なのだなあと改めて感じます。


「こんなクラスを受けていただけたら安全で楽しいのにね」
「こんなクラスを提供出来たら、きっとからだのためにいいと思う」


インストラクターですから、お客様に向き合うのは当たり前。
その当たり前が自分よがりになっていないか?
客観的に感じることはとても大切なのではと思います。


今回、貴幸さんと一緒にイベントをすることで
自分がどんなふうにお客様と向き合い、このさき、
どんなふうになりたいのか、私自身は感じました。

場所や環境が変わっても。
どんなことがあっても
お客様を大切にするというシンプルな気持ちを
いつまでも大事にすることを貴幸さんとシェア出来て
とてもしあわせです。


2010年11月02日

国立台東大学 

今回、私がジャイロトニックレベル2を受講している会場は
台東市にある「国立台東大学」です。

ここにはジャイロトニックのマシンが12台あり、
在学中にジャイロトニックのサティフィケーションを
取得することが可能です。

ピラティスの施設もすばらしく、
私がかつて学んだストットピラティスの
エクイップメントがそろっています。
また、5〜6人のグループでのマットエクササイズや
アレグロでのセッションが可能です。
もちろん、ピラティスのサティフィケーションも取得できます。


そして、もうひとつ。
台湾式マッサージの創始者のかたが実際に学校で講義や実技をし、
足裏マッサージの資格を取得する生徒さんもいるそうで、
昨日はその生徒さんたちにマッサージをしていただきました。
1時間で250元。1元は約3円ですから、750円で足裏マッサージを
受けられるというわけです。
しかも学生さんたち、とても上手で知識も豊富。
終わったあとに、からだのどの部分に気をつければいいかなどの
アドバイスまでしてくれます。


私は4年間、大学に行き、取得したのは芸術学士だけでした。
正直、今となっては役に立たないものです。
(とはいえ、私は自分が卒業した大学を心から愛していますし、
そこを卒業できたことを誇りに思っています)


そう考えると、在学中にジャイロトニックやピラティスに触れることが
できたり、学ぶことができるのはとてもすてきです。
しかも資格まで取得できるなんて本当にすばらしいと思います。

こんな環境が台湾にあることを知る機会に恵まれたこと、
とてもうれしいです。
日本でもこんな環境がきっとそのうち、当たり前になってくるのでしょうね。


2010年11月01日

86歳パワー ジャイロトニックレベル2 in 台湾

無事、台湾に到着し、ジャイロトニックレベル2を受講しています。本日4日目。
マシン一台につき、三名がチームになってコースは進行します。
エクササイズする人、メモを取る人、おやすみの人。
みんなはこのサイクルで進んでいるのですが、
わたしのマシンはちづちゃんとわたしの二人。
初日こそジーナが加わり三人のチームでしたが、
2日目から二人。
休憩はなく、みんなよりたくさんやることに。

ジーナに「みんなよりたくさんできてよかったわね」と言われながら、
ちづちゃんとわたし、43歳×2の86歳パワーでがんばっています。

このパワー、マイアミのジャイロキネシスレベル2を乗り切ってきたからこそ。
マイアミのおかげですっかり体力がつきました。


昨年のドイツでコースをうけた経験のおかげで、
ほんの少しだけ落ち着いてコースを受講できているような
気がします。
あいかわらずできないエクササイズばかりですが、
それでもやっぱりジャイロトニックは楽しい‼


わたしにとっての生きるチカラです。


これから後半のコース。
きょうが終わればあしたはおやすみ。


ちづちゃんと2人、がんばってまいります。

2010年10月28日

ジャイロトニックレベル2 in 台湾

というわけで、明日から台湾でジャイロトニックレベル2を受講してきます。
日本のマスタートレーナーである朱実さん、悦子さんはもちろん、
ナチュラルフローの面々も一緒。そして今回は相方のたなか“柴犬”しんいちも
一緒です。というわけで、なんだかちょっと緊張感に欠いていますが、
始まれば緊張感と筋肉痛でバリバリです(笑)。


一週間ほどお休みをいただきますが、どうぞよろしくお願いいたします。


では、行ってきます。


2010年10月21日

homeground 

東京でのコースも終わり、久々に鎌倉でセッション。


午前中のセッションを終え、向かったのはもちろん
「LIFE FORCE」。
きょうのランチは鎌倉ほうれん草のグリーンカレー。
相変わらずちょうどよいかたさの玄米と鎌倉野菜のサラダが
ついていて、お野菜をいっぱい食べました。


そして、その足で西口のスタバへ。


このお散歩コース、東京からKuuにいらっしゃるかたには
鉄板のコース!西口のスタバは本当にゆったり、ほっこりできる
気持ちのいい場所。
雨の降るきょうも静かで、ゆっくりとした時間が流れていました。

お散歩を満喫してスタジオに戻ったら「あれ?」。
スタジオのソファーでうたた寝しておりましたです。
あれこれやろうと思っていたのに、ねこのように丸くなって
ソファーで寝ていました。

忙しい日々。
たくさんの人と出会い、たくさんのエネルギーを感じられる
すばらしさ。
でも、全力疾走ばかりではからだもこころもパンクしてしまうかもしれない。
最近、やっとそこに気がつくようになったゆきぷ。


ゆっくりとした時間の流れ。
ていねいに味わって食べる食事。
鎌倉はわたしにいつもいろんなことを感じさせてくれます。

鎌倉で過ごす時間が私にとってとてもいとおしいものだと
改めて感じた今日。
鎌倉はわたしにとってhomegroundになったんだなーと思いました。


帰る場所が鎌倉であること・・・とてもうれしいです。


毎日をきちんと生きること、そして日々のお客様とのセッション。
当たり前のことをていねいにすることの大切さを鎌倉で感じています。


2010年10月15日

入門あって卒業なし

昨日からジャイロキネシスプレトレーニングがスタートしました。
4名のかたとジャイロキネシスの楽しさをシェアする6日間ですが、
先日受けたジャイロキネシスアップデートでの最新情報をパーフェクトに
消化できてないせいでちょっぴり焦った気持ちでした。

そんなときに私を助けてくれたのが昨日、受講したマスタートレーナー山﨑悦子さんの
ジャイロキネシスワークショップでした。


最新バージョンを丁寧におさらいしつつ、でもやっぱり楽しさからは離れないことを
感じさせてくださいました。
テイストの変化はあっても、ジャイロキネシスはいつもジャイロキネシス!
だから焦る必要はないんだ。今までやってきたことをみなさんにお伝えしていけば
それでいいということを改めて感じた2時間でした。


そして、帰宅後に読んだお友達のブログ。
新潟で先日、私のジャイロトニックプレトレーニングを受講してくださった
高橋百合子さんが書いたブログのタイトル。
それが「入門あって卒業なし」なのです。


ジャイロキネシスプレトレーニングの初日、
受講者のかたに質問されました。
「熟練したトレーナーになると、エクササイズのポジションやムーブメントは
なにも考えずにできるんですか?」


そのとき、私は答えました。
「私は熟練トレーナーと言えるかわからないですが、
私自身はいつもベストなムーブメントができるように
手探りしながら、自分の快適な場所を探しています」と。


少しずつ、進歩してきていることは確か。
でも、いつでも「もう少し・・・」という可能性を
求める気持ちを持ち続けることはとても大切だと思います。
「これでいい。もうできた」と思う気持ちは自分の可能性を自分で
奪ってしまうのでは?と思うのです。


「入門あって卒業なし」はまさそのことを言い表しているなと感じました。

継続は力なり。

継続することが実は成長へのいちばんの近道なのですよね。

高橋百合子さんのブログhttp://ameblo.jp/yogawithyuriko/entry-10676374775.html

というわけで、キネシスプレコースのみなさん、そして新潟で今日からジャイロトニックファンデーションが始まるみなさん、すべてを受け入れて楽しみましょう。と、自分自身にも言い聞かせています(笑)。


こういうときこそ、楽しくなくっちゃね!


2010年10月10日

ジャイロキネシスプレトレーニング ドロップインのお知らせ

10月14日からスタジオナチュラルフローで開催される
ジャイロキネシスプレトレーニングのなかでの60分クラスを
オープンクラスにさせていただきます。

現在、最新のアップデートコースを受講しているやまもとゆきえが
このクラスを担当します。
ぜひご参加ください。

【ジャイロキネシス オープンクラス日程】

10月15日(金)14:00−
10月16日(土)13:00−
10月18日(月)12:00−
10月19日(火)13:00—
10月20日(水)12:00—

完全予約制 
受講料:3,000円 (1時間〜1時間半)

お申し込みはスタジオナチュラルフローへお願いいたします。
http://naturalflow.cside.com/news/archives/59.html


2010年10月09日

言葉とワタクシ〜ジブンヂカラ その2〜

9月のジャイロトニックプレトレーニング@新潟に
行く新幹線の中。突然、降ってきました。


「ジブンヂカラ」


なぜかわかりませんが、ときどき言葉が降ってきます。
多くの時はジャイロキネシスをしているときなのですが、
このときは新幹線。


「はあ?なに?」


しかもお弁当を食べているときだから不思議です。
なんなんだよ。
なにか意味があるのか?
そのぐらいしか考えませんでしたが、ここ数日でハッとしました。

自分を作るのは自分とよく言います。
自分の生きている間、私たちはさまざまなものを選択します。
それが日々の食事や嗜好品であったり、あるいは生き方、
生死を分けるような選択もないとはいえません。


その選択はすべて自分そのものなのですが、
その自分を作っていくことがジブンヂカラなのかな、と。

わたしは「好きか嫌いか」「やりたいかやりたくないか」と
いうことをとても大切にしています。
できそうだからやってみるとか仕事として必要だから・・・という
考え方をしていると、私自身はだいたい失敗をします。
なぜならつまらないから。


好きなこと、やりたいことにはどんな人でもまっすぐで真摯なエネルギーを
向けることができます。
それがやり続けるための大切な力になるんだと思います。


正しいか、正しくないか。
そのへんはよくわかりません。
でも、とても好きなことを仕事にすることができ、
ステキな人たちにたくさん囲まれ、生きています。
毎日、ジャイロトニックやジャイロキネシスが出来て、
それをいろんな人とシェアできて、とてもhappyです。


きっと、わたしのなかにある「好き」「やりたいこと」を
感じ取る「嗅覚」・・それがわたしの「ジブンヂカラ」なのでしょうね。


みなさんはご自身のジブンヂカラ、考えたことがありますか?


っていうか、この言葉、いったいどこから生まれたんだろう?はて?

イベントとワタクシ〜ジブンヂカラ〜

10月。
実はイベントで幕開けをしておりまして・・・。

熊本でピラティススタジオをしている小森さと子ちゃんが
ご自身のお客様と鎌倉でからだを動かしたい!という企画を
相談されたのが1年近く前。


九州と東京、両方にたくさんのお客様がいるさと子ちゃんは
それを実現させました。


10月3日の日曜日、由比ヶ浜でさと子ピラティス、そして
大町会館でゆきぷのジャイロキネシスという鎌倉を満喫していただくイベントが
開催されました。天気も最高!さすが晴れオンナゆきぷ!!ぱふぱふ。


参加してくださったみゆきちゃんのブログ。
http://sky.ap.teacup.com/applet/miyuki238/20101003/archive
そしてご苦労さまでした!
カリスマピラティストレーナー・さと子ちゃんのブログ
http://kiraru0958.com/contents/index.php?
ID=218


しかし、いつも思うのはさと子ちゃん、ハッキリ言ってカリスマです。

九州から鎌倉まで、お客様がイベントだからって、
来てくださるってすごいです。
しかも今も東京で月イチでセッションしている枠もすぐにいっぱいに!


見た目もとてもやさしそうで柔らかいさと子ちゃん。
凄みがあるとか強烈な個性があるとか・・・そういうわけじゃないのに、
たくさんのお客様が支持しているのには、彼女のやさしさはもちろん、
ときどきSだったり(笑)、ちょっぴり変わったリズムで指導したり・・・
変化に富んでいるからでしょうか。
あ。もちろん、テクニカルレベルは高いですよー。

トレーナーとしての技術はもちろん必要ですが、
それだけでないパーソナリティーや考え方、思い、感覚・・・
などなど、トレーナーとして食べていくためには
人間としての「実力」が問われるんだなあとさと子ちゃんを
みていると、とても強く感じます。
勉強はもちろん大切。でも、やっぱりすべてはその人、そのもの。


大切なのは「ジブンヂカラ」なのですね。


2010年10月05日

10月のワタクシ。

すっかりご無沙汰してしまいました。ゆきぷです。
10月のワタクシは、新潟でのジャイロトニックプレトレーニングが
終わり、東京でまたジャイロトニックプレトレーニングをしています。

どうしたらいいんだ?と思うぐらい、やればやるほどジャイロトニックは
楽しいです。赤い靴を履いて踊り続けなければならなくなった女の子とは
ちょっと違いますが、もはや「やめられない、止まらない」状態。
かっぱえびせんです。

コースを担当していて思うこと。
ジャイロトニック、ジャイロキネシスは私にとって
「生きる力」そのものだなあと感じます。

動き続けるからこそ沸き起こるセンセーションのワクワク。
じぶんのからだで感じたことを表現しお伝えする楽しさ。
エクササイズが自分のからだの一部になるような感覚。


コースをやっていても受講者のかたとhappyをシェアしているから
元気いっぱいです。


残りあと2日。終わると今度はジャイロキネシスのプレコースを担当します。
そうそう。その間に自分のアップデートも受けるです。


忙しいけど、歌いだしたくなるぐらい楽しい毎日です♪

月末は台湾でジャイロトニックレベル2を受講してきます。
ジャイロ漬け。漬け物みたいですね。ふふ。


2010年09月28日

hands on!

日曜夜、ジャイロトニックプレトレーニング@新潟が無事終了。
帰京したのですが、昨日はもぬけの殻で使いものにならなかったゆきぷ。
抜け殻ぷうでございました(^_^;)
しかしです!!!
きょうからはまた新たな気持ちでお客様とのレッスンやセッションを
したいと思っています。どうぞよろしくお願いいたしまする。

さて、新潟でのプレトレーニング。
ここでの時間が私にとって、本当にすばらしいものになりました。
4名の受講者のかた以上に、楽しんで勉強させていただきました。
うふふ(^_^;)


今年6月、オーソライズド・マスタートレーナーのヨーガンが指揮をとった
ジャイロトニックファウンデーションコースをリテイクし、このコースを一緒に
リテイクした津田妙子ちゃんと復習会。
そのおかげで、プレトレーニングで伝えるべきことがとてもクリアでした。
クリアになっていたからこそ、ジャイロトニックらしい伝えかたや
個々のボディへのアドバイスができたのかなと思います。
そして、もうひとつ。


いちばん大切なのはやっぱり経験なんだなーということ。


ジャイロトニックは座学がないので、自分のからだで動き、感じることが
とても重要になってきます。
動いて感じたことしか、お客様には伝わらないからです。


ヨーガンのコースのときに、わたしのからだは「!」と感じました。
その後、エリカのコース、そのなかでの中川ひでちゃんのアドバイスなど
からだがたくさんの経験をしました。
その経験が伝える言葉、伝える方法としてつながっていくのがとてもよくわかりました。

ジャイロトニック、ジャイロキネシスでは「ハンズオン」があります。
お客様を実際に触って、トレーナーの手でより快適なところへ導く手技なのですが、
今まで今ひとつ自信がなかったのが、今回は本当にわずかですが明確な意味を理解したうえで
ハンズオンすることができました。


受講者のひとりだった理学療法士さんから
「yukie先生のハンズオン、ここというところに
きっちり入ってくるので、とてもわかりやすかったです」と
言っていただきました。患者さんをたくさん触っているかたから
言っていただけてホッとしました。


以前、私のお客様をときどき診ていただいている理学療法士の石井美和子さんから
「ゆきぷうさんのハンズオンから“サポートしてあげたい”という気持ちが
お客様に伝わっているようですよ」と言われたことがあります。
そのときはその言葉をあまりうまく受け取れてなかったのですが、
今回は素直にその言葉を受け取り、その先にもっとつなげていこうという気持ちに
なることができました。受け取るって意外と難しいのですよね。


時間と経験が与えてくれたgift。
それを感じることができた今回のプレトレーニング。
みなさんとワークすることで私が感じたこと。

「ひとりでも多くのかたとジャイロトニック、ジャイロキネシスを
ワークする楽しさをシェアしたい」


この気持ちをこれからさらに形にしていきたいと強く思いました。


来年は楽しみになりそうです。
???

というわけで、終わったばかりのジャイロトニックプレトレーニングですが、
今週金曜日から第2弾。今度は@東京です。
またわくわくしてきましたーっっ(^_^)v

2010年09月24日

タフでなくっちゃ! ジャイロトニックプレトレーニング@新潟 

2日間のブレイクを挟んで、ジャイロトニックプレトレーニング@新潟は
まだまだ続いています。きょうで5日目。
受講者のかたが疲れてくるきょうあたりから、エクササイズは難度も
あがってきます。集中力はもちろん、難しいと感じすぎず楽しんでもらえるように
伝えるには。
伝える立場の私にとっても大きなチャレンジが続いています。


心身ともに強さとやさしさが要求されることを改めて感じています。

タフでなくっちゃ!

いってきまーす。

2010年09月18日

ジャイロトニックプレトレーニング in 新潟

大宮駅のスタバにいます。

これから新潟にいきます。
今週末と来週末の二回にわけて、
ジャイロトニックプレトレーニングを
担当することになりました。

ジャイロトニックを通じて、
一人でも多くの方とhappyをシェアしたい‼
ずっとそう思ってきました。
東京や鎌倉だけでなく、日本全国、
そしていつかは世界制覇(笑)。うふ。←あほ。


今回の新潟はその第一歩。
ジャイロキネシスのプレトレーニングでも
一緒にhappyをシェアした四人のかたとの
ワーク。たくさんたくさん笑って、元気いっぱい
spiral upしてきます。
新潟初のジャイロトニックトレーナーになるみなさんの
ステキなファーストステップになるように、
わたしがたくさんのマスタートレーナーのかたから
いただいたジャイロトニックのエッセンスとわたしのなかにある
happyの原型をお伝えできるようにと思います。

待ってて、新潟‼

2010年09月16日

既成概念を突破せよ!

午前中から5件連続でセッションが続いた
昨日、夕方の空き時間を利用して大好きな
「なると屋+典座」にごはんを食べに行きました。

目指すは「9月のごはん」。
2010年になってから、毎月欠かさず食べていて、
「今月はなんだろう?」とわくわくしながらお店に
いくゆきぷ。

さて、昨日は青菜のごはんに甘辛く煮た椎茸と
冬瓜の煮物。そして、なすやカボチャの天ぷらに
海苔などがまぜてある大根おろし。相変わらず
とてもおいしくて満足したのですが、
「なにこれ!」と思ったのが、お味噌汁。


見たところ、赤味噌のお味噌汁のなかに
まあるい、正体不明の天ぷら。その上には
ちょこんとからしがおいてあります。
一口食べてビックリ!


なんと、天ぷらの正体は「いちじく」だったのです。

お味噌汁にいちじく・・・というだけでもビックリだったのに、
それがおいしいので二度ビックリ!!
うーん、すごいね、ホント。そう思いました。
というか、言葉にならなかったです。
頭の上から「!」が飛び出した感じ。


お味噌汁の具はいろいろありますが、いちじくは思いつかなかったなあー。
なんたってやっぱりお味噌汁ですから。
でも、それがいけないのかな?ということにもちょっぴり気がつきました。


いつも同じ発想で、いつも同じスタイルで。
それはそれでいいときもあるけれど、
新しい経験から生まれるアイディアは、からだのそこから自分をオープンに
してくれるチャンスでもあるのかな、と。


このお味噌汁が教えてくれたこと。
「既成概念を突破せよ!」


新しい経験が自分に与えてくれることに感謝して生きていこうっと!


そうなんです。お味噌汁からも人生、学べるのです。
そう思うと生きてるってすばらしい!


2010年09月14日

veggie monday を知ってますか?

veggie mondayって聞いたことがありますか?

一人一人が週に一度、お肉をやめることで環境負荷が減りますよ。
なので、週に一度、月曜日だけでも菜食の日にしませんか?という
活動です。
詳細はこちらからどうぞ。
http://veggiemonday.japanteam.net/


鎌倉で生活するようになって、野菜って本当においしくて
元気がでるなーと思うようになりました。
数年前は食べるもののクオリティにそれほどこだわっていなかったのが
うそのように、自分のからだを作ってくれる食べ物に感謝し、大切に
思うようになりました。

なのでね、このveggie mondayにも協力できるかな?と思っています。
というわけで、昨日はランチは仲良しの磯村かよちゃんと一緒に
鎌倉の「LIFE FORCE」へ。大豆タンパクの唐揚げランチを食べました。
大豆たんぱくは本当に大好物になりました。
あのもちもち感。そして、食べた後のからだの軽さ!
消化にエネルギーをとられすぎないことって、からだを動かすためには
大切なんだととても感じます。とくにジャイロもレベル2あたりになると
それを痛感しますです。

そして、夜。
七里ヶ浜〜藤沢とのんびり散歩した後は藤沢のto the herbsでキノコのパスタとサラダ。
ドライトマトが入っていて、甘くておいしいサラダでした。
朝もキウイとバナナだったし、veggie mondayにちょこっと参加できたかな?と思っています。


veggie mondayのサイトに
「1人が1年間毎週1日お肉をやめるだけで、車の走行を1700km節約したのと同じ効果があるのです。
これは400kgの温室効果ガスを抑制するのと同じです」と書いてあります。


これをみて「なにを根拠に?」と思うかたがいるかもしれません。
なによりも大切なのは、ちょっとだけでも環境や自分以外のひと、
そして自分を大切にしようと思うこころなのかなと思います。

がんばりすぎずに、ちょっとだけ。
できることをやってみる。


からだを動かすことととても似てるなと思います。


しかし、鎌倉の野菜は本当においしいです。
日曜日の夜にごはんを食べた「ラ・ジュルネ」さん。
鎌倉駅からは遠いのですが、びっくりするほど野菜がてんこ盛り!
私が食べたごはんは青菜のニンニク炒めとアボガドとカクテキが乗っかった
韓国風ごはん。おいしすぎー。
人力車・えびす屋のお兄さん達が「鎌倉野菜を食べるならラ・ジュルネ!」と絶賛する
理由がわかります。


ラ・ジュルネ
http://lajournee.exblog.jp/


2010年09月11日

たまごとキドニービーンズ

3週間前に受けた「食物アレルギー検査」の結果がでました。

ひっかかったのはたまごとキドニービーンズ。
たまごは卵白、卵黄ともに反応高し!
検査をしてくださった新井美緒先生から
「たまごとキドニービーンズは今以上、食べないようにしたほうが
いいですよ」とのアドバイスでした。
でも、昨日、食べちゃった(>_<)
めんたいこ入りだし巻きたまご。
だって知らなかったんだもーん。


そのほかにひっかかったのが
さやえんどう、パイナップル、あわび。
お肉や乳製品はひっかからなかったのでした。

でも、ここんところ、マクロビオティックや
ローフードで調子がいいので、今の食生活をゆるゆると
続けていこうと思っています。
たまごもとらなくてすむし。


お友達とごはん!というときはがんばりすぎずにゆるゆると・・・と
思っています。昨日はエリカやコース受講のみなさんとごはん会。
そういうときはね、考えすぎずに・・・と。


何事も無理なくほどほどに。ということが意外と大切かなと思ったりしている
きょうこのごろです。

2010年09月10日

holic?

マイアミで買った「yoga holic」というTシャツを着ていると、
英語の先生に「yukieはworkaholicだよねえ」といわれるゆきぷ。
いや、違います。私は仕事中毒じゃなくて、ジャイロが好きなだけなのです!!


さて、木曜日の昨日。
ジャイロキネシスレベル2は最後の3日間。
フォーマット3はスタンディングです。

ウォームアップのあと、ジャイロトニックのロゴマークになる
エクササイズやバランスが難しい動きなどがたっぷり出てくる
スタンディングをやりました。
覚えるためにひとつのパートを3回ほど繰り返して練習し、午前中は終了。
それだけでもヘロヘロなのに、午後はまたバーレッスンやバー無しでのバランスなど
脂汗タラリの連続。


もう十分!というぐらいやったはずなのに、
終わった後、私と一緒に受講している津田妙子ちゃんは
津田妙子ちゃんのスタジオに移動して、ジャイロトニックの練習会を
してしまいました。うふふー。


苦手な腹筋のシリーズであるジャックナイフ。
なんとか練習したいと思って、たえちゃんにつきあってもらいました。
最初は腰の周りがかたく、思うように動けなかったのが
何回かトライしているうちに「あれ?」
かたくて気になっていた腰椎がスムーズに動くようになったのが不思議です。
うーん。恐るべし、ジャイロトニック。


というわけで、2時間近く確認や練習をして終了。
仕事中毒ではないけど、ジャイロトニックとジャイロキネシスに関しては
中毒といわれても仕方ないかもしれません。
というか完全に中毒です。


でも、この年になって、仕事を超えて「これ!」と思えることが
あるのがうれしいです。
しあわせだなあ。

ありがと。

水曜日。

ジャイロキネシスレベル2のコースがお休みだったので、
朝から鎌倉でセッションをしていたところ、11時過ぎぐらいから
徐々に台風の影響で豪雨と激しい風。


そんななか、一緒にコースを受講するために北陸から上京している
中川秀樹さんがKuuに遊びにきてくれました。


スタジオSUGATAで、たなかのジャイロキネシスに参加したあと、
わたしのからだのメンテナンスをしてくれたひでちゃん。
ものすごく的確なメンテナンスとアドバイスをもらうことができました。


たなかもレッスンのアドバイスをたくさんもらったようで、とても喜んでいました。


いちばんすごかったのは
「ゆきぷ。足、出して。この間、ゆきぷの足をみてからやりたかったんだよねー」と
足の裏をこするヤスリとマッサージオイルをシャキーン!と取り出したひでちゃん。


コース中のうつぶせエクササイズでわたしの後ろで受講していたひでちゃんは
わたしの足の裏がカサカサだったことに気がついたそうです。


あれこれアドバイスを受けながら、足裏を丁寧にこすってもらい、膝下を念入りにマッサージ
してくれたひでちゃんのおかげで、終わって立ち上がった瞬間「あ!」。
水はけのよい、大地の栄養をたっぷり吸い上げる根っこのような足になっていました。

ジャイロキネシスでセルフマッサージをしたあとはこんな足になってないとダメなんだな。

自然にそのことを教えてもらいました。

台風のなか、わたしのからだのメンテナンスのためにきてくれたひでちゃん。
ジャイロトニック、ジャイロキネシスに対する情熱にいつもとても共感しています。
これからもずっとずっと一緒に勉強していきたい・・・そんなトレーナー仲間です。


ありがとね、ひでちゃん。

2010年09月07日

ハッピーオーラ♪とキラリ!

毎日、受講しているジャイロキネシスレベル2。
今回の講師であるエリカは本当にステキです。
とにかく彼女から溢れているハッピーオーラがすごくて
大変でも苦しくてもとてもハッピーな気持ちになれるのです。
そしてね、キラリ!があるのです、ムーブメントの中に。

いつも「ジャイロキネシスになりたい」といっているゆきぷですが、
私がいちばん大切にしているのがこのキラリ!です。
その人のムーブメントのなかにこのキラリ!が感じられることが
ジャイロだと思うのです。


どんなに動けても、どんなにきれいでも
「ああ、ジャイロだなー」と感じることができるときって、
このキラリ!がムーブメントから感じられるときなのです。
そして、このキラリ!を持っているトレーナーさんがわたしの
好きなトレーナーさんです。

今回、一緒に受講しているひできちくんこと中川秀樹さん。
彼もまたキラリ!が感じられるトレーナーです。
ひでちゃんはキラリ!だけでなく、ハッピーオーラもたくさんもっている
とてもすてきな北陸男子でございます。

ゆきぷもジャイロになれるかな?
と思いながらきょうもがんばりますですよー。

2010年09月06日

ナチュラルハイジーン

ジャイロキネシスレベル2を受講しながら「ナチュラルハイジーン」と言われる
自然健康法をゆるやかですが、実戦しています。

・”自然治癒力を正常にすること”をキーワードに、
・薬など抗生物質や化学物質を身体に入れることは避け、
・生の果物・野菜を中心にするナチュラルフードを取る。
(ナチュラルハイジーンのすすめより http://momo-taku-tomo.boo.jp/kenko/


朝はフルーツ、お昼はたっぷりの生野菜と穀物、夜はたっぷりの生野菜とタンパク質というような
スタイルで食事をしていますが、これがキネシスのコースとドンピシャ!だったようで
ものすごく調子がよいのです。


まずからだが軽い。
そして、からだの内側を感じやすい。
果物や野菜から水分をたっぷり摂っているので
この暑さでも比較的元気。

というわけで、きょうでちょうど半分。
とっても濃ゆいコースですが、このスタイルで
地球にも自分にもやさしい生活をしています。

2010年09月05日

ただいま、ジャイロキネシスレベル2受講中!

9月1日から受講しているジャイロキネシスレベル2。
オフだった昨日は、筋肉痛のからだを抱えながらセッションとクラス。

今日からフォーマット2に突入します。


なんせこの暑さ。
水分をとっても、なにをしても暑くて暑くてフラフラです。
それでもエリカのコースは本当に楽しい!!!
彼女の持っているパーソナリティーとヨガなどに精通している
からこそ言える、心身のありかたや感じ方など、自分が目指している
ことをいつも与えてもらえることがしあわせです。


しかし、4回目のレベル2。
4回受けても出来ないものは出来ないなあ、やっぱり(^_^;)
できるようになる日は来るのだろうか?


というわけで、とりあえず元気です。
昨日、一緒にごはんを食べたお友達のインストラクター鈴木貴幸くんから
「ぜんぜん、ブログ更新しないね」と言われたので、反省ちう。
意外と自分がマイペースだということに気がついちゃいました。うふふー。

2010年08月30日

ゆるゆるローフード生活が続いている理由

相変わらず朝はフルーツ、そして野菜やフルーツを
バリバリ食べる生活が続いています。
といっても、とてもゆるやかです。
お友達と食事をするようなときはムリせず、ほかの
ものも食べています。最初にたっぷりとサラダなどを
とるようにしていますが。

SHIGETAのフローラルウォーターも飲み続けています。
食べるものも変えて睡眠をたっぷりとるようにしているからか、
とてもからだが軽いです。

ムリに頑張って続けているわけではないし、
こういうシンプルな生活はたのしいなと
思っています。
でも、続いているいちばんの理由はやっぱり
「ジャイロキネシス レベル2」の受講が目前に迫っているから。
今まで京都、マイアミ・・・とジュリウのジャイロキネシスの
コースを受講してきました。今回で4回目になるコースが
明後日9月1日からスタートします。

今回のコースは大好きなエリカのコース。
しかも東京!!!

仕事をしながら、日々の生活をしながらのレベル2は
初めての経験です。なので、それなりに準備しておきたい。
という気持ち・・・ほんの少しだけあるのです。


というわけで、からだが軽くいられるように。
今までやってきたこととつなげていけるように。
もっともっとジャイロキネシスと仲良くなれるように。


あと2日、心身ともに準備してコースを迎えたいと思います。
セッションをお休みしてみなさまにはご迷惑をおかけしますが、
たくさんたくさんジャイロキネシスをからだで感じてきます。


40歳を軽く超え、
「いつまでこんなハードなことができるんだろう」と不安になるときもあります。
でも、インターネットでみつけたこの記事を読み、とても元気になりました。


http://blog.shueisha.net/sportiva/otherballgame/index.php?ID=78


年をとってもできることはあるし、
むしろ年齢を重ねて、自分を知っているからこそできる準備や工夫ってあるのです。

4回目のジャイロキネシスレベル2。
どんな経験がまっているのかな?

2010年08月20日

食物アレルギー検査。

きょうは食物アレルギーの検査を受けました。

一般的に「からだにいい」と言われている食べ物でも
実はからだに合わない場合があり、なんとなく疲れてしまったり
鼻水や目のかゆみが出てしまったりすることもあるそうです。


実は牛乳を飲むとおなかがごろごろしたり、
牛肉を食べるとおなかをくだすことがあったり・・・
いつもすごく調子が悪いわけではないのですが、
「??? なんかへん」と思っていたので、
マクロビオティックやローフードを取り入れてきました。

今回は自分にとってどんな食生活がいいのかな?を知るために
検査を受けることにしました。


検査の内容はとても細かく、
乳製品、フルーツ、ナッツ・穀物、野菜、肉類、シーフード、スパイス、
その他にわかれています。たとえば乳製品ならチェダーチーズ、ヨーグルト、
ホエイ(乳清)などなどと細部について調べてもらえます。
野菜やフルーツはバナナ、パイナップル、アスパラガスやオリーブ(黒)まで
わかるみたいです。


結果が出るまで約2週間。


You are what you eat.


この言葉を今よりもっと感じていけたらいいなと思います。

2010年08月19日

ひざのうえのしわしわ。

先日、自分のスタジオでMATのセッションを受けたときのこと。

以前からジャイロトニックの時に
「もっとひざをのばして」と言われていたのが
気になり、セラピストの荒さんにその話をして
意識すべき筋肉を目覚めさせていただいたのですが、
そのときに「ゆきえさん、ここですよ」と言われたのが
ひざのうえ。

解剖学の本にもあまり出ていないといわれたその筋肉は
ひざのおさらの真上。
「ああ、そこですか・・・」と言いながら、「あ!」。


あ!と思ったのには理由があります。


まだ小学生だったころ、姉からこんなことを言われたことがあります。

「ゆきえちゃんのひざの上、しわしわー」

ええ?なにそれ?
なんのことかさっぱりわからない?

と思っていましたが、その二つが一気に結びつきました。
使ってなかったんですね、そこ。
だからしわしわだったんだ、と。


しわしわですが、こどものころよりははるかに
のびてます(*^_^*)
これだけ日々、動かしているのだから以前よりは
ひざ周辺の筋肉を使っているはずですが、
最後の難関がきっと荒さんが施術してくださった筋肉なんだろうなーと。
まだまだ目覚めてない筋肉がいっぱいなのねん。
まだまだは楽しいなー♪

2010年08月18日

ゆるゆるローフード生活、続いています。

超ゆるゆるですが、ローフード生活、続いています。
朝は排泄の時間なので、フルーツ。


そして、お昼や夜はできるだけ生野菜やフルーツを
食べてから、ごはん。
そうすると、お腹も満足していて、たくさん食べる気に
ならないから不思議です。


というような生活で6日目。
まず目覚めがいいのにビックリ!
そしてからだが軽い!
お肌の調子もよい!
ファンデーション塗り忘れる!!


難しく考えすぎずにやればいいんだなーと思っているのが
いいのかも。

ゆるゆるでもローフード取り入れたらメタボなんて絶対にならないと思うです。

選択と集中

月曜日。
鎌倉でセッションをしたあと、東京に戻って
理学療法士・石井美和子さんとごはん。

石井さんには自分のからだのコンディショニングを
以前からおねがいしていましたが、このところ
自分のお客様をお願いすることが多くなってきました。


病気のかたで、どういう運動が適しているのか。
運動だけでは解決できない状態になっているかた。
リハビリのかた。


本当にさまざまなかたがいらっしゃいます。
そういうかたには一度、石井さんのコンディショニングスペースで
コンディショニングを受けていただいた上で、ジャイロトニックを
していくことをおすすめしています。


私は運動指導者で医療従事者ではありません。
もし、私が理学療法士でジャイロトニックトレーナーだったら・・・
あるいは理学療法士のような知識を兼ね備えているトレーナーだったら・・・
以前はそう思っていましたし、そのぐらいの知識はもつべきなのでは?と
思っていました。


いや、まてよ。
そうじゃないのでは?

そう思いました。

「選択と集中」

人が生きていくために必要なことのひとつである
「選択と集中」。
私はジャイロトニックを選択し、集中することにしました。

自分ができないと思うことは信頼している人に任せる。
うちにきていただいているMATの荒さんもそうですし、
理学療法士の石井さんにお任せすることで、自分は
なにをすべきなのか、お客様になにを提供するべきなのか
明確になってきました。

最近のほうが仕事の内容もお客様からの評価も
明確になって、いい流れになってきました。


器用なかたやできるかたは両方を選ぶこともいいと思います。


でも、私は不器用だし、ジャイロトニックとジャイロキネシスが
なによりも好きなのです。
集中することで自分が感じること、自分の前に開ける道・・・
プラスばかりではないかもしれませんが、変わってきます。
自分が「好き」「楽しい」と思える生き方をいつも選んでいけたら
いいなと思います。

石井さんとのごはんは久々でしたが、とても楽しかったです。
今週はロルファーゆきさんともごはんの予定!
ステキな人といっぱい会えて楽しみ、楽しみ!!


2010年08月16日

からだの可能性

昨日は午前中の仕事を終え、バレエを観に行きました。
ずいぶん前に熊川哲也をみたことがありましたが、
とても久々。
しかもパリ・オペラ座の看板と言われるニコラ・ル・リッシュの
ボレロ。とても楽しみにしていました。


圧巻!とはこういうことをいうのでしょうね。
からだからわき上がるエネルギーと可能性を目の当たりにし、
最後は涙が出るほど感動しました。
動くってやっぱりすばらしい。
どんな人でもその可能性を秘めていることを忘れないように!と
思いました。


こんなに動けるんだ。
こんなにからだで表現できるんだ。


たくさんのことを感じた昨日。
今朝はもちろんセッション前から自分のからだと格闘しましたです。
43歳にはなりましたが、今がいちばん柔軟性、高いです。
年をいいわけにしてる場合じゃないよね・・・といつも
自分に言い聞かせています。
からだを動かす楽しみはいくつになってもどこでもどんなときでも
味わうことができる・・・人間にとってのすばらしいgiftなのですから。

2010年08月14日

ローフードが教えてくれたこと。

楽しみにしていたローフード基礎講座に参加してきました。
講師はお友達でもある福岡淳子さん。

まずは座学でローフードがどういうものであるのかを
教えていただきます。

自然の食材を生のまま丸ごと食べる。
加熱する場合は48度以下に保って、生きたビタミン、ミネラル、
食物酵素を丸ごと体内に摂り入れる食スタイル。


というのが、ローフード。
野生の動物は草食でも元気だし、
加熱したものは食べません。
でも、元気なのは酵素をきちんと摂っているってことなんでしょうね。

そんなお話などを聞きながら作りました。
最初に作ったのはローカレー、ロー海苔巻き、スムージー、サラダ。
IMG_0144.jpg

どれも火を使わないので簡単でおいしい!
とくにローカレーにはかなり興奮しました。
お野菜や果物の甘さとカレーのスパイスのバランスが絶妙で
フツーのカレーよりおいしいかも!


そのあとも講義→作る→食べるが繰り返され、夕方には倒れそうなぐらいお腹いっぱいに!
とてもいい勉強になりました。

!!!

帰宅前からお腹がぐるぐるいっていたのですが、
帰宅直後からトイレに駆け込む回数がハンパじゃないです。
たぶん、デトックスされているんだろうなー。

動くことで気持ちのいいからだでいたい!と
思うようになって、当たり前のように食べ物も変化してきました。
動かすからだを支えているのは食べ物。そして自分の生活環境。
自分のすべてを作っているのは、自分が選んでいることなのだと
実感します。
パーフェクトにストイックでいようとは思いませんが、気持ちいいなと
思えるような生きかたをしていくことが、ジャイロトニック、ジャイロキネシスの
トレーナーとして必要なのかなと思います。

というわけで、きょうもデトックスは続いておりますです。
きょうもローフード生活、してみます。

2010年08月12日

you are what you eat

鎌倉でごはんを食べる大好きなお店「なると屋+典座」の
ウェブサイトの一番最初に出てくるこの言葉。
仲良しのお友達でもある海老沢ちづちゃんもよくこのことを
言っています。


あなたはあなたの食べたもの。


そう、私たちのからだは、私たちの食べたもので
できているのです。
なので、なにを食べて、どんなからだになるのかは
自分で決めることができるし、ある意味、自分の責任とも
言えるのです。

このことを意識するようになってから、からだはとても変化しました。
動いていて重くなくなったし、なにより動きやすくなりました。
そして、自分のからだが前よりいとおしくなりました。
もちろん、ときどきジャンクなものも食べるし、お酒も飲みます。
でも、「たまにはいいよねー」と思えるゆるさは自分が目指すところが
見えているからだと思うのです。


というわけで、明日はお仕事をおやすみし、ローフードのお勉強に
行ってきます。


昨年、初めて食べたローフード。
加熱していないものだからからだが冷えるんじゃないかな?と思っていたら
大間違い。むしろ、食べたら元気になる!からだが喜んでいるのがわかる!
そんな食事でした。
ローピザ、ローフードのり巻き、ロースイーツ・・・どれを食べても
重くなく、エネルギーがからだに満ちあふれてくるのです。
そう、なんだかジャイロトニックやジャイロキネシスをやったあとみたいな
食事だな、と。


明日の先生は私のジャイロキネシスプレトレーニングを受講したことが
ある福岡淳子さん。彼女はローフードや植物のパワーを生かしたフィトテラピーなどを
勉強して、からだの内側から元気できれいになることを推奨しているかたです。


そんな彼女のローフード講座。
とてもとても楽しみ!!!
なんだかますます元気になっちゃうのかな、おれ?
そんな感じです(*^_^*)
わくわくだなあー。


福岡淳子さんのサイトはこちら。
http://www.trefles.jp/

2010年08月08日

神さま、ありがとう!

ブラッドリーのコースが終わった後も
なぜか英語を使うことが多くなってきた今日この頃。

英語の先生とメールでスケジュールを調整したり、
外国人のお友達が英語でメールをくれたり。
はたまたジャイロトニック本部となぜかやりとりをしなくては
いけないようなことが起こったり。
必然が嵐のようにやってくるので、格闘しています。


これも「もっと英語を勉強しなさい!」という神さまからの
メッセージかな?
そうそう。フランス在住のジャイロトニックマスタートレーナー・
吉田尚美さんからのメールにも「英語がんばって」と書いてあったし。


はふう。


この試練、ありがたくもがきますですよ。


I 'm so happy!

2010年08月04日

お誕生日 その2

8月4日はKuuだけでなく、たくさんのかたのお誕生日でも
あるのです。

まずはMOVES竹井。
おめでとうございますー。
竹井は現在、ハワイでご家族と一緒に夏休み。
すてきな夏休みになっているとよいのですが・・・。


そして、名古屋のピラティススタジオ「Reborn」の相木淳子さん。
とっても勉強熱心なかたで、いつもhappyなオーラ全開です。
最近、ご無沙汰ですが元気かなあ?


そして、大好きなフランクリンメソッドの先生・モートン。
今頃どこでコースをしているのかなあ?


そして オバマ大統領もこの日生まれ。

そう考えると8月4日ってすっごくパワフル!!


Kuuもあやかって元気なスタジオでいたいなと思います。


みなさん、お誕生日おめでとうございます。
すてきないちねんになりますように!

2010年07月31日

四国・九州アイランドリーグ!

四国・九州アイランドリーグを知っていますか?

プロ野球選手を目指す若者をサポートし、地域活性を
目指す四国4球団、九州球団1球団から成るプロ野球独立リーグ。


このリーグに所属する徳島インディゴソックスに私の大好きな
人がいました。


堀江賢治さん。


大学を卒業し、スポーツ新聞社に入社。
私がプロ野球担当記者として仕事をしていたころ、
彼は大洋ホエールズの若手として売り出し中でした。


初めてホエールズの遠征に同行した仙台で
「記事を書いてもらえるようにがんばるからね!」といって
“予告”ホームランを打ってくれたり、
ファームで調整中のときも取材を受けてくれたとてもやさしい
選手でした。


トレードでオリックス→近鉄と移籍も、ケガに悩まされ引退。
実家の居酒屋を手伝いながら、少年野球を教えているという話を
聞いたことがありました。


その彼がいま、徳島インディゴソックスで監督をしていると聞き、
本当にうれしくなりました。

本当に野球が好きだったんだなーと。


小柄な堀江選手は華麗で目立つというタイプでは
なかったですが、玄人好みのするプレイヤーでした。
ホエールズ時代は「和製ジャッキー・ロビンソン」と
言われていたこともあるぐらいで、しなやかなからだを
生かしたプレーが私も大好きでした。

その彼がグラウンドに戻ってきた!と聞いただけで
うれしくなりました。
「野球が好き」な若者と一緒に野球ができること、
きっときっととてもしあわせに感じているんだろうなー。


なんとか見にいきたいと思います。
もちろん、四国まで。


ほかにも懐かしい名前がいっぱい!
西田真二とか定岡智秋とか、長冨浩志とか。
みなさん監督ですが、プロとして活躍していた彼らが
同じ想いをもつ、野球を好きな若者を育てていると
思うと、ワクワクせずにはいられません。


いくつになっても好きなことから離れずにいるって
本当にすてきだなと思います。
四国・九州アイランドリーグがますます盛り上がっていきますように。


2010年07月29日

静かな朝。

夜中に大雨が降っていた鎌倉。
今朝は雨が上がって、とても静かな朝です。

ジャイロトニックアップデートのオーガナイズや
自分のコース受講などがやっと一段落して
静かな落ち着いた毎日に帰ってきました。

またゆっくり、ひとりひとりのお客様とジャイロトニックを、
そしてジャイロキネシスを楽しんでいこうと思います。


ブラッドリーが先週、鎌倉SUGATAでジャイロキネシスを
教えてくれたのがとてもとても楽しかったのでおすそわけです。
ほこほこ、そしてがっつり動いた90分。http://www.sugata.co.jp/workshop/report/special-class.html

2010年07月24日

人の数だけ・・・

ブラッドリーのジャイロトニックアップデート2日目。
私は事務処理をしながら、彼の話を聞いたり、受講者のみなさんの
ワークをみています。


私は本当に恵まれていて、
ジャイロトニックは
ジュリウ、井上朱実さん、ヨーガンと3人のコースを受講しました。
そしてアップデートはブラッドリー、山﨑悦子さんに教えていただきました。
ジャイロトニックレベル2のプレではリサマリー、エリカ、ヨーガンの
コースに参加し・・・たくさんのマスタートレーナーから学ぶことができました。


そして、思うこと。


本当に人の数だけ、ジャイロトニックってあるんだなあということ。

同じエクササイズでもマスタートレーナーによって
伝え方は違うし、アプローチ、強調するところ、トレンドが
違います。
そして、それはジャイロトニックを受けてくださるお客様に
対して、また少しずつ変化していきます。
お客様に必要なこと、目指すところ・・・。
どれも正解だし、どれひとつとっても間違いではない。


そう考えると、エクササイズを通して
ジャイロトニックは無限なんだと
いうことに改めて気づきます。


無限と向き合うならばなにが必要なんだろう?
そう考えたときに、思います。


手放すということ。


あれこれと決めてしまわずに、手放すことによって
自分自身も無限になれるのかな?と。

たくさんのことを学び、からだに染みこませたら、
あとは気持ちよく手放していいのかもしれません。
その先にきっと次があるんだと感じています。


2010年07月23日

enjoy!

ブラッドリーを講師に招いたジャイロトニックアップデートコースが
スタートしました。
3日間のこのコースは、認定トレーナーがジャイロトニックを深める
ための時間。なので、受講者のみなさんのリクエストでコースの内容が
決まります。


今回のメンバー、決して英語が堪能ではありませんが、
それぞれ自分の言葉でブラッドリーに学びたいことを
伝えていました。


こういうことってとっても大事だなと思います。

英語ができたらもちろんすばらしいです。
でも、できなくても自分でなんとかしようとすること・・・
それこそが、自分から動く→楽しむことにつながるのかなと思います。


始まって1時間。
みんなの笑い声がスタジオにはたくさん溢れています。

今回、私は受講者ではなく、オーガナイザー。
ブラッドリーに気持ちよく教えていただけるように、
みなさんに気持ちよく受講していただけるように。


自分がいちばん楽しもうと思います。

しかし、ブラッドリーがいる空間はいつも明るくて
楽しいなあ。
わくわくが自然にたくさん集まってくる先生です。


2010年07月18日

おやすみ。

明日から3日ほどおやすみします。
久々のお休みは福岡で。
てだかのりえちゃんやみやのゆきこちゃんと
ゆっくりボーッと・・・そしておいしいものを食べてきます。
帰ったらますます元気よくセッション、レッスンしますですよー。

どうぞ楽しみにお待ちくださいね。


2010年07月17日

やっと見つけた!〜情熱のサイドスロー〜

セッションの合間に英会話へ。
そのときにチラッと立ち寄った本屋さんで
やっとやっと見つけました。
「情熱のサイドスロー」

今年1月に亡くなられた北海道日本ハムファイターズコーチの
小林繁さんの本。
細いからだから繰り出されるサイドスローは本当にかっこよかったです。
特にジャイアンツからタイガースへ「空白の一日」を経て移籍した翌年は
わくわくを通り越してゾクゾクするピッチングで22勝をあげ、最多勝投手に。
細くてダンディーな外見からは想像しがたい野球への情熱、執念のようなものを
子供心に感じたのを覚えています。


あの空白の一日のことをどんなことを考えていたんだろう?

江川卓が原作を書いた「たかされ」は読んだのですが、小林繁の立場から
読んでみたいとも思っていました。


そして、やっと手にしました。
静かにじっくり読んでみます。


2010年07月10日

不在者投票してきました。

昨日は雨の中、参議院選の不在者投票へ行ってきました。
もちろん、Kuuの相方たなかも。
オーストラリアでは投票しないと罰金を支払わなければならない
そうです。


自分の1票ではなにも変わらないかもしれないけれど、
でもだからといってなにもしないではいられないから。


というわけで、明日はスタジオのある大町はお祭り。
フリーマーケットと大町祭りでたぶん、大賑わい!
暑い夏の幕が開ける・・・そんな感じです。


2010年07月06日

世界に通用するブランド

「大きいバッグがほしいなあ」


鎌倉と東京を日常的に移動するようになって、大きなバッグがほしいと
思うようになりました。2泊ぐらいの簡単な着替えが入り、なおかつ
愛用のmac book airが入るぐらいの大きさ。
トートバッグなのかリュックなのか、はたまたショルダーなのか・・・
イメージも希望もなく、でも必要に迫られ、ずっと探していたここ数ヶ月。
新宿でふと面白いかたちのバッグに出会いました。

それは斜めがけ、ショルダー、リュックの3パターンで使えるとても
感じのよい皮革のバッグでした。
http://www.mother-house.jp/collection/brand/mh/mhbag/mhshoulder/HL00020.php


そのバッグがあったお店は「Matherhouse」。
代表兼デザイナーのかたが大学時代に最貧国バングラディシュで途上国の現実を知り、
バングラディシュで出会った「ジュート」という麻の一種を使って「最高のバッグを
作ろう」と決意したのが、この会社のスタートだったそうです。
失敗を繰り返しながらも、それを乗り越え、現在はバングラディシュに直営店を構え
「最高の品質のバッグを日本へ!」とバッグを作っているMotherhouse。


「途上国から世界に通用するブランドをつくる」


このキーワードにピンときてしまいました。
そうか、世界に通用するブランド・・・私が目指すところだなあ、と。
日本だけじゃなく、どこに行ってもジャイロトニックとジャイロキネシスを
教えられる人間になりたい!
最近、なんとなくそう考えていたこともあり、この言葉がスッと自分のなかに
入ってくるのを感じました。
もちろん、バッグ、買いました。お誕生日だったので、自分へのプレゼントとして。
そして、一緒に世界に通用するブランドを目指していきたいな、と。


Motherhouseのサイトです。
「マザーハウス・ストーリー」はきっとすべてのひとに
勇気と元気をくれるはずです。
http://www.mother-house.jp/

年を重ねて。

昨日のこと。


静かにまたひとつ・・・年を重ねました。
たぶんもう人生の半分以上を過ぎたんだな、と。

昨日は東京と日常から離れ、ゆっくりと過ごしました。
43歳はどんなとしになるのかな?

元気に動き続けること・・・いつまでできるかわからないから、
毎日を大切に生きていきたいと思います。
にこにこしながら。


2010年06月24日

GYROTONIC® +MAT=miracle!?

Kuuでマッスルアクティベーションテクニック(MAT)のセッションを
スタートしてそろそろ4か月になるのでしょうか?
毎週土曜日だけのセッションですが、
ジャイロトニックと合わせて受講してくださっている
かたたちが続々と増えています。
その効果が1+1=2ではないこと、体感できるからかもしれません。


動かない、意識ができない。

言葉でいうのは簡単ですが、これはあきらかにストレスです。
このストレスをもって日々の生活をする・・・痛みじゃないので、
苦しくもないし、生命に支障があるわけでもないです。
別にほっといても生きていくことはできます。


でも、余計なストレスがなかったら?

そう考えることはありませんか?

私はひどい腰痛のころ、なにをやるのも億劫で
いつもネガティブでした。
なにかにむかって怒ってばかりいたし、
天につばを吐いて、自分にかかってくるような生き方でした。
そのときはちっとも気がつかなかったんですけどね(笑)。


ジャイロトニックに出会って、痛みやからだのストレスがなくなったことが
自分をどれだけ救ってくれたのか・・・最近、とてもよくわかるように
なりました。
怖かった海外にひとりで行ったり、
そのために英語をならったり・・・
ちょっとしたことだけど、
以前は考えられなかったことをできるようになったのは
痛みやストレスのないからだになりつつあるからだな、と。
そして、痛みやストレスが減ったおかげで
こころもからだもオープンになってきているからかな、と
思います。

土曜日、鎌倉でMATを受講したあと、東京の私のジャイロトニックを
受けにきてくださるかた、実は結構います。
こういうかたたちはいつも前向きです。
「こういうふうになりたい」という思いが明確です。

今まで興味があったけど、ずっとふたをしてきたことを
新しく始めたかたもいます。


私はそのかたたちをみながらいつも思っています。


「ジャイロトニックとMATを合わせてやると、ミラクルが起きるのね」と。

ジャイロだけでもMATだけでも効果があるのに、
両方合わせてるんだから当たり前なのかもしれませんけどね。
その効果、1+1=3を超えています、たぶん。


なんとなく疲れていたり、気持ちがしずんでいるのをなんとかしたい!と
思っているかたにぜひこのミラクルなダブルセッションをおすすめします。
ホント、強力なんだからっっ!


興味がなくても・・・

先週受講していたジャイロトニックのコース中、
講師のヨーガンからこんなことを言われました。


「そのTシャツは何枚もっているの?」


英語が苦手な私はなんのことを言われているのか
わからず、きょとんとしていました。
どうやらしょっちゅう着ているので、同じTシャツを
何枚も持っていると思われたようでした。

「これはいちばんのお気に入りなのです」と
こたえたゆきぷ。
コース終了後に違うTシャツに着替えたところ」
ヨーガンがニコニコしながらこういいました。


「N0.2!」

着替えて帰るときに着ていたTシャツもしょっちゅう着ている
ものでした(^_^;)


実は以前も同じようなことを言われたことがあります。

「いつも同じものを着ているよね」と。


ええ、そうなんです。
洗濯して干していた物をそのまま着るので、いつも同じものを着てしまうのです。
Tシャツなんて3枚ぐらいを着回し。
おしゃれに興味がないわけじゃないのですが、
お買い物にはあまり興味がないかもしれません。
ピラティスを勉強するためにニューヨークに行っていた頃は
アバクロで死ぬほどTシャツなどを買っていたのですが、
ここ数年はそういうエネルギーがなくなってきました。
なんでしょうねえ?

でも、人に心配されてしまうかもしれないのね、ということが
わかったので、興味がなくてもちょっとだけ・・・お買い物を
してみようかと思うきょうこのごろでございます。
でも、きっとネット買い(笑)。


2010年06月21日

海のチカラ

夕方セッションが終わったので、
自転車に乗って海へいきました。
きょうは夏至。
一年でいちばんお昼が長い日だから、
時間を有効に使おうかな、と。


海の家がずいぶん出来上がっていて
夏はもうすぐだけれど、平日の夕方の
海はとても静か。
犬のおさんぽやひとりで時間を過ごす人・・・
潮風が気持ちよさそうです。


わたしもぼんやりしてみました。


そしたら、ああそうか・・・と思うことが
ありました。


海のようにただ存在するだけでいいってこと。
ムリになにかしなくちゃとか考える必要ってないのかもしれません。


ぼんやりしているだけで何かを教えてくれる海。
海のチカラに感謝しつつ、帰ってきました。


自転車に乗って通る鎌倉の街並み・・・
やっぱりこの街はステキです。
大好きだなあと思いました。
お店にもお店のかたの大好きがあふれているから。


この街でジャイロトニックをできてよかったなあと
改めて感じています。


海日和!

午前中の雨もやみ、鎌倉はすばらしい海日和!
kuuにいらしたお客様も「海まで足をのばしてみます」と
おっしゃっていたぐらい気持ちのいい鎌倉です。


さて、7月24日のジャイロキネシス@鎌倉SUGATAですが、
続々とお申し込みいただいているそうです。
参加ご希望のかたはちょっとだけお急ぎくださいませ。
詳細はこちらから。
http://www.sugata.co.jp/workshop/invitation/724special-class.html

今週からはジャイロトニックのプレトレーニングを担当します。
ヨーガンから学んだことを生かして楽しんでいけたらいいなと思います。
また忙しくなりそう!

2010年06月19日

先輩記者が教えてくれたこと。

新聞記者時代にお世話になっていた日刊スポーツの競艇記者・後藤純明さんが
15日膵がんのため、亡くなられました。


たまたま見た昨日の日刊スポーツで見つけた訃報記事。
いろんなことを思い出しました。


競艇記者としてわからないことだらけだったころ、
コメントのとりかたやレース展開の書き方を
教えてもらいました。
ゴールデン街やいろんなところに飲みに連れて行ってもらい、
面白い本をたくさん紹介してもらいました。
若くて生意気だった私を受けいれて、他社の記者にもかかわらず
かわいがってくださったかたでした。


最近、お名前を見ないなあと思っていただけに
本当に悔やまれます。お会いしてもっともっとたくさんの
話をしておけばよかった。

健康で楽しくて・・・やりたいと思ったことを
思い切りできる時間なんて、そんなに長くない。
だとしたら、その短い時間、私はどんな生き方をしたいのか?


東京の青い空を見ながら、そんなことを考えています。


空の青さがとてもとてもせつないです。
それでも元気に、生きていくしかないのだねえ。

後藤純明さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

2010年06月16日

「伝わる」ということ。

ゴールデンウイークにジャイロキネシスの講座を担当した
「フィットネスセッション」。
事務局のかたから、受講者のみなさんが書いてくださった
アンケートの結果についてご連絡をいただきました。


3日間88講座のなかでジャイロキネシスは
講座得点第2位の高評価!!
あまりの高評価に驚いています。
本当にありがとうございました。

なかでも、いちばんうれしかったこと。
それはアンケートのなかにあったこの言葉でした。


「からだで表現して伝えることができると気づいた」


今回のジャイロキネシスは「伝わる」ということにこだわって
エクササイズを提供しました。
「伝える」は伝える立場からの目線になりがち。
なので、敢えて「伝わる」にこだわりました。


言葉、呼吸、リズム、からだ・・自分の持っているものすべてを
使って、相手に受け取ってもらえるクラスを作ることを考えました。


まずひとつ。
このクラスで、私はできるだけ解剖学的な言葉を使いませんでした。
肩胛骨とか座骨とか・・・背骨や骨盤といったいいかたも極力しないように
しました。
ジャイロキネシスの創始者であるジュリウも、コースで説明するときには
そういった言葉を使いますが、クラスの中ではほとんど説明的な言葉は
使いません。
マイアミでコースを受講してそのことに気がつき、できるだけ説明を省いても
わかるような言葉を選びました。


そしてもうひとつ。
呼吸とリズムです。

吐く息と吸う息の間にあるリズムや吐ききったあとにまだなにかできる可能性が
あるような呼吸・・・生きていくために必要不可欠な呼吸ですが、それ以上に
リズムや面白さがあることを表現できたらと思い、ジャイロキネシス独特の
呼吸にこだわりました。

あとはもう動くのみ!
受講してくださっているかたに
自分のからだを動く楽しさを感じてもらうための道具に
するためにはどうしたらいいのか?
からだからジャイロキネシスの楽しさが溢れるように
動くにはどうしたらいいのか?


考えて、考えて。
でも、できることは、全力で動くしかないんだなーと
いうことだけわかって。
自分がいちばんジャイロキネシスを楽しんでクラスを
すすめました。

それに対して「からだで表現して伝えることができると気づいた」という
言葉をいただけたのが本当にうれしかったです。
「伝える」ではなく「伝わる」ができたのかもしれない・・・
そう思うと、じんわり涙が出てきました。

鎌倉を活動の拠点にするようになってもうすぐ一年が経とうと
しています。
鎌倉を拠点にするときに自分の仕事をジャイロトニックとジャイロキネシスに
絞りました。

ジャイロとピラティスを両方教えていた当時、私はジャイロに対して勝手な
解釈をしていたのかもしれないなと最近、思います。
ジャイロでは教えられてないのに、「からだはこうあるべきだ」と思って
お客様にそんなふうにお伝えしていたのでは?と。

私がジャイロを大好きと思うように教えてくれたマスタートレーナーの
みなさんやジュリウのように、もっとシンプルに!楽しく!ダイナミックに!
そんなふうにお伝えできたら、きっとジャイロキネシスを「楽しい!」と
思っていただけるはず!と信じていましたが、
本当にそうなんだなあと実感しています。
以前は「ジャイロキネシスは難しい」とよくお客様に言われていましたが、
それは私が勝手に難しくしていたのだと気がつきました。
ごめんね、ジャイロキネシス。ぺこり。

動くことの楽しさをお伝えするパートナーがジャイロトニックとジャイロキネシスで
本当によかった・・・改めて思います。


これからもみなさんに動く楽しさをお伝えできる、そして伝わるような
「動く」ことにこだわるトレーナーでいたいと思います。


というわけで、明日もジャイロトニックレベル2プレです。
3回目の受講でやっとわかったことがたくさん・・・本当に
まだまだだけど、まだまだだから楽しいのですね、きっと。

2010年06月15日

わくわくが止まらない!

きょうからジャイロトニックレベル2プレ。
3回目の受講ですが、先生が違うのでまたわくわくです。

しかも天気も最高!


どんないちにちになるのかな?
そう思うとわくわくが止まりません!


あと3日、ジャイロトニックに溺れてきます。

2010年06月14日

rhythm!

リテイクをしていたヨーガン先生の
ジャイロトニックファウンデーションコースが
終わりました。
目指すところが明確で、だからこそ的確なハンズオン。
1ミリの狂いもないような、「ハマる」というのが
マッチするぐらい、その人に必要なハンズオンに
毎日わくわくしました。
ハンズオンだけでなく、自分の動きも修正してもらう
チャンスにも恵まれ、とてもすばらしい時間を過ごすことが
できました。


今まで何人ものマスタートレーナーからさまざまな
コースを受講しました。
そのなかでも「これは!」と思ったのはヨーガンのリズム!

とぎれることなく流れるような動きとジャイロ独特の呼吸・・・
その調和が尋常じゃないのです。


「8の字を描くような呼吸」といつもお客様に表現する私ですが、
その8の字が正確だけれども、芸術的な美しさを持っているのです。
右脳と左脳がものすごく高い次元でマッチしているとでもいえばいいのかな?
うまく表現できないのですが、ヨーガンのそのリズムのなかで毎日動けることが
私にとって最高の贅沢でした。


そのヨーガンからコース終了時、受講者全員にプレゼントされたもの・・・
それがCDでした。
すばらしいリズムを醸し出すヨーガンが大好きなブラジリアンミュージックの
CDをいただき、今朝は朝から元気いっぱいの音楽のなかでセッションスタート!


あんなふうになりたい!
そう思う人にまた出会うことができて、
本当にしあわせです。


2010年06月13日

inner beauty!

昨日はジャイロキネシス@ナチュラルフローが終わった後、
福岡淳子さんが「こんにちは!」と遊びにきてくれました。


福岡淳子さんは私が初めて担当したジャイロキネシスプレコースの
受講生。現在は、ローフード、フィトセラピー、ジャイロなどを
通じて「からだの内側からきれいに、健康になる」ことを伝える
お仕事をしています。


昨日も代々木八幡にある「ACOT」さんでローフードのスイーツを
販売していたとのこと。
ちょっといただいたのですが、とってもとってもおいしい!!
ローフードってあとでもたれないし、重くない。それでいておいしいんだから
とってもステキです。


というわけで、彼女にローフードを習いたいなーと思っているゆきぷです。
って、いつ時間、あるんだ?私ってば。

福岡淳子さんのサイト
http://phyto.exblog.jp/10089914/


ヨーガンのジャイロトニックコースも今日で終わり。
明日いちにちお休みしたら、火曜日からはレベル2プレ。
3回目のこのコース。
リサマリー、エリカ、ヨーガン・・・ステキなマスターから学ぶことが
出来て本当にしあわせです。
楽しみだなあ。

2010年06月12日

元気です!

ティップネスさんで担当している「ボディカーヴ」と「アクティブストレッチ」の更新研修が
昨日ですべて終わり、きょうからまたジャイロトニックのコースに復帰します。
残り二日。そして、いちにちお休みして今度はジャイロトニックレベル2プレ。
ヨーガン先生のすばらしさを堪能してきたいと思います。


今夜は18時半からジャイロキネシス@ナチュラルフローやりますよ。
お時間あるかたぜひいらしてください。
たくさんたくさん動いて、元気なからだを手に入れましょ!

2010年06月05日

不必要なもの。

ジャイロトニックのコースを受け始めて5日目。
玄米のお弁当かおにぎりを持参してコースを受講してます。


不思議なもので、受講者のかたたちもふだんから野菜をメインにした
私と似たような食生活のかたが多いです。
講師のヨーガンも脂っこいものはNO!みたいです。


動いているとそうなるのかな?


ジャイロトニック、ジャイロキネシスをやっていると
不必要なものはいらなくなり、
だんだんシンプルな自分になっていくのがわかります。

あとはアタマのなか・・・もっともっとシンプルにしたいなー。


仕事、感情・・・複雑なことばかり。
人間だからしかたないけど、もっともっと手放せるものが
あるはず。

怖がらずに手放せるようになりたいなあ。

きょうもとってもいいお天気ですね。

2010年06月01日

リテイク〜GT level 1~ そしてdream map!

きょうから2週間、お休みをいただきジャイロトニックのファウンデーションコースを受講します。
このコースはジャイロトニックのティーチャーになるためのコース。
もちろん私は受講済みなので、リテイク。
3回目のジャイロトニックファウンデーションコースです。


というわけで、リテイク。


私はリテイクがとても好きです。
ジャイロトニックは3回目だし、ジャイロキネシスに至っては
ファウンデーションコースを5回受けています。

同じ内容でも自分のからだやこころの状態によって
受け取れることは違うし、講師によってもテイストが違います。
ベーシックな内容をきちんと理解し、お客様にお伝えしていく
ためには、自分のこころとからだの理解の幅を広げること、
とても大切だと思います。


以前のように、あれこれピラティスやその他のボディワークの
コースを受けなくなりましたが、やればやるほどジャイロひとつで
十分!と思えるようになりました。ジャイロはそれだけさまざまな
要素が含まれていることにやっと気がつけたゆきぷです。
本当にスーパーサイエンス!!


今回のコースはアメリカからいらっしゃるヨーガンという先生。
以前から受けてみたいなーと思っていた先生のひとり。
で、すごい発見!

昨日の夜中、思いたって掃除をしていたときに発見したドリームマップ。
実は昨年の今ごろ作ったのですが、なんとそこにヨーガンの写真を貼っていた
私。「日本にきてほしい!」と願っていたことが実現してました。
恐るべし、ドリームマップ!!
昨年作ったドリームマップのことはこちらから。
http://ymt.cside.tv/apps/2009/06/dream_map.html

というわけで、私はきょうから東京の子。
しばらく鎌倉にいけませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


大好きなジャイロにもっともっと好きになってもらえますように!
そして、それがひとりでも多くのかたに伝わりますように!


そう思って受講してきます。
いまからワクワク!
ああ、ドキドキするなあー。

2010年05月30日

アロマの力

プレコースが終わってめずらしく風邪をひいたり、
事情があってお肉をひとくちだけ食べたところ
消化できなかったようで胃腸の調子を崩したり・・・。


ここ最近、からだの状態があまり思わしくなかったので、
MOVESのピラティストレーナーである千波さんにアロマオイルを
作ってもらいました。


スポーツアロマの勉強をしていて、お客様からも評判がよい
ちなちゃんにリクエストしたオイルは
「疲労回復」。

大好きなローズマリーが入ったオイルを作ってもらいました。

そして、ここ数日、使っていますが、この効果がすごい!!!
ただ塗って寝るだけでも朝起きたときのからだはとても軽いし、
やわらかい感じがするのです。

アロマの力ってすごいんだなーと実感しています。

きょうはこれから栃木でジャイロキネシスのイベントクラスを
担当します。どんなクラスになるかな?ドキドキです。

2010年05月26日

お名紋

「お名紋」をご存じですか?


実は私も鎌倉で生活するようになって初めて知りました。

「家紋」のように自分の名前を紋にするのがお名紋。
鎌倉在住の藤田朝美さんというかたが作っていらっしゃいます。

お世話になっているヨガスタジオSUGATAのサイト製作をしている朝美さんが
あるところでご自身のお名紋を使っていらっしゃるのを見て、
ピン!とひらめきました。

「これだ!」


Kuuの相方たなかのお誕生日プレゼントにしよう。
そう決めたのがマイアミでのコースちう。
早速、朝美さんに依頼のメールをしました。
あれこれイメージをお伝えしたところ、できあがった
たなかのお名紋についてはこちらからどうぞ。
http://onamon.com/works/shinichi-t.html

たなかのブログにも出ています。
http://blog.livedoor.jp/tanashin0523/archives/1287677.html

「慎一」の「慎」をジャイロのスパイラルアップと組み合わせて作ってくださった朝美さんの感性に
「きゃああー」と驚嘆したゆきぷ。もちろん、すぐに自分のも作っていただきましたです。
それがこちら。


yukie-s.jpg

「ジャイロトニックとジャイロキネシスを教えています。
"life is wouderful!"という言葉がマッチするジャイロは、私にとって生き方そのものだと思っています。
大好きな海と空の青色でお願いします」


という依頼にまさにピッタリ!
ミラクル!とはこのことです。

さっそく、i phoneの待ち受けやツイッターの画像に使用しています。
ふと見ると元気になるお名紋。
自分自身の思いが文字のなかで生き生きと息づいているからでしょうか。
しかも世界にひとつしかないのですから、
わくわくせずにはいられません。

一生つきあっていく自分の名前をこんなふうにステキに
してもらえる「お名紋」。

作ってくださる朝美さんとお名紋は鎌倉で出会ったわたしの大切なたからものです。

お名紋の藤田朝美さんのサイトはこちらから。
http://onamon.com/

2010年05月22日

同化する。

先週木曜日、ヨガを受けてきました。
1時間半のクラスのあと、30分のプライベートトレーニングを
受けました。

ヨガもバレエも教えてくださるこの先生のハンズオンは
本当に面白くて、足の裏まで使ってからだに「感じる」を
教えてくださいます。
ことばとからだを駆使しての伝え方があまりに面白くて
大好きな先生なのですが・・・。


木曜日に教えていただいたのは「同化する」ということ。


ジャイロトニックやジャイロキネシスのセッションのときに
このキーワードを意識してセッションしています。

受講してくださるかたに、感じていただけるかな?


「同化ってなに?」とおもうかた、よかったらぜひ一度、
いらしてください。


では、きょうもいってきます。


「楽しい」の定義。

MOVES竹井とティップネス「ボディカーヴ」の内容更新のミーティングを繰り返すここ数週間。

お客様に喜んでいただくためには、
担当してくださるインストラクターのかたの
モチベーションがあがる内容や伝え方を
していただくことがとても大切です。


どんな研修内容にすれば、インストラクターのかたたちの
モチベーションがあがるのかな?
そんな話をここ最近、竹井としています。

ピラティスをはじめとするボディワークをフィットネスクラブで
提供することは「難しい」と言われています。
私自身もそう思っていましたし、ジャイロキネシスのクラスを
担当していてそう感じることがないとは言えません。

でも、基本はいつも「楽しい」。
そこはどのプログラムでも同じなのかなと
思います。


ピラティスだからからだと向き合わなくてはならないから、
楽しくなくてもしかたがない・・・というわけではないのです。

じゃあ、どうしたらお客様に「楽しい」と思っていただけるのか。
こたえはとてもシンプルで伝えるひとが「楽しい」と心から思うこと
なのかなと思っています。

プログラムの持っている力を感じ、それを信じることや
動きの面白さ、ダンスやエアロビクスとはちょっと違いますが
呼吸や動きの一体感が作るクラスのリズムはピラティスでも
感じることができるはずです。


そして、それをクラスで提供するためには
それを自分自身が感じられるぐらい「やりこむ」ことなのかなと
思います。
なんたって好きじゃないとやりこめないですから。


ボディワークは「感じる」が大きなカギなので、
ついつい「正しいポジション」や「正しい動きかた」を
伝えることをおいかけてしまいます。
もちろんそこはとてもとても大切なのですが、
過剰になると「あーめんどくさい」となってしまったり、
アタマで考えるのが疲れてしまいます。

やりこむことで、その難しさを超えた伝え方、
こだわるべきところとこだわりを捨てるところなども
見えたりします。

ゲラゲラ笑ったりする楽しさとはちょっと違いますが、
「ボディワーク」にも楽しさはあると思います。
なにが楽しいのか、どんなふうに感じられたら楽しんでいただけるのか。
自分のなかで「楽しい」の定義を探しながら、
そこがひとりでも多くのお客様に伝わりますように・・・
いつもそんなことを考えています。


2010年05月12日

スーパーサイエンスエクササイズ!

日曜日のジャイロキネシスプレコースで
「awaakening of senses」をコースのかたに
ご紹介しました。
ジャイロキネシスに慣れ親しんでいるかたならご存じの
「セルフマッサージ」のことです。

自分の持っているエネルギーで目から顔、からだと
揺すったり、叩いたりしながら目覚めさせていく
とてもステキなマッサージです。


さて、このマッサージをコースで紹介した後、
今回のコースを受講してくださっている理学療法士のかたに
こう言われました。

「鳥肌が立ちました」


ええ?なんで?
と聞いたところ、このセルフマッサージの順番で
からだにアプローチをしていくと姿勢が整った
状態になるそうなのです。
なので、セルフマッサージ後にジャイロキネシスを
することはいい状態でからだを動かせるという
医学的な裏付けがあるそうなのです。

「ジャイロキネシス、すげえ!って思いました」

という受講者のかたの言葉を聞いて、ふと思いました。
仲良しのちづちゃんがいつも言うこと。


「ジャイロはスーパーサイエンスだから」

ジャイロキネシス、ジャイロトニックともに先生になるための
コースで解剖学を一切学びません。
が、カイロやさまざまなことを学び続けているちづちゃんは
「学べば学ぶほど、ジャイロがすごいことがわかる。
感覚的だと思われがちだけど、実はスーパーサイエンスなんだよね」
と言っていました。


私は、正直理屈で物を考えない「超右脳人間」なので、スーパーサイエンスか
どうかはわからないのですが、言われた通りにやってきたことでからだが変化し、
年を重ねるごとに動けるようになっているのを実感しています。
だから、ちづちゃんに「スーパーサイエンス」と言われて「おおそうか!」と
思うほど腑に落ちましたです。


さて。
なのでね、ジュリウがクラスをやるときにあれこれ言わない理由がわかった気がしました。

ジャイロキネシスの持っている力を心から信じて、エクササイズを楽しむ。


ただ、それだけでいいのですね。


なので、もしも「ジャイロキネシスは難しい」と思っているかたがいたら
ぜひ、なにも考えずにからだを動かすことを楽しんでください。

そして、クラスを持っているトレーナーのみなさん。
あれこれ説明しすぎなくてもきっと大丈夫です。
ジャイロキネシスの持っている力を心から信じて、
クラスをスタートしてみてください。
きっときっと、なにか変わるはずです。

私もジャイロの持っている力をもっともっと信じていきたいと
改めて思っています。

2010年05月08日

うーむ。

お野菜を中心に食事をする生活をするようになって
1年が過ぎました。
もうお肉のにおいも「・・・・」なもので、
おいしいお野菜とちょっとのお魚、そして玄米を食べられるお店は
私にとってとても大切です。


お肉を食べないと気がつきますが、世の中にはお肉のメニューが
なんと多いこと!
お肉がメインじゃなくてもお肉が入っているメニューは本当に多く、
日本もお肉文化なのかしら?などと思ってしまいます。


というわけで、おいしいオーガニックのお野菜を食べられるお店は
常にリサーチしています。


ナチュラルフローがある代々木公園周辺でお気に入りなのが
「ルルウ」。お野菜と湯葉を中心としたメニューがたくさんあります。
とくにフルーツトマトのブルスケッタはシンプルで大好きです。
それと玄米のリゾット!


なのですが、この「ルルウ」、今月いっぱいで閉店することになりました。
うーむ。

赤坂サカスにあったチャヤマクロビオティックも最近、閉店したし、
鎌倉にあったチャヤのショップもなくなりました(T_T)
なんでだろう?


おいしいお野菜や玄米を食べられるお店が少なくなるのはとても悲しいです。
http://leroux.jp/


代々木公園周辺にお立ち寄りの際はぜひ!
お野菜いっぱい食べられます。


2010年05月07日

気がついたこと。

フィットネスセッション、そしてナチュラルフローでのジャイロキネシス
60分フォーマット。
ゴールデンウイークは2回、ジャイロキネシスのレッスンを提供させて
いただきましたが、どちらのクラスも今までとは違うスタイルにこだわりました。


マイアミで感じたジュリウのクラス。

英語ができない私がしょっちゅうジュリウのコースを受けに行くので
お客さまから「英語、できるんですか?」と聞かれます。


できません。
ハッキリ言って全然わかっていません。

それでもクラスを受けていて、理解できることがある。
できることが増えていくようになる。
楽しい!と素直に思える。


そこにジャイロキネシスの指導のカギがあることに気がつきました。

そしてその気づきにこだわってレッスンを提供しました。

やってみて、唖然としました。
ああ、そうだったのか、と。

少し前にブログに書いた「答えよりも大切なこと」。
自分ではわかっていたつもりでしたが、今まではやっぱり
お客様が答えを求めてしまうようなレッスンをしていたんだなと
実感しました。

その結果、受けてくださったお客様の反応が今までとはまったく
違ったのが印象的でした。みなさん、ピカピカの笑顔でした。
今までよく言われた「難しい」のひとことはどこにもありませんでした。

そして、ふと、思いました。
私の好きなブラッドリーやエリカ、悦子さんや朱実さんも
そういえばジュリウのようなレッスンだったことを。

日本でジャイロキネシスを広めていくことの難しさをちょっぴり感じて
いましたが、自分が間違っていたことに気がつきました。

ちょっぴり時間がかかったけど、気がつけたことに心から感謝して。
また新たな気持ちでジャイロキネシスをお伝えしていきたいなと
思っています。


くるくるきゅうー。

マイアミから無事に帰国した5月1日土曜日。
翌日からセッションやイベントなど仕事に復帰して
すでにくるくるです。


おまけにまだ時差ボケを引きずっていて
とても早い時間に眠くなり、バタンキューちゃん。
日々の生活に慣れるようにゆっくりゆっくり暮らしています。

ゴールデンウイークは
ナチュラルフローやフィットネスセッションで
ジャイロキネシスを提供させていただいたり、
バレエのクラスに参加したり。
自分の「大好き!」がいっぱいつまった毎日でした。


そして、きょうからは「ジャイロキネシスプレトレーニング」を
担当します。
今年2回目のこのコース。
マイアミでたっぷり吸収したジャイロキネシスのテイストを
お伝えできたら・・・と思っています。


2010年04月30日

happy spiral! GK level 2 @Miami last day

お休みを2日挟んだ、ジャイロキネシスレベル2の9日間が無事、終了しました。

前回、ブログを書いたのは8日目の朝。
「スタンディングから始まる」と書いた私ですが、
朝からジュリウはパワー全開のリクエスト。
前日までは午後にやっていたバーレッスンを
午前中から、しかもいきなりバーのない状態で
やろうというのです。
これには呆然としたゆきぷです。

片手で足を持ち、バランス。
あげる足は前、横、後ろと方向が変化するだけでなく、
同じ側の手の場合と反対側の手のバリエーションがあったり、
バレエのような動作がたっぷりと出てきます。


じわじわとかく汗は、動いているから?
はたまた冷や汗?脂汗??

そんな感じでした。


それでも、最終日はそんなに大変じゃないだろうねーと
みんなで話していました。
昨年も最終日はブリージングのクラスだったので。

ところが今年は違いました。
最後の最後まで「動き切る!」ことにこだわるジュリウが
そこにいました。
最終日も前日と変わらないメニュー。
気がつけばスタンディングシリーズとセンターでのバーなし
足上げシリーズをすべてやりました。


そして、最後はブリージング。
全員でハミングでした。
「mmmm」というハミングのバイブレーションが
骨を通してからだのすみずみにまで伝わっていくのが
感じられました。

9日間、ネガティブなことを考えるときもたくさんあったけど、
それでも好きだからやる!ことが自分に教えてくれたことは
言葉では表現できないぐらい貴重なものでした。
ジャイロキネシスが私に教えてくれたすばらしいたくさんのことを
この先、ひとりでも多くのかたにお伝えできるように!と思いながら
帰ります。


サポートしてくださったみなさん、お客様、
そして家族やKuuのたなか・・・すべての人に
感謝します。ありがとうございました。


マイアミは夜2時前。
4時過ぎにホテルを出て、帰国します。


ゴールデンウイークはキネシス、やりますよ!


あ。
ちなみに英語は相変わらずでした。
途中、英語にうなされましたです、ハイ。
いったいいつになったら英語、できるようになるんだか。


2010年04月28日

正しい姿勢? GK level 2 @ Miami 7th day

残り3日間。
朝のクラスからいきなりスタンディングシリーズという難題を浴びせられ、
フラフラしながらなんとかクリアしました。
午後はいままでバーレッスンでやっていた内容をバーを使わずに。
足を片手でもって、前や横、後ろにあげながら前に進んで行くという
これまら超難題。午後ももちろんふらふらに。


立ってエクササイズをすると、ふと思うのが「正しい姿勢」。
ピラティスのトレーナーをしているときはよくお客様に
お伝えしていた姿勢の基準ですが、ジャイロではその指導はいっさいありません。
約10年近くジャイロに触れていて「姿勢」について言われたこと、
考えたらまったくないのです。


それだけジャイロがこだわっているのが「動くこと」だということに
気がつきます。
スタンディングシリーズもバランスは大事。
ですが、止まることはまったくなく、流れるように動くことが
ここでも大切にされています。
流れるように動き続けるその中で
自分のMAXや調和のとれたところを見つける・・・
この日も実感しました。

しかし、ものすごく反りました。
日々、「アーチ!」「アーチ!!」と反るエクササイズを
たっぷりやるので、寝るときに自然と丸まっている私。
アンモナイトか玉虫か。
まさにそのぐらい丸くなっておりますです。


さて、残り2日。
マイアミは朝7時。
きょうもスタンディングからのびのび、動き続けます。

2010年04月25日

動くことは生きること! GK level 2 @Miami 5th day

あちこち痛くなりながらのレベル2。
でも、動いているといろんなことを感じ
「生きている!」ことを実感します。


動いている自分と向き合うこと、一緒に参加している
かたたちの呼吸、そしてジュリウの作るリズム・・・
すべては動いているからこそ感じられること。


動くってなんて楽しいんだろう!

動くことは生きること!

この言葉を実感することができて本当にしあわせです。